思春期のニキビと大人のニキビの違いと対処法

顔にニキビができたら憂鬱ですね。
思春期のニキビと大人のニキビどう違うの?と思いますよね。
そこで、その違いと対処法についてまとめてみました。


view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    ニキビが出来ていると嫌な思いをします。
    自分に自信が持てなかったり、近くで見られるのが恥ずかしいなどなど・・・
    ニキビになる仕組みをしり、スキンケアすれば治ります。
    今からはじめて、ニキビとサヨナラしましょう!

  • ニキビとは

  • そもそもニキビは、毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、
    毛穴の中で炎症を起こしてしまう病気です。
    ホルモンバランスの変化が主な原因だと言われています。
    白ニキビ→赤、黒ニキビ→膿ニキビと進行していきます。
    ぽつっとできた小さなニキビも放っておくと、治りにくくなったり、
    ニキビ跡が残ったりします。
    だから、ニキビは、できたらすぐに治すのが鉄則なのです。
    出典 :ニキビは、なぜできるの?
  •  

    ■白ニキビ
    ニキビの初期段階です。
    皮脂がたまって毛穴がつまった状態で盛り上がり、
    ぽつっと小さな白い点に見えます。

    ■黒ニキビ
    白ニキビの毛穴が開いて、
    酸化した皮脂などによって黒く見える状態です。

    炎症を起こすと・・・

    ■赤ニキビ
    白ニキビが悪化して、赤くはれ炎症が起きた状態。
    アクネ菌が皮脂を栄養に増殖。しっかり治療しないとニキビ跡になることも。

  • ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあります。

  • 思春期ニキビは9~18歳の年頃に子供の体から大人の体へと変わる「第二次性徴」によるホルモンバランスの変化によってできるニキビのことを言います。
    この第二次性徴の頃には誰しも少なからずニキビはできてしまうものです。
    出典 :思春期ニキビと大人ニキビの違いとは? | スキンケア大学
     

    思春期の頃には年齢的に変則的な生活をしてしまいがちです。
    ファーストフードやコンビニでの買い食いによる偏食、
    テスト前に夜遅くまで勉強する、部活などで毎日忙しい時間を迫られるなど生活のリズム等の乱れが、
    ニキビの原因になってしまいます。

  • 大人のニキビは思春期以降成人になり社会人になってもできつづけるニキビのことを言います。
    青春ニキビと比べても治りづらく厄介で大人ニキビの悩みを抱える男女は多いのです。
    出典 :大人ニキビと思春期ニキビ
     

    大人のニキビの原因は日々のストレスやメイクによる化粧ざ瘡、乾燥などと言われています

  • ニキビを治す方法

  • 思春期ニキビ

     

    ①清潔な肌を保つ!

    思春期にできるニキビの多くは、
    過剰な皮脂分泌が主な原因だとされています。
    そのため、こまめに洗顔をし毛穴に皮脂や汚れが詰まりにくい清潔な肌を常に保つことが大切です。

    ② 食生活の見直し!

    ジャンクフードや揚げ物など、できるだけ脂っこい食べ物は控えましょう。また、スナック菓子の間食や甘い物の取り過ぎは、過剰な皮脂分泌のもとにもなるので注意が必要です。

    ③十分な睡眠!

    ニキビは肌だけを改善すれば改善するというものでもありません。中高生にもなると勉強や遊びで夜更かしをし勝ちですが、
    肌の新陳代謝は夜10時~深夜2時の時間帯が、もっとも盛んになると言われています。

  • 大人のニキビ

     

    ①清潔な肌を保つ!
    汚れを綺麗の落とし、肌を清潔にします。
    その後、しっかり保湿します。

    ②保湿をしっかりとすること!
    年齢が上がると、保湿機能が低下するため、保湿が大切になってきます。
    保湿を行っていないと、毛穴が詰まってしまいます。

    ③睡眠を十分に取ること、ストレスを解消すること
    大人ニキビは、身体が疲れているときにできやすいので
    気をつけましょう。

  • 正しい洗顔の仕方

  •  

    洗顔のしすぎや間違った洗顔は角質層にダメージを与え、
    乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミ、ニキビなど、様々なトラブルの原因となります。

  • (1)まずは手を洗う
    よく泡立てるために、まず手を洗います。

    (2)洗顔料を良く泡立てる
    次に、洗顔料を細かい泡を作るように良く泡立てます。
    具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、
    手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。
    苦手な方は泡立てネットを使っても良いでしょう。

    (3)Tゾーンから優しく洗い始める
    もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまで出来たら、
    手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、
    皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。
    なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

    (4)目元や口元は泡を乗せるだけで十分
    乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

    (5)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ
    洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、
    洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。
    お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。

    (6)清潔なタオルで顔を押さえる
    すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。

    (7)洗顔後はすぐに保湿
    洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。
    3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。

  • 洗顔の注意点

  • 肌タイプ別の洗顔の注意点
    【脂性肌】
    Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちです。
    しかし、過剰な刺激に繋がる洗顔方法はかえってトラブルを引き起こすことがあります。
    皮脂を取り過ぎると、肌が乾燥するばかりでなく、
    外的刺激から守ろうと、角質が厚くなり、ニキビや毛穴が目立つ様になります。

    【乾燥肌】
    もともと皮脂が少ないので洗顔料の使用は夜1回のみにしましょう。
    夜の間にバリア機能が回復するので、朝に洗顔をして、せっかく回復したバリア機能を再度低下させてしまわないようにしてください。

  • ニキビに悪い食べ物、良い食べ物

  • ニキビが出来やすい食べ物
    出典 :ニキビ(にきび)ができやすい食べ物
     

    糖分の多いもの、脂っこいもの、辛い食べ物などです。

  • また、即効性はありませんが、食生活を見直していくことでニキビや肌荒れがおきにくい体質に改善していくことはできます。いったいニキビによいとされる食材とはどのようなものなのでしょうか?
    出典 :ニキビにいい食べ物とは? | 美肌レシピ
     

    ビタミン類などです。