腰痛予防ストレッチ。

腰痛の予防・改善に向けてのストレッチ方法を紹介していきます!

  • S 更新日:2014/03/15

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腰痛とストレッチ

  • そもそもストレッチとは、スポーツのときだけでなく、日頃私たちが無意識にやっているものです。
    例えば、朝目が覚めたとき。
    ぐーっと伸びをする人は多いと思います。
    あの背伸びもストレッチの1つとなります。

  • 背伸びイメージ

     

    よくあることですね(笑)
    皆さんも心当たりがあるはず。

  • ストレッチは「伸びる」という意味です。
    ですから、伸びることで筋肉が伸ばされます。
    まさに筋肉運動です。

  • やり方:背すじを伸ばし、上半身をやや後傾させます。膝を立てた側の足の裏とお尻を浮かさないように、上半身を後ろに回す。
    やり方:背もたれからやや離れて座り、背すじをのばし、足の裏やお尻を浮かさないように。 その状態で背もたれを掴んだ手と太ももに置いた手の力で体を捻る。
    出典 :【腰痛】腰痛予防ストレッチ〜腰に優しいストレッチ体操の紹介〜【体操】
  • やり方:ストレッチ側の足をもう一方の太ももに乗せ、その太ももごと自分の体のほうに引っ張る。ストレッチ側の膝は90~100度程曲げるように。
    やり方:膝を抱えて胸に引き付けるように意識。膝を伸ばせば太ももの裏側、外側に引っ張れば太ももの内側もストレッチされます。
    出典 :【腰痛】腰痛予防ストレッチ〜腰に優しいストレッチ体操の紹介〜【体操】
  • 腰痛でお悩みの方は
    仙骨の周りの筋肉が緊張状態である場合が非常に多いです。

    この仙骨周りの筋肉を意識して
    ストレッチを行うと腰痛の予防につながります

    ぜひお試しください
    http://t.co/VWqeNRxWHt
     

    既に腰痛でお悩みの方にも良いそうです。

  • いつでもできる簡単体操!

  • 場所・時間問わずに、簡単にできるストレッチ法を紹介します!

  • わき腹のストレッチ:手で膝を押さえるようにする。
    背中と腰のストレッチ:背中と腰に意識を集中。
    肩のストレッチ:腕が下がらないように注意しながら。
    腰とおしりののストレッチ:ひざの悪い人はひざの内側に手を。
    出典 :いつでもどこでも簡単体操(1) - 腰痛予防のストレッチ -
     

    ほぼ全身を使ったストレッチ法です。

  • 『ぶら下がり 康器』腰痛・肩こりスッキリ!(健康器具/ぶら下がり健康法/全身ストレッチ/エクササイズ) Santasan
    小売価格3780円
    在庫あり
    http://t.co/nvr9KScAtt
     

    このような商品を使って鍛えるのも手です。
    値段も高くないから、誰でも手軽に購入できるのも魅力ですね。

  • 「ぶら下がり」

     

    健康器道具と実践時の図

  • 〓送料無料〓2■ぶら下がり健康器[ピンク]■腰痛の改善!: 現在価格:2,711 円,入札数:11,終了日時:2014/03/11 22:19 http://t.co/5vbn2EZ6RC
     

    売れ行きも人気も高いですね!

  • 体をひねってストレッチ体操

  • 凝ったうえに固まってしまった時、腰周辺の筋肉・関節を引き伸ばします。
    下記の方法は、疲労回復にも役立ちます。
    リラックスした状態でやりましょう♪

  • 1 あおむけに寝て、両ひざを立てる
    2 両肩が床から離れないようにして、両ひざをゆっくり真横に倒す
      倒した状態で、10秒程静止
    3 左右それぞれ10回ずつ
    出典 :腰痛予防のストレッチ体操【はつらつライフ】
     

    ひざを倒す時は、息を吐きながらがコツだそうです

  • 実際に、この方法でぎっくり腰を克服した方もいます。