肉離れのリハビリ期間・リハビリメニューに関するまとめ

肉離れで痛みが取れると気になるのが競技への復帰です。肉離れのリハビリについてまとめました。
肉離れのリハビリではどんなことをするの?
リハビリ期間はどのくらい?

view1100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 受傷直後はリハビリは禁物!

  • 1.受傷~2日間
    受傷してから2日間は急性期と言われる腫れが出現する期間なので、繰り返しアイシングと圧迫を行い安静に過ごしましょう。日常生活の動作においても痛みが感じられます。
    出典 :Vol.11 肉離れ | WASEDA CLUB
     

    肉離れを起こした直後は基本的にリハビリは厳禁です。
    安静を心がけましょう。

  • 軽症でも2、3日、重症では1週間ほど安静にし、その後は少しずつ温めながらストレッチングや筋力訓練を開始します。
    出典 :やまが整形外科|知っておきたいカラダのこと
  • 「肉離れの治療法」として初期段階での治療は打撲等とほぼ同じで、出血や炎症を最小限に抑えることです。初期段階とは、損傷直後から腫れが引くまでのことです。
    出典 :肉離れになったら
  • 肉離れのリハビリの段階

  • 急性期を過ぎるといよいよ肉離れのリハビリを開始することができます。
    肉離れの程度などによってリハビリの開始時期やリハビリメニューは異なります。
    医師や理学療法士などの指示を仰いであなたのリハビリメニューを作ってもらいましょう。

  • 受傷後36~48時間(もしくはそれ以上)は急性期であるのでRICE処置が必要とされますが、この急性期が過ぎてからは少しずつ筋を伸ばしていきます。
    出典 :意外と身近な怪我、肉離れのリハビリの注意点 | フットボールノコトバ。
  • その後は,損傷の程度にもよりますが,痛みがだんだんとなくなるころ・・・概ね2,3日たてば,今度は逆に温熱を加えます。何故なら,痛みがとれてきてからは,受傷部を温めることにより,血行を良くし,出血や腫脹の吸収を促し,損傷を受けた筋肉の治りを促進させる効果があるからです。
    出典 :HONOLULU(肉離れとリハビリテーション)
     

    まずは受傷部を暖めましょう。

  • 初期治療後は損傷の程度により早期から筋力トレーニングを開始するものから、ある一定の固定期間(テーピングや弾力包帯など)を経てから筋力トレーニングをするものまで様々です。
    出典 :肉離れの治療・エクササイズ・リハビリテーションプログラムなど
     

    実際のリハビリ開始時期は損傷の程度や個人によって異なります。
    医師や理学療法士の考え方の違いもあります。

  • 【 ハムストリングスの肉離れ 】フラスタートレーナーチーム Vol.3

     

    9:17と長い動画ですが、
    5:10からハムストリングスの肉離れのリハビリの説明になります。

  • 柔軟性の回復

    ≫痛めた筋肉のストレッチをしよう!
    出典 :アクシーズ [ボディデザイン ナビゲーションサイト] スポーツ復帰のためのリハビリテーション その他の痛み
  • 初期のリハビリはジョギングや筋トレなど軽い運動から始めていきます。
    この際、関節の可動域を広げるストレッチを組み合わせると治療効果を高められます。
    出典 :肉離れのテーピングや治療・リハビリについて|知っておきたいスポーツでの怪我のこと
  • My ASICS エクササイズ:ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ(立位)

     

    肉離れのリハビリにはまずは静的ストレッチを行いましょう。

  • 肉離れは筋肉やその周囲が損傷する外傷のため、受傷後は筋肉が弱ってしまいます。その状態でスポーツに復帰すると再受傷しやすくなってしまうため、筋力トレーニングが必要となります。トレーニングすることにより、受傷部に刺激が与えられ、治癒を促進する効果も期待できます。
    出典 :肉離れのリハビリテーション | 医療法人松田整形外科記念病院
     

    再発を恐れすぎてトレーニング不足の状態でスポーツを再開するのはかえって再発の原因になります。

  • ヒップを引き締めたい人に!「ヒップエクステンション」

     

    肉離れのリハビリには動画のような自重のみの筋トレが欠かせません。