妊婦さんが悩まされる「腰痛」 改善策についてまとめました

妊娠初期からの妊婦さんのお悩みである「腰痛」。
改善策をまとめました!

view463

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦さんの多くは腰痛になってしまいます。

    妊娠し、だんだんお腹が大きくなってきますが、徐々に骨盤輪が緩んだ状態になります。
    これは出産のためにごく自然な現象ですが、緩みが大きくなり過ぎると「骨盤輪不安定症」になり、
    腰痛が現れることが多くなります。

    また、お腹が大きくなることでそれを支えるために腰椎が反ってしまい、バランスが崩れて腰痛になります。
    出典 :妊婦必見!妊娠時の腰痛の改善方法と注意点
  • 腰痛改善方法

  • 日々の生活

  • 妊娠中だからと言って家の中でじっとしているのではなく、適度な運動をしましょう。
    (前置胎盤など、安静が必要という医師の指示がある場合は指示通りにして下さい。)
    ずっと休んでいると腰や背中の筋力が弱くなってしまい、悪化してしまうこともあるので、
    動ける時は少しでも動くようにしましょう。
    出典 :妊婦必見!妊娠時の腰痛の改善方法と注意点
     

    お腹が貼らない程度に!

  •  

    腰痛解消法としては、まず運動が挙げられます。
    ウォーキング、水泳、マタニティヨガ、ストレッチなどを行います。
    呼吸をしながら、ゆっくり体を動かすのが基本です。

    引用)
    http://腰痛改善治療.net/%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%81%AE%E8%85%B0%E7%97%9B%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/

  •  

    それから、お腹の重みを支え、腰椎のカーブを保つために、さらしや腹帯、骨盤ベルトなどを使うと
    腰痛も緩和されます。
    骨盤ベルトは産後の緩んだ骨盤を締めるのにも使えますので、持っていると便利です。

    引用)
    http://腰痛改善治療.net/%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%81%AE%E8%85%B0%E7%97%9B%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/

  •  

    そして、靴も姿勢の歪みの原因になります。
    特に、ヒールの高めの靴はお腹が前に出ている上にさらに前のめりになってしまいます。
    転びやすくもなります。
    足に合った靴で、ヒールのあまりない靴を履くようにしましょう。
    スニーカーなど、楽な靴が理想です。

    引用)
    http://腰痛改善治療.net/%E5%A6%8A%E5%A9%A6%E3%81%AE%E8%85%B0%E7%97%9B%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/

  • 腰痛改善キャットエクササイズ

  • ・以下の手順通りに行わなくてもいいので、マイペースに痛みが出ない範囲で行ってください。

    ・痛みが酷い場合は、腰や体に負担をかけないようし、安静にして寝たり、コルセットをしたりしてください。

    ・あまり体を動かさないでいると、代謝が悪くなり、筋肉が固まり動きにくくなるので、腰痛の痛みが少ないときは、動かせる範囲で体を動かすことも大事です。

    ・腰に負担が来る姿勢は座っている姿勢です。腰に体重がかかってしまうため負担も大きくなるのです。立ち姿勢も同様です。

    ・一番腰に負担がない姿勢は寝ている姿勢です。
    寝ながら深呼吸したり少し体を動かしてみたりすると腰に負担がかからないのでいいと思います。これも無理がない範囲で続けてください。
    出典 :妊娠腰痛:腰痛改善エクササイズ: 妊娠腰痛:妊娠中の腰痛をなんとかしたい!
     

    負担をかけることだけはさけるように!

  • 1.深く深呼吸をし、息を吐きながらゆっくり四つんばいの姿勢になり、膝と手を付き両手脚を肩幅に開きます。
     再度深呼吸をし、体中に酸素を送り込む感じにします。

    2.ゆっくりと息を吐きながら、腰を反らし、あごを上げて、お腹を落とすようにします。 この状態を5秒ほど続けます。

    3.ゆっくりと息を吐きながら、頭を下げ、腰を上に丸め、お腹を上に上げる感じにして5秒ほどこの状態を続けます。

    4.「2.」~「3.」の体操を合計3往復繰り返します。

    5.「2.」と同じ動きをします。

    6.深呼吸をします。

    7.この体勢のまま、息をゆっくり吐きながら両肩を左に動かしていき、腰は右に動かします。左ヒジを少し曲げながら、右肩を左上の方に、腰を右下の方に動かし体を伸ばしていきます。5秒ほどこの状態を続けます。

    8.息をゆっくり吐きながら両肩を右に動かしていき腰は左に動かしていきます。右ヒジを少し曲げながら、左肩を右上の方に、腰を左下の方に動かし体を伸ばします。この状態を5秒ほど続け、「5.」の体勢に戻ります。

    9.「3.」の体勢にして深呼吸をします。

    10.この腰を上に丸めた体勢のままで、息を充分に吐きながらゆっくりと、両肩を左に動かしていき、腰は右に動かしていきます。そして、左ヒジを少し曲げながら、右肩を左上の方に、腰を右下の方に動かし体を伸ばします。5秒ほどこの状態を続けます。

    11.次に、息を充分に吐きながら、ゆっくりと、両肩を右に動かしていき腰は左に動かしていきます。そして、右ヒジを少し曲げながら、左肩を右上の方に、腰を左下の方に動かし体を伸ばします。5秒ほどこの状態を続けます

    出典 :妊娠腰痛:腰痛改善エクササイズ: 妊娠腰痛:妊娠中の腰痛をなんとかしたい!
  • 先輩ママの声

  • みゆ

    これといって思い当たる原因はないのですが、妊娠3ヶ月位から腰痛(特に右尻)で悩んでいます。鈍くずっと痛むのではなく、歩いていたら突然ズキーンと痛んだりします。

    同じような悩みをお持ちの方、もしくは改善された方いらっしゃいますか?妊娠中でも、整体ってみてもらえるんでしょうか?
    出典 :妊娠中のQ&A-腰痛トラブル
  • ふくたま

    はじめまして!!5月出産予定の初妊婦です。私も時々お尻が急に引きつるような、ズキーンとした痛みがあります。

    一瞬身動きが取れなくなるような感じで、マッサージや整体も考えたのですが、果たしてうつぶせになれるのか?と思って行ってはいません。

    ただ、悪い姿勢、例えばお腹を前に出して腰に体重を乗せていたりすると、必ずズキーンが来るので、ちょっと苦しいのですがお腹を引っ込めるように、姿勢に気をつけています。

    あと、血流が滞ると腰痛になると聞いたので、寝るときに足を上げて寝るようにしています。あんまり根本的な解決法じゃなくて、申し訳ありません。お腹がすごく大きくなる前に、良い解決法が見つかるといいですね。
    出典 :妊娠中のQ&A-腰痛トラブル
  • みずまま

    こんにちは。2人目妊娠中のみずままです。私も今回2ヶ月の時から先々週くらいまで腰痛でした。一時期、起きることもままならず、這って移動しているような・・・そんな感じでした。

    私は右腰から右脚付け根まで痛かったのと、動いたり座ったりすると腰からお知りにかけてズキーン!!と痛みが走っていました。

    病院には産科的な問題ではないみたいなので(子宮が後ろに傾いていたり、流産の前触れで腰痛が起ることがあります)整骨院か整形外科を受診するように言われたのですが、そうこうしているうちに治ってしまいました・・・。

    ただ、先生曰く初期で治ってもお腹が出て来る中期以降また再発する可能性が大だそうです。ちなみに整骨院などは妊婦であることを伝えれば、きちんと対応していただけますので安心してくださいね。

    骨盤が緩んでいることなどが主な原因だとおもいますが、骨盤が緩んでいる時に足を組んだり姿勢が悪いと腰に多大な影響があります。

    産前でもつかえるトコちゃんベルトなどといった骨盤矯正ベルトもあるので、それを使ってみるとかなり腰痛は改善されるとのことで、うちの産院ではお勧めしていました。私も中期以降再発する恐れがあるので、購入を検討しています。
    出典 :妊娠中のQ&A-腰痛トラブル
  • るりっぺ

    妊婦さんの多くは腰痛に悩んでいらっしゃいますよね。私は仕事でセラピストをしてますけど、姿勢の問題の他にもお腹の重みや子宮の影響で、妊婦さんは腰がパンパンに張っています。

    私は、腰痛はまだ軽いのですけど、尾てい骨が痛いのが悩み!交通事故の後遺症なんですけどね。圧迫されてます~って感じです。整体やマッサージーに行くなら、マタニティアロマとか、病院併設のサロンとか、ちゃんとしたところに行った方がいいですよ。

    今、無資格の整体やマッサージのお店が乱立してますから。怖いんですよ、結構。でも、あと数ヶ月のガマンと思って。がんばりましょうね。
    出典 :妊娠中のQ&A-腰痛トラブル