「黒糖」にはロイヤルゼリーと同等の潤い美肌効果があるのです!

「黒糖」にはロイヤルゼリーと同等の潤い美肌効果があるのです!

黒糖、食べたことありますか?
鹿児島や沖縄で作られる、サトウキビが原料の砂糖です。
あのこくのある甘さが何とも言えない美味しさなんですよね♪

その黒糖。
実は、ロイヤルゼリーと同じぐらいの美容効果があるそうです!
ビックリですよね♪

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「黒糖」とは

  • 1.黒糖とは、沖縄県、鹿児島県の離島で主に生産される含みつ糖の代表的なもので、さとうきびの搾り汁をそのまま煮沸濃縮し、加工しないで冷却して製造したものをいう。
    2.沖縄黒糖とは、組合に所属する4企業1団体の製糖工場(8つの離島工場)で生産される含みつ糖の代表的なもので、さとうきびの搾り汁をそのまま煮沸濃縮し、加工しないで冷却して製造したものをいう。
    3.成分として、糖分の他にカリウム、カルシウム、鉄等多くのミネラル成分を含み、特有の香味がある。
    出典 :黒糖について - 沖縄県黒砂糖協同組合
     

    ちゃんと決められた所で作られたものだけ「黒糖」と呼ばれるそうです!

  •  

    黒糖(黒砂糖)の効果はたくさんあります。黒糖は含蜜糖の一種で上白糖(白砂糖)と比べショ糖含量は約8割と低く、一方カルシウム・鉄・カリウム・リンなどのミネラルやビタミンB1、B2などが豊富に含まれています。中でもカルシウムは240mg 、カリウムにいたっては1,100mg(※100g中)と、他の糖類より飛びぬけて多く含んでいます。酸性である上白糖に比べアルカリ性の黒糖はカロリーも少なく、健康食品としては最適です。

    引用)http://www.kusanokaori.com/kurotou.html

  • やはりフツウのお砂糖とは別格です。この効果・・・絶対肌にも良さそう♪

  • 黒糖で美肌効果

  •  

    黒糖の原料は上白糖と同じサトウキビですが、精製されていないためビタミン・ミネラルが多く、特に皮膚の保護に役立つビタミンB群や代謝を活発にしてターンオーバーを整えるのに欠かせないミネラルが豊富です。さらにカルシウム量も100g中に240mgと牛乳200ccに匹敵し、黒糖に含まれるポリフェノールには黒色メラニンの生成を促すチロシナーゼの働きを阻害する効果、肌の炎症を軽減する働き、さらに糖の吸収を妨げる効果があることもわかっています。

    引用)http://www.アレルギー肌.net/%E9%BB%92%E7%B3%96%E3%81%A7%E7%BE%8E%E8%82%8C%E5%8A%B9%E6%9E%9C.html/

  • こんなに栄養満点だなんて・・・知ってました?驚き!

  • ニキビにも効果的!

  • 黒糖にはポリフェノールが含まれています。お肌が紫外線にさらされることで、体内に活性酸素が発生し、細胞が酸化してしまうことで肌荒れやニキビを引き起こします。常盤薬品株式会社の研究によれば、黒糖に含まれるポリフェノールにはお肌の炎症を軽減する働きがあるそうです。
    出典 :甘い物を我慢しちゃダメ!ニキビに効果的な甘味でストレスフリーに美肌づくり - Peachy - ライブドアニュース
     

    ニキビに悩んでるアナタ!どうですか?

  • 黒糖でスクラブ♪

  • ■黒糖スクラブの作り方
    必要なもの:黒糖500g、水1L、鍋、容器

    1. 水1Lに黒糖500gを溶かしたあと、あく取りをしながら、弱火で煮る
    2. シロップ状のとろんとした状態になったところで、火を止め冷やす
    3. 熱が取れたところで、容器に入れ、冷蔵保管する
    出典 :角質除去に黒糖スクラブ [スキンケア] All About
  • ■使い方
    1. 洗顔後、顔が濡れている状態で、スクラブをのばし、パックする
    2. 1~2分後にやさしくマッサージする
    3. 10分ほどおいとく
    4. ぬるま湯できれいに洗い流す

    なお、肌が弱い方は2.のマッサージを行う必要はありません。また、使用
    は週に1~2回にとどめておきましょう。
    出典 :角質除去に黒糖スクラブ [スキンケア] All About
     

    つるっつるになるそうです!やってみたい~~♪

  • おススメの黒糖

     

    黒糖は、色々な種類がありますが、沖縄県産の黒糖は外国産の黒糖に比べて約3倍のポリフェノールが含まれているそうです。

    引用)http://qpartybrugge.be/nikibikaizen/kokutou.html