長持ちジェルフットネイル★フットネイルのケア方法

おしゃれな爪を長持ちさせるジェルフットネイルのケア方法をご存知ですか?
せっかく施したフットネイルだから長い間保っておきたいという人に、おすすめのケア方法です。
手のジェルネイルにも応用できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • mippi 更新日:2014/10/23

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フットネイルははがれやすい

  • せっかくのフットネイル、長持ちさせたいですよね?
    でも、フットネイルはとってもはがれやすいんです。

    なぜなら、足の爪は体の中で最もダメージを受けやすい部分だから。
    靴の中で固定されることやその振動による擦れ、また、女性の場合はハイヒールなど先の細くなった靴を履くことで足の指同士が重なってしまい、時に爪がはがれてしまうトラブルもあるようです。

    手の爪よりもダメージを受けやすいから、フットネイルにはマメなケアが必要です。
    そこで、フットネイルを長持ちさせるための簡単なケア方法をご紹介しましょう。

    たったひと手間でフットネイルの持ちが格段に変化しますよ。

  •  

    フットネイルのマイナートラブルが、「浮き」や「剥がれ」。
    マメにケアをすることでトラブルを未然に防ぐことができますよ。

  • ひと手間で長持ち!フットネイルのケア方法

  • 爪の長さは短めに

     

    一番初めに形を整えるときは、出来るだけ短めに整えましょう。

  • ジェルネイルをする前に爪の形を整えるとき、出来るだけ「短めに」とオーダーしましょう。
    セルフネイルの場合も同じようにできるだけ短めに、深爪にならないぎりぎりのラインで整えるのがおすすめ。

    ダメージを受けやすい足の爪は、少しの衝撃で割れてしまいがち。
    だからこそ短くしてダメージをできるだけ受けにくくするのがポイントです。

  • トップコートを塗る

     

    つやが失われてきたと思った時にトップコートでつやを与えましょう。

  • トップコートには爪のツヤを保つという効果があるだけではありません。
    爪の強度を保つにも貢献してくれるので、こまめに塗り直しましょう。

    目安は、爪のツヤが失われてきたと感じた時。

    ジェルネイルしたての頃は1週間くらいきれいなツヤが保たれ続けますが、その後はどんどん輝きを失い、マットな見た目になってしまいます。
    そうなったころに3日くらいに一度塗れば、爪のツヤも取り戻せるうえ、爪を強く保ち続けることができます。

  • 保湿はしっかりと!

     

    ネイルケアで最も大切なのが、保湿です。

  • ネイルを長持ちさせるための最も重要なポイントが、保湿をすること。

    爪が乾燥するとネイルが浮きやすくなり、結果的にはがれたり、爪と一緒に剥がれることで爪が割れるなど大きなダメージにつながる可能性があります。

    爪の根元の部分にキューティクルオイルを塗ったり、クリームなどで日頃から保湿をするように心がけましょう。

    また、日ごろから足の爪を乾燥させない工夫も大切です。
    空気が乾燥している秋冬は、家の中で裸足でいると肌が乾燥してしまいがち。
    ジェルネイルを長持ちさせたいのであれば、出来るだけ靴下などでフットネイルの部分を覆って、乾燥させないように努力しましょう。

  • 足のマッサージ

     

    足の血行を良くすることで、フットネイルが長持ちしますよ♪
    冷え性の改善にもなり、一石二鳥です。

  • 爪の血行を良くするためには、足の血行を良くすることが大切。
    デスクワークなどで一日同じ姿勢を続けることが多いOLさんなどには特に冷え性に悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

    爪の血行が悪くなると、爪が乾燥しやすくなり、剥がれや割れの原因になってしまいます。
    足を温めるようにマッサージをすることで健康的な爪を目指しましょう。

    フットバスなどもおすすめ。
    ただし、フットバスの後はたっぷりのオイルやクリームで保湿することを忘れずに。