動物好きなら知っておきたい狂犬病予防アレコレ

予防接種から日常的にできる予防方法まで、狂犬病に関するアレコレまとめました。

view368

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは狂犬病について知ろう

  • 狂犬病(きょうけんびょう、英語: rabies)は、ラブドウイルス科リッサウイルス属の狂犬病ウイルス (Rabies virus) を病原体とするウイルス性の人獣共通感染症である。狂「犬」病という病名であるが、犬に限らずヒトを含めたすべての哺乳類が感染・発症する。
    出典 :狂犬病 - Wikipedia
  • 狂「犬」病というから犬だけがかかる病気だと思ってましたが、犬以外の動物そして人間にも感染してしまうものだったんですね。

  • 狂犬病の感染経路と発生地域


  • Q1  狂犬病は人にも感染するのですか。
     A1  狂犬病はすべての哺乳類に感染することが知られており、もちろん人も例外ではありません。人も動物も発症するとほぼ100%死亡しますが、人では感染後(感染動物に咬まれた後)にワクチンを連続して接種することにより発症を防ぐことができます(Q11参照)。

    Q2  人はどのように感染しますか。
     A2  主に狂犬病に感染した動物に咬まれ、唾液中に排出されるウイルスが傷口より体内に侵入することにより感染します。

    Q3  狂犬病が発生している国はどこですか。
     A3  狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国々を除いて、全世界に分布します。つまり、海外ではほとんどの国で感染する可能性のある病気です。
    出典 :狂犬病に関するQ&Aについて|厚生労働省
  • 日本では撲滅されたと言われている狂犬病ですが、ペット目的などで輸入される動物たちは年々増えていってます。
    となると、日本に住んでいれば狂犬病の心配はない!とは言い切れない状況なのでは?考えてしまいます。

  • もしも感染→発症してしまった場合

  • 日本では安全だと言われていますが、万が一の事態は知っておいた方がいいでしょう。

  • 狂犬病を発症すると治療方法がないので、ほぼ100%死亡します。
    出典 :FORTH|お役立ち情報|感染症についての情報|狂犬病
  • 狂犬病を発症した子供- YouTube

  • 狂犬病の症状

  • はじめは食欲不振や発熱、悪寒、頭痛、悪心など風邪の様な症状が現れます。創傷部に痒みや痛みを感じることもあります。その後、興奮や不安感、せん妄、精神錯乱、麻痺などの神経症状があらわれます。これは2-7日続きます。また、半数以上の症例で、水を飲もうとした時に咽喉頭の筋肉や全身の痙攣が起こる「恐水症状」がみられます。その後昏睡に陥ります。昏睡は3-7日続き、死に至ります。
    出典 :狂犬病ワクチンQandA
  • 発症してしまったら長くても2週間ほどで死に至るようですね。
    怖すぎる~っ!

  • 狂犬病から身を守る方法

  • 動物に触らない

  • ペット・動物園・野良いずれも同じ対応が望ましいようです。

  • 犬や動物に咬まれたときの応急措置

    犬や犬以外の動物に咬まれた時、咬んだ動物が狂犬病を発症していなくてもウイルス感染の危険があります。最初にできる応急措置法として、傷口をすぐに洗うことが最重要。海外ではすぐに清潔な水で洗浄できる環境が整っているとは限りませんが、できればある程度衛生状態が管理された水道水か、生理食塩水で洗浄することをお薦めします。
    出典 :狂犬病の治療法・予防接種 [感染症] All About
  • 【感染した動物に咬まれたら】

    咬まれた部分を水や石鹸で洗浄し、できるだけ早く医療施設を受診し、狂犬病ワクチンの接種を開始して下さい。
    事前に予防接種を受けていない人:傷の程度によっては、狂犬病に対する血清(ガンマー・グロブリン)の局所注射とワクチンを5回接種(0,3,7,14,28日)します。
    事前に予防接種を受けている人:咬まれた後の追加接種(2回、 0, 3日)が必要です。すでに接種を受けていても追加接種が必要です。追加接種は、出来るだけ早期に受けます。病院でワクチンを受けた日を0日とし、3日後に2回目を受けます。
    出典 :狂犬病ワクチン 品川イーストクリニック 予防接種
  • 予防接種

  • 犬だけでなく人間も予防接種を受けておくと安心なようですよ。

  • 狂犬病の予防接種(犬)

  • 日本には「狂犬病予防法」という法律があり、年に1回予防注射を受けることが、義務付けられています。(狂犬病予防法(以下省略)第5条) 
    但し、子犬の場合は生後91日以降に受けることとされています。
    4,5月は自治体によっては集合注射を行なっていますが、動物病院でも、1年を通して注射を打ってもらうことが出来ます。
    出典 :狂犬病予防法と狂犬病
  • 狂犬病の予防接種(人間)

  • 人間に狂犬病の予防接種、と聞くと若干違和感がありますが、
    動物に触る機会が多い人は、受けておいて間違いはなさそうですよ。

  • 予防接種、受けるべきか?受けなくてよいか?