危ない!?「腸アニサキス症」とは!冬の食中毒とも言えるのです

腸アニサキス症とはどのような症状が出るのでしょうか?しっかりと知識を付けておきましょう!

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腸アニサキス症とは

  • 慢性型では,虫体の侵入部粘膜下に好酸球性肉芽腫が形成されることがある。腸アニサキス症では,病変は回腸部に多く蜂巣炎の形をとり,急性虫垂炎,イレウスまたは急性腹症として外科的処置を受けることが多い
    出典 :腸アニサキス症 とは - コトバンク
  • 最近になり、Anisakis simplex、A. physeteris, Pseudoterranova decipiensなどの幼虫の寄生によって起こることが証明された。原因である虫体は魚介類に寄生するため、食習慣として生魚摂取が多い本邦では、消化管アニサキスの発生頻度は諸外国に比べきわめて高く、1年間に2,000例から3,000例に上ると見られる
    出典 :腸アニサキス症 - MyMed 医療電子教科書
  • 症状として

  • 新鮮な海産魚類を食べて3〜4時間後に、突然、激しい腹痛、吐き気・嘔吐が襲います。半日以上から、長い時は1週間くらいたって腹痛に見舞われることもあり、この時は胃ではなく腸に虫が侵入していると考えられます。
    出典 :アニサキス症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一部の人には、じんま疹のような発疹やかゆみが現れることがあり、アニサキスに対するアレルギー反応だと考えられています。実際、いわゆるサバアレルギーの人を調べたところ、原因はサバではなくアニサキスだったという報告があります。
    出典 :アニサキス症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 見つけるのが大変

     

    胃アニサキス症であれば内視鏡で虫を確認してつまみ出すことができますが、腸アニサキス症では虫を見つけるのは困難で、X線や超音波検査で小腸を調べます

  • 考えられている事は

  • 臨床的には劇症型(蜂窩織炎)および緩和型(肉芽腫形成)に分類されるが、臨床で経験する消化管アニサキス症の大部分は劇症型である。一方、アニサキスは全身性アナフィラキシーの原因となることも知られており、虫体刺入によるI型あるいはIII型アレルギー反応が考えられている。
    出典 :腸アニサキス症 - MyMed 医療電子教科書
  • 臨床症状は、明らかな生魚摂取の病歴と、その後の急激な腹痛の出現である。胃アニサキス症の場合には幼虫が寄生している魚を食べてから4~8時間後に症状が出現するが、腸アニサキスでは数時間から数日後に症状が現れる。嘔吐が伴う場合も多く、特に、小腸アニサキス症では閉塞症状や腸重責を伴うこともある。
    出典 :腸アニサキス症 - MyMed 医療電子教科書
  • 予防と治療

  • 加熱処理により幼虫は死亡する
    出典 :腸アニサキス症 - meddic
  • 治療としてはアニサキス幼虫が胃の粘膜にいるうちに内視鏡で摘出するのが最も望ましい訳ですが、時間が経って小腸まで入り込んだものは摘出不可能ですから、虫が死ぬのを待つしかありません。
    出典 :�A�j�T�L�X��
  • それでもバリウムを飲むと不思議と早く症状が取れてしまいます。ひょっとしたらバリウムを飲んだ虫が便秘になって死んでしまうのかもしれません。
    出典 :�A�j�T�L�X��
  • 出来るだけの事はしよう

     

    アニサキス症の予防に最も有効なのは、海産魚介類の生食を避けること、冷凍処理または加熱調理を行うことです。アニサキスは魚の内臓まわりの筋肉部へ移行する場合が多いことから、生食の場合には出来るだけ早期に内臓と内臓まわりの筋肉部を取り除くことがアニサキスの感染防止に有効です。