デキる!モテる!男のスキンケアで重要な4つのポイント【洗顔編】

肌がキレイな男性は、女性にモテるだけでなく、仕事においてもデキる男として好印象を与えることができます。スキンケアは女性のためだけのものではなく、男性にとっても重要な役割となってきました。今回は、スキンケアのファーストステップである「洗顔」についてまとめました。

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の83%は「服のセンスが良くても、肌が荒れている男性はムリ!」と感じている

  • Q.女性に聞いてみました。どちらのオトコが、ムリですか?
    A.服のセンスが良いが肌が荒れている男性:83%
    B.服のセンスは悪いが美肌の男性    :17%
    出典 :モテナビ 決定版!モテるオトコの美肌育成術
  •  

    【美肌>>>服のセンス】

    肌のキレイさは、その男性がどんな生活を送っているか表します。

    どれだけ服のセンスを良くして見た目を着飾っても、中身の手入れを怠っている男性は、仕事や私生活でもだらしがないと思われるのは仕方ありません。

  • どーやったら美肌になれるんだよ!!

  •  

    【男性の肌悩みは実に様々…】

    「青ヒゲはどーにもならんのじゃ!」
    「物心ついた頃から油ぎった肌じゃ!」
    「毛穴しかありません」
    「心も肌もカサついてます」

  • いつもお仕事お疲れさまです。
    わかっています、懸命に働く男性には、美肌の対敵であるストレス、お酒、タバコはつきもの。
    肌が荒れてしまうのは、ある意味、男の勲章なのかも?
    ただし、荒れた肌というのは異性にはもちろん同性に対しても決して良い印象を与えません。
    でも安心してください。
    ほんの些細な日常のスキンケアで、あなたの肌は劇的に変わります。

  • まずは、落ち着いて「洗顔」を見直そう

  •  

    【水洗顔や、身体を洗う石鹸で洗顔していませんか?】

    男性の洗顔でよく見られるのが、いわゆる顔専用の「洗顔料」を使わずに顔を洗ったつもりになっているパターン。
    これ、実はNGなんです。

  • 顔を洗う際は、面倒くさがらずに、必ず「洗顔料」と書かれた製品を使いましょう。
    理由は下記の通り。

    ■水洗顔のリスク:
    女性よりテカリやすい男性の肌は、汗や皮脂が残ったままになる

    ■ボディ用石鹸による洗顔のリスク:
    洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂も取り去ってしまう

  • 【洗顔ポイント①】シェービングは洗顔前に済ませておく

  • 朝の洗顔と合わせて髭剃りをする場合、実は正しい順番は、顔をぬらす・シェービング・洗顔なのです。
    出典 :男性向け洗顔マニュアル | 洗顔ランキング
  •  

    【洗いすぎに注意】

    洗顔・シェービング・洗顔のように2回洗ってしまうと、洗いすぎとなり、肌に負担がかかります。

  • 【洗顔ポイント②】洗顔料は泡立ててから、クルクルと指を使って顔に広げる

  • 洗顔料は必ず泡立てて使いましょう。
    泡は汚れを落とすだけでなく、肌と手の摩擦を軽減してくれるクッションです。
    出典 :洗顔の重要性と正しい方法 [メンズコスメ] All About
  •  

    【ゴシゴシ洗顔は今すぐにやめて!】

    男性は力が強いのでゴシゴシと洗いがちですが、それでは肌を傷つけてしまいます。

    両手でしっかり洗顔料を泡立て、指の腹を使って顔に小さな円を描くようにしてやさしく汚れを取り出しましょう。

  • 【洗顔ポイント③】すすぎの温度も大切な要素

  • 洗顔時の温度は、『32℃』がベスト
    (手で触ってみて”ちょっと冷たいくらい”)
    出典 :結局、洗顔するときの『最適な温度』って何度なん?? ぬるま湯と水 | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ
  •  

    【熱すぎるすすぎは、肌をボロボロに】

    せっかくここまで丁寧に洗顔しても、すすぎの温度が高すぎる場合、台無しになってしまいます。

    ちなみに、肌質によって最適な温度は異なってきます。

  • 肌質別、最適なすすぎの温度は以下の通り。
    「脂性肌(オイリー)」 ⇒ 『32~36℃』
    「乾燥肌」 ⇒ 『26~28℃』
    「混合肌」 ⇒ 『28~32℃』
    「普通肌」 ⇒ 『30~34℃』
    出典 :結局、洗顔するときの『最適な温度』って何度なん?? ぬるま湯と水 | ニキビ肌荒れを綺麗に治す方法を元汚肌の20代男が語るブログ
  • 【洗顔ポイント④】タオルドライ後、30秒以内に化粧水を

  • 清潔なタオルでおさえるように水分を吸い取る。
    タオルドライでは、決してごしごし拭かないこと。摩擦で肌が荒れてしまいます。
    出典 :オトコの洗顔基礎知識|Beautyコラム|ダヴ Dove
  •  

    【清潔で柔らかなタオルを使うこと!】

    雑菌の繁殖したタオルで顔を拭くのでは、洗顔した意味がありません。

    顔用のタオルは毎日清潔なものを用意しましょう。

    また固いタオルでゴシゴシこすると、角質がはがれてしまったり、たるみの原因にもなります。

  • 化粧水はタオルドライしてから、30秒以内につけるようにしてください。
    出典 :2/3 スキンケアの順番を考える [メンズコスメ] All About
  • 男性の方が肌の水分量が少なくて、女性の60%程度しかありません。
    出典 :デキる男は違う!毎日3分、簡単メンズスキンケアのススメ | 主婦のネタ帳
     

    化粧水は常備しておきたいですね。自分に合ったものを探しましょう。

  • 20代後半以降、男の肌質は「自己責任」となる。

  • 学生時代、社会人数年間は、パッと見イケメンの男がモテて、仕事でも周りにチヤホヤされていたかもしれません。

    だけど、特に20代後半からは、自分自身の生き方が顔や姿に表れてくると思いませんか。

    「肌」だって、「体型」や「身だしなみ」と同じくらい、その男性がどんなライフスタイルを送ってきたのか知るバロメータのひとつ。

    これを機に洗顔を意識して、メリハリあるライフスタイルを肌で表現してみませんか?