顎変形症の手術についてまとめてみました。

顎変形症の手術についての情報をまとめてみました。はどんな病院で受けるのが良いのでしょうか?また手術にまつわる情報をまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/06/03

view326

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顎変形症とは

  •  

    このように口元の症状を顎変形症と言います。矯正治療では芳しくない場合も多く外科的な治療を進められる場合が多いのです。

  • 上顎骨じょうがくこつ(上あご)または下顎骨かがくこつ(下あご)のどちらか、または両方の骨格的な位置や形態の異常によって、顔貌の変形や咬合こうごう(噛み合わせ)の異常を認める状態を顎変形症と呼びます。
    出典 :顎変形症| 口・あごの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    現代は口腔外科にて手術療法が多く取り入れられるようになりました。

  •  

    手術をした場合にはかなり表情が変わります。

  • 症状は患者によっても千差万別。顔面の変形、かみ合わせから、口腔領域機能に大きな問題があると判断された場合に手術が施される。  原因として幾つかあげられる。片方で食べ物を噛んだり、歯ぎしりで同じ方向に押すことから起こる。
    出典 :顎変形症 - Wikipedia
     

    原因は様々に考えられますが実際に外科的な治療を選ぶ場合にはその顎の状態によって手術の方法が選択されます。

  • 顎変形症の手術

  •  

    噛み合わせも手術によって大きく変化して審美的にも変わってきます。

  • 顎変形症は、顎の骨の形・大きさの異常や位置バランスの崩れが原因 でおこります。顎のバランスが崩れているので、見た目の問題だけではなく、かみ合わせがわるくて上手く噛めない、話しづらいといっ た症状などの機能の異常を生じることがあります。
    出典 :顎変形症(外科的矯正治療)
  • 手術による効果・次のような効果が期待できます。◾かみ合わせをなおし、食べ物が噛みやすくなります。◾ 発音がしやすくなります。◾審美的改善。
    出典 :顎変形症(外科的矯正治療)
  • ルフォー1型骨切り術

     

    上顎全体の移動です。

  • 上あご全体の移動を行う方法です。上唇の内側の歯茎を切って鼻の横くらいから水平に骨を切ります。上あごは歯がついたまま全体を動かせるようになります。上あごが正しい位置に動けば、骨接合用のプレートとネジで上あごをしっかりと固定します
    出典 :顎変形症に対する外科的矯正治療 | 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 上顎前方歯槽骨切り術

     

    上顎に問題がある場合には主にこの術式を行います。

  • 上あごの前歯部分にのみ問題がある時に用いる方法です。手術は左右の第1小臼歯を抜歯し、その部分の歯槽骨を取り除きます。次に上唇の内側の歯茎を切って左右の犬歯から犬歯までの6本の前歯を骨ごと切り離し、抜歯をして骨を取り除いたスペースに移動させます。正しい位置に移動させた後、プレートとネジで固定しさらに歯の裏側からプラスチック製のギプスで固定をします。
    出典 :顎変形症に対する外科的矯正治療 | 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 顎変形症の手術後

  • 噛む動作は患部に力がかかります。かたいものを噛むと患部に大 きな負担がかかり、骨のずれや骨をとめるプレートが折れる原因にもなります。主治医の指示にしたがって、流動食から徐々に今までの食事に戻していきましょう。 野菜、たんぱく質、炭水化物、ミネラルなどの栄養素と1日に必要な摂取カロリーをとるために、ご家族の方といろんな工夫をし てみましょう。
    出典 :顎変形症(外科的矯正治療)
  • 下唇の感覚が鈍くなる症状が残ることがあります。手術後1ヶ月で調べると85%の患者さんに何らかの感覚の鈍さがありましたが、徐々に治っていきます。2年目に調べると約8%の患者さんに症状が残っていました。しかしこの症状はほとんど気にならないようで、日常生活上困ることはありません。
    出典 :顎変形症とは