感染を未然に防ごう「インフルエンザの流行」とは

インフルエンザは毎年流行しますよね。流行の傾向をしって未然に防ぎましょう

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザの流行に気をつけよう

  • ##65歳以上の高齢者
    ##妊娠
    ##慢性肺疾患(肺気腫、気管支喘息、肺線維症、肺結核など)
    ##心疾患(僧帽弁膜症・鬱血性心不全など)
    出典 :ハイリスク群とは?:インフルエンザ情報サービス
  • ##腎疾患(慢性賢不全・血液透析患者・腎移植患者など)
    ##代謝異常(糖尿病・アジソン病など)
    ##免疫不全状態の患者
    出典 :ハイリスク群とは?:インフルエンザ情報サービス
     

    これらの人はハイリスク群と呼ばれ、重症化もあるので気をつけたい所なのです

  • もしあてはまったなら

     

    ハイリスク群に当てはまる人は、日ごろから予防を心がけるだけでなく、重症化を防ぐためにも医師と相談のうえワクチンを接種することが望ましいと考えられます。ハイリスク群の方本人だけでなく、ご家族や周囲の方もワクチン接種を含む予防とインフルエンザにかかったら早めの処置をすることが大切です。

  • 何故流行するのか

  • インフルエンザウイルスにとって温度20度前後、湿度20%前後が最も生存に適した環境で、長時間空気中に漂っていられます。冬の気象条件はウイルスにとって非常に都合がよいのです。
    出典 :インフルエンザとは
     

    冬の気象条件はウイルスにとっては好都合と言ったところですね

  • 人側の要因として、寒いところでは、鼻・のど・気管などの血管が収縮して線毛の動きが鈍くなります。線毛はウイルスや細菌の侵入をできるだけ少なくする働きをしますので、線毛の働きが悪くなるとウ イルスが侵入しやすくなります。
    出典 :インフルエンザとは
     

    このようなものがあるため流行しやすいようです

  • 姿を変えるから流行は止まらない

  • インフルエンザウイルス(A型、B型、C型の三種類)のうち、A型は姿を変えるのが得意です。小さな変化の場合には、以前かかった時の免疫や予防接種の効果が期待できますが、大きく姿を変えたときにはこれらが期待できません。
    出典 :インフルエンザとは
     

    予防は今までのインフルエンザに対応するものであり、新規のインフルエンザには効果がないようです。

  • A型は10~30年おきに大変身し、その時には、世界規模の大流行をもたらします。研究者の間では「その時期は近い」という見方が有力なのは、A香港型が流行しだしてすでに29年、Aソ連型が20年経過しているためです。
    出典 :インフルエンザとは
     

    今後もインフルエンザには気を付けなくてはいけません

  • パターン

  • 毎年世界各地で大なり小なりインフルエンザの流行がみられる。温帯地域より緯度の高い国々での流行は冬季にみられ、北半球では1~2月頃、南半球では7~8月頃が流行のピークとなる。熱帯・亜熱帯地域では、雨季を中心としてインフルエンザが発生する。
    出典 :インフルエンザとは
     

    日本ではどうでしょうか

  • わが国のインフルエンザの発生は、毎年11月下旬から12月上旬頃に始まり、翌年の1~3月頃に患者数が増加し、4~5月にかけて減少していくパターンを示すが、夏季に患者が発生し、インフルエンザウイルスが分離されることもある。流行の程度とピークの時期はその年によって異なる。
    出典 :インフルエンザとは
     

    死亡率は結構高いようです

  • インフルエンザは

     

    肺炎になると死の危険性もあります。予防に努める事をおすすめします。参考になるリンク様をおいておきますので、こちらも目を通してみるのも良いかもしれませんね