高血圧と動脈硬化 動脈硬化を防ぐためにできることまとめ      

高血圧と動脈硬化は切っても切れない関係です
動脈硬化を招く高血圧ですが、予防するためにできることをまとめます

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧と動脈硬化

  • 高血圧が動脈硬化を招く

     

    高血圧と動脈硬化は負のサイクルで回っています

  • 蛇口いっぱいに水を出しっぱなしで、高い水圧がかかり続けているホースがもろくなってしまうように、持続的に高い圧力がかかった血管は破損しやすく、詰まりやすくなってしまうのです。
    出典 :サーデンペプチドは、高血圧の予防・改善に役立つ。|健康講座|パトス
     

    わかりやすい例えなので引用しました
    欠陥が脆くなることで動脈硬化が起こるようです

  • 血管への負担(圧力)が増し、血圧の上昇を招くという“負のサイクル”に陥り、さまざまな合併症を起こす危険性が高まると考えられています。
    出典 :しっておきたい血圧のコト どうして高血圧になるの? | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    高血圧と動脈硬化によって、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎臓の病気を誘発することになります

  • 血管である動脈は全身に血液を流すための臓器です。血液が流れる断面積の30%未満にならないと、体には支障をきたしません。反対に言えば、30%未満にまで血管が狭くならないと、血液の流れに支障が起きないため自覚症状も現れにくいと言えるのです。
    出典 :動脈硬化の症状|最大の原因はやっぱり肥満
     

    自覚症状が出た頃にはすでに症状が悪化している可能性があります
    高血圧と動脈硬化は切っても切れない絆
    まず食事や生活習慣に気を付けて高血圧を改善し、動脈硬化を防ぐ必要があります

  • 過食せず肥満を予防・改善

  • 高血圧と動脈硬化の因子『肥満』

     

    肥満は高血圧だけでなく、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病を合併しやすく、動脈硬化の進行を加速させる危険性が高まります

  • 高血圧の発症率は肥満でない人の2~3倍も高くなります。肥満の人が減量すると血圧が下がったという例は非常に多く、肥満の人が1kg減量すると、血圧は約2㎜Hg下がるといわれます。
    出典 :高血圧 | 肥満の人に高血圧が多いのはなぜ? : 予防・治療 - セルフドクターネット
     

    循環血液が増え、心臓から血液を送り出す際に大きな圧力が必要となり高血圧が起こるようです
    高血圧と動脈硬化を防ぐためにも、肥満は解消しましょう

  • 塩分・動物性脂肪を減らし野菜を増やす

  • お・さ・か・な・す・き・や・ねん

     

    動脈硬化を防ぐ食事は『おさかなすきやねん』で覚えましょう♪

  • 肉類などに多い動物性脂肪をとりすぎると、血液中の脂質が増え、肥満になりやすく、また動脈硬化を促進する原因となります。 肉類の食べる量をひかえめにすると同時に、野菜をたくさん食べるようにしましょう。
    出典 :動脈硬化のリスクを減らすには|動脈硬化|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
     

    野菜には、余分なナトリウムを排出して血圧を下げる効果、脂質の酸化を防いで動脈硬化を予防する効果があるます

  • よく動脈硬化は、走り出したら止まらない列車にたとえられます。その速度を落とすためには、まず高脂血症を起こすような魚介類以外の動物性脂肪のとりすぎに注意する。食物繊維など、コレステロールの上昇を防ぐ成分を含んだ食品をうまく組み合わせることが賢明な方法といえます。
    出典 :水に溶ける食物繊維に動脈硬化の予防効果: 食物繊維のはたらき
     

    とくにこんにゃくや海藻類などの水溶性食物繊維には血液中のコレステロールを低下させる作用があるようです

  • 適度な運動をする

  •  

    毎日30分が理想。
    姿勢よく、6~7メートル前方を見ながら、広めの歩幅(身長の45%)で膝をしっかり伸ばして踵から踏み出し、やや早歩き(1分間に約100m)で歩きます。

  • イスに座り、両手をおへその下10cmで組みます。口をすぼめて、前屈みになりながらお腹をへこませ、6秒間かけて息を吐きます。今度は姿勢を戻しながらお腹を膨らませ、6秒間かけて鼻から息を吸います。
    1回3セット、朝昼晩に行います。
    出典 :血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにするについて
     

    腹式呼吸を行うことで副交感神経が優位に働き、血管が緩んで血流が良くなり、血管がしなやかになるとのこと
    脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待できるそうです
    これくらいならできそうですね!