妊娠初期にほうじ茶…カフェインの心配など

つわりがひどいし、臭いにも敏感な妊娠初期にほうじ茶を飲んでもいいのかな?
カフェインの心配など色々教えます。

view355

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お腹の赤ちゃんのために大丈夫か心配。
    妊娠初期にほうじ茶飲んでもいのかしら?!

  •  

    普通のお茶と同じようにカフェインが含まれています。

  • カフェインには他にも鉄分を壊す作用があり、食後にカフェインの含まれている飲み物を飲むと食事中に摂取した鉄分の半分以上が失われてしまうといわれているので、貧血を起こしやすい妊婦にはおすすめできません。
    出典 :ほうじ茶とカフェイン|紅茶・緑茶・ウーロン茶のカフェイン含有量と妊婦への影響
  •  

    ほうじ茶はもともとカフェインは微量ですので、少量なら飲んでも大丈夫でしょう。
    多量に飲むことを避ければ、ほうじ茶は妊娠中でも安心して飲めます。

  • ほうじ茶には、ミネラルやビタミン、アミノ酸などといった栄養素が含まれていますので、妊娠中に必要不可欠な栄養素を補うことができるのです。
    出典 :妊婦さんでもほうじ茶はOK?
     

    妊娠中に不足しがちな栄養素を補うのに、ほうじ茶がよさそうです。

  • 麦茶やウーロン茶ではどうなの?

  • 1日2~3杯程度なら問題ない

     

    大量に飲むのはなるべく避けたほうがいいでしょう。

  • 緑茶やウーロン茶にもカフェイン、また、鉄分の吸収を妨げるタンニンが含まれています。1日2~3杯程度なら心配いりませんが、大量に飲むのは避けたほうが無難です。医師から貧血指導を受けている妊婦さんの場合は、なるべく飲まない方がいいでしょう。
    出典 :妊娠中の飲み物について|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
  • むくみが心配だからと水分を取らないのはだめ

  • 水分を控えたからといって浮腫みがなくなるわけじゃないです。
    むしろどんどん摂った方がいいと指導されました。
    (臨月期になると頻尿になるからと水分摂取を控える人が多くなるので特に注意!)
    出典 :妊婦は水分の取りすぎにも注意と聞きました。 - Yahoo!知恵袋
  •  

    妊娠中のむくみには水分より塩分に注意が必要です。

  • 妊娠中に塩分をとりすぎるとむくみや高血圧になりやすく、妊娠高血圧症候群をおこす危険があります。そのため、健診で高血圧ぎみの人や、尿中にたんぱくがでている人、軽いむくみのある人には、医師から"塩分制限"の指示がでます。
    出典 :妊娠中の注意| 出産について| 和歌山|産婦人科|奥村マタニティクリニック
     

    水分ではなく、塩分に気を付けましょう!

  • 妊娠中のむくみをそれほど軽視してよいものではありません。ひどくむくむ、すぐに喉が乾く、めまいや頭痛、尿が減ったなどの症状があればすぐに血液検査や血圧検査をしてしっかりと妊娠中毒症になっていないか調べなければならないのです。ほうっておくと出産後も腎臓の機能低下などのトラブルに悩まされてしまうことになります。
    出典 :むくみと妊娠の関係
  •  

    というわけで、妊娠初期にほうじ茶なら安心です。

  • ホットで飲みましょう

     

    体を冷やさないようできるだけ温めるようにしてください。

    妊娠初期にほうじ茶を温めて、お腹ちゃんをホッとさせてあげましょう!