急にフラ~っとしたときの立ちくらみ対策

時々立ちくらみを起こすなどの悩みを抱えいる方に立ちくらみ対策をお話します。
まずは、日常の生活を整えることから始めてみましょう。

view416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 立ちくらみとは?

  •  

    目の前が真っ暗になり、気を失う手前の状態になったり、ひどい場合には気を失ってしまう危険な症状です。

  • 立ち上がったときに血液が重力と加速度の関係で体の中で一番高い場所にある脳に十分行き届かなくなり、脳内の酸素が不足する状態です。
    出典 :立ちくらみ
  • 立ちくらみの原因

  • 低血圧

     

    立ちくらみの原因として最も多いものは、低血圧によるものです。

  • 貧血

     

    血圧が正常なのに、立ちくらみがよくおきる場合、貧血が疑われます。

  • 自律神経の乱れ

     

    自律神経の重要な働きの一つは脳の血流を守ることです。

  • 横になっている時に全身を平均的に流れている血液は、起きあがると血液そのものの重力の影響で足の方にたまってしまいます。すると脳が血液不足になりふらつきやひどいと失神を起こします。
    出典 :立ちくらみ | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • 立ちくらみ対策

  •  

    根本的に立ちくらみの原因を解消したいという人は、血液循環を活発にする必要があります。

  • コップ2杯の水

  • 水をコップ2杯飲むだけで、予防できる可能性があることがわかった。健康な男女22人に人為的に立ちくらみを起こす検査を受けてもらったところ、5分前に水を2杯飲んだ時には、何も飲まなかった時よりも立ちくらみが起こりにくかったという。
    出典 :コップ2杯の水が立ちくらみを予防−−米研究:MedWave Back Number
  • しっかり睡眠

     

    早寝・早起きの規則正しい生活リズムを作りましょう。

  • 寝ている状態から急に立ち上がらない

     

    起床後の動作はゆっくりと行い、過労や急に姿勢を変えることは避けましょう。

  • 軽い運動

     

    早歩きや体操、水泳など軽い運動を毎日10~20分は続けましょう。

  • 食生活を見直そう

     

    便秘や腹痛の原因となる食事はできるだけ避けましょう

  • 血液の循環をよくしよう

     

    血液の循環を促すためには、朝の入浴や乾布摩擦も役に立ちます。