これはかなり痛い!爪剥がれた 時の対処法はどうしたらいい?

爪剥がれた 時の対処法ってどうしたらいいの?かなり痛いけれど、絆創膏を貼るだけで大丈夫なのでしょうか?応急処置も含めて、どのように対処すればいいかということについてまとめました。でもあまりにも損傷がひどいようであれば、がまんせずに早急に病院へ行きましょう!

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痛い!爪剥がれた 時の対処法について

  • 先日、リモコンの電池を換えていたら爪が薄くなっていることに気づきました。プラス側に人差し指の爪を引っ掛けて取ろうと思ったんですけど引っかかっても全然力が入らないし、無理にやろうとすると爪がはがれてしまいそうで、怖くて怖くて・・・
    出典 :爪甲剥離症の症状を画像で確認!爪が剥がれる原因と予防方法は?
     

    日常生活の中で、爪が剥がれてしまいそうな状況は誰にでも経験があります。特に寒い季節になると、空気が乾燥していることもあり、皮膚自体にもその影響を受けてしまいます。そうすると、手足の指さきにある爪にも影響は少なからずあります。手の指先は、酷使することが多い場所ですし、最近はネイルアートも流行っています。必然的に爪が長くなっていることもあると、さらに爪が折れやすくなります。そして、そこに力が増し加わると爪自体が折れたり、はがれやすくなってしまうのです。

  •  

    そうなるとこんな状況にもなりかねません!
    もう見てるだけで痛い写真です・・。
    爪が折れた経験がある人にはなおさらです。どれくらい痛いかというと、深爪の何十倍も痛いんです。
    お風呂に入るのも痛いんです。
    指先には大切な神経がたくさん通っています。こうなるまえに注意しなければなりません。

  • 手や、足の爪は、皮膚にくっ付いているという印象を持たれている方が多いですが、実は指の先端の角質が変化してできたものです。爪の成分は、ケラチンというタンパク質の一種で、適度に水分を含んでいる組織ですが、乾燥したり、栄養状態が悪いと、割れやすくなります。
    出典 :白クマ先生の子ども診療所|日本医師会
     

    どうして爪が剥がれてしまうの?
    その原因にはこのようなことが考えられます。爪の成分を良く知って、ケアをしてあげましょう。
    そして毎日の栄養にも気を付けましょう!特に冬場はハンドクリームや手袋をして、爪が折れたり剥がれないようにすることが必要です。特にネイルをして長い爪にしているならばなおさらです。ちょっとしたきっかけで爪は折れたり、はがれたりしてしまうからです。

  • 爪剥がれた 時の対処法

     

    でも注意してたとしても、爪が剥がれてしまったときにはどうしたらいいのでしょうか?
    いざというときのために、爪剥がれた 時の対処法を知っておきましょう。
    お子さんがいる場合も知っておくといいでしょう。
    子どもは爪の付け根の半月上の部分がとても小さいので爪が折れたり、はがれやすくなってしまうからです。

  • 手当ては先ずは消毒してください。消毒薬が無い場合はそのままガーゼなどで保護してください。
    出典 :爪が剥がれた時の応急手当 - 怪我 - 教えて!goo
  • 経験者はご存知と思うが,非常に痛い。しかも,ただでさえ痛いのに,病院で治療を受けると,これがまた輪をかけて痛い。消毒されると飛び上がるほど痛いし,爪が剥がれたところ(爪床)にソフラチュールガーゼ(網目状になっているやつね)を当てられて次の日の診察でこれを剥がされると,拷問のように痛い。
    出典 :創傷治療:爪甲剥脱創
     

    かなり痛いですが、後々のことを考えると、まずは消毒しなければなりません!お子さんが泣いてもわめいても、そこはがまんしてください!

  • 爪が剥がれたときにまずやっておくべき処置

     

    爪剥がれた 時の対処法としてどのようなことをすればいいかは、まずは動画でチェックしてみましょう。

  • 爪が剥がれた場合、問題は化膿しないかどうかです。医療機関では、消毒をしガーゼを当て、抗生物質の内服を数日分出すことになります。家庭で治療するとすれば、消毒しガーゼで覆い不潔にならないようにすることが大事です。爪は、創から出血や浸出液が出なくなるまでなるべく剥がさないほうが、痛くないし、またガーゼなどがくっつかないので操作が楽です。
    出典 :爪が剥がれた場合の処置
     

    消毒したら、病院へ行きましょう。化膿を防ぐために抗生物質や塗り薬など、適切な薬を頂きましょう。そして家でどのようにすればいいかはお医者さんに聞きましょう。またガーゼなど、指先を保護するものやそれを留めるテープも必要です。炊事などをしなければならない場合は、ゴム手袋なども必要です。
    しかし、水に触れる場合は痛みが生じますし、またばい菌等も入りやすい状況ですので、なるべくは水をつかうことは避けたいものです。衛生面からいっても皮膚組織がある程度回復するまでは避けたいものです。お風呂に入った後は、消毒し、薬を塗布し、ガーゼを変えるなど、適切な処置を行いましょう。

  • 中途半端な剥がれ方をして根が残っていると、その部分が化膿しやすく、また後々きれいに生えてこないこともあるので、なるべく外科治療を受けましょう。
    出典 :爪がはがれたとき/日常で役立つ救急サイト
     

    キレイに剥がれてしまえば問題はありませんが、微妙に元の爪が残っている場合もあります。頬っておくときれいに爪が生えてこない場合や、二枚爪、巻き爪などにもなりやすくなったり、爪の病気にもなる可能性がありますので、爪が剥がれた時の適切な対処法としてはお医者さんにいきましょう。素人判断は危険です!