ひょっとした事で骨折!【対処法】応急処置

ひょっとした事で骨折する事がないでしょうか
女性は骨粗鬆症ですぐに折れる人もいるのです
まとめてみました

view453

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 変形する前に対処する事

  • 骨折は放置しておくと、変形したまま骨がくっついてしまったり、逆に偽関節といって、骨がくっつかなくなる状態になることがあります。ねんざだと思っていたら骨折していた、ということも多く、特にお子さんや高齢の方は注意が必要です。骨折が疑わしい場合はすぐに病院にかかるようにしましょう。すぐに病院に行けない場合や、救急車が来るまで時間がかかる場合などは、応急処置をしておくと苦痛を和らげることができます。
    出典 :骨折|ファーストエイド|eo健康
  • もしかしたら骨折したかも……。
    そんなとき、応急処置の方法を知っていると安心です。
    出典 :骨折の応急処置 - “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」
  • 症状の観察

  • 次のような場合は骨折が疑われます。
    確認する場合は、無理に動かさないよう注意しましょう。
    ・負傷した部分が不自然に変形している
    ・激しい痛みがある
    ・痛い部分が腫れている
    ・骨が突き出て負傷した部分を動かせない
    ・痛みで負傷した部分を動かせない
    ・他人が動かすとさらに痛がる

    出典 :骨折|ファーストエイド|eo健康
  • 確認時のポイント

     ・確認する場合は、痛がっているところを動かしてはならない。
     ・骨折の症状 激しい痛みや腫れがあり、動かすことはできない。
     ・変形が認められる。
     ・骨が飛び出している。
     ・骨折の疑いがあるときは、骨折しているものとして、手当をする。
     ・骨が飛び出している場合は厚めに包帯を当てる。(止血と感染を防ぐため)
    出典 :応急手当(骨折)
  • 応急処置

  • 氷を入れた袋(氷のう)などで冷やします。氷のうをあてるときは、
    凍傷を防ぐためタオルなどでくるみ、直接あてないようにしましょう
    出典 :骨折ネット - “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

  • 心臓より上に挙げて安静を保つ できるだけ腫れを抑えるために、可能なら骨折部を心臓より上に挙げます。また、悪化を防ぐために安静を保ちましょう。
    出典 :骨折の応急処置 - “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」
  • 応急手当時のポイント

     ・包帯は強く巻くと血行障害を起こすので、注意して巻く。
     ・包帯の結び目は、傷口の上を避けるようにする。

    出典 :応急手当(骨折)
  • 前腕・手関節の骨折

  • 三角巾または、三角巾と添え木で固定し、首から吊るす方法が基本です。また、添え木については、ひじの関節から指先までの長さがあるものを骨折部の外側と内側から当て、固定しましょう。
    三角巾がない場合は、風呂敷やスカーフ、添え木がない場合は、雑誌や新聞紙などで代用できます。
    【これらの物で代用できます】
    風呂敷
    スカーフ
    雑誌
    新聞紙
    出典 :骨折|ファーストエイド|eo健康
  •  

    01三角巾を用意します。
    02【2】の部分を骨折部位とは反対側の肩にかけます。
    03布で骨折部位を包み、【1】の部分を骨折側の肩にまわします。
    04骨折側のひじを固定して、肩にまわした端と端を結びます。
    05骨折側の指先は布より少し出し、【3】の部分をとめ結びし、内側に折り曲げます。
    06細長い布を背中から脇下を通し、三角巾の上で結びます。

  • その他の固定の仕方(三角巾、三角巾代用がない場合)

  •  

    前腕や手関節骨折で添え木がない場合、ひじから指先(手首)までの長さのもの(雑誌など)で固定します。

  •  

    布や添え木がない場合の応急処置として、シャツのボタンの間に入れて固定する方法もあります。

  • 下肢の骨折

     

    太ももの中間から足の先までの骨折部を挟む2関節を覆う長さの添え木を当て、固定します。
    適切な長さの添え木がない場合は傘やダンボール、座布団などを代用しましょう。
    【これらの物で代用できます】

    ダンボール
    座布団

  • 指の骨折

     

    指の骨折やその疑いがある時、骨折した指に添え木(厚紙や割り箸など)を当て、テープか包帯で巻きつけます。
    【これらの物で代用できます】
    厚紙
    割り箸