お腹に赤ちゃんがいる時は、コーヒーや紅茶を飲んじゃダメ!

お腹に赤ちゃんがいる時は、コーヒーや紅茶を飲んじゃいけません。なんで!? というあなたに説明しましょう。

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんとカフェインの関係とは

  • 妊娠初期に一日コーヒーを8杯以上飲む妊婦は、妊娠の継続に重大な悪影響がある可能性があり、4~7杯飲む妊婦でもその危険が2倍も高まるといわれています。
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
  • はい! いきなりドキっとするような結論が出てしまいました。

  • カフェインは気分をリラックスさせる効果があるので、一日1~3杯のコーヒーは、妊婦のリラックスには良いといわれています。また、一日300mgまでのカフェインは妊娠への影響はないと言われています。
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
     

    コーヒーや紅茶に含まれているカフェインは、リラックスする効果も持っています。絶対にダメというわけではないのが、逆につらいところかもしれませんね。

  • どうしてカフェインがダメなのさ?

  • 妊娠中はカルシウムの摂取は必要不可欠ですが、カフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによりカルシウムが流れ出てしまうと言う事です。カフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
  • ママがカフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、大人とは違いカフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまいます。カフェインは、赤ちゃんのからだにとても大きな負担をかけてしまうのです。
    出典 :妊娠中はカフェインを控えましょう-赤ちゃんの部屋
     

    どんなものでも、たくさん飲めば赤ちゃんに影響は出ます。

  • というか、妊娠していない時でも、コーヒーや紅茶を1日に何十杯も飲めば気分も悪くなるのです。

  • カフェインは出産後にも影響がある

  • 「カフェインは母乳にも影響しますから、出産後、授乳中に多量に摂取すると、赤ちゃんが母乳からカフェインを摂取することになり、落ち着きがなくなったり、興奮して泣きやまなかったりする場合があります。また、カフェインを摂取していない場合に比べ、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が高まるという報告もありますから、出産後も気を付けましょう」
    出典 :Maternity Jineko【マタニティージネコ】/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』
     

    母乳はママがとった栄養がもとになっています。出産したからコーヒー解禁だ! とたくさん飲めば、もちろん影響が。

  • コーヒーや紅茶だけじゃない!あらゆるものに潜むカフェイン

  • お茶(玉露)
    224mg
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
     

    カップ一杯、140ml分での換算です。お高い玉露をたくさん飲む方はそういないとは思いますが、美味しい分、成分もぎっしり詰まっています。

  • ウーロン茶 28mg
    お茶(番茶) 14mg
    出典 :【妊娠中のカフェイン】- 妊娠to安産.com
     

    その他のお茶にも、コーヒーや紅茶ほどではありませんがカフェインは含まれているのです。

  • ガマンできない! という場合は、カフェインレスのコーヒーなどを少量飲むようにしましょう。あまり生活を締めあげすぎて、楽しみがなくなってストレスを感じてしまうのも、赤ちゃんにはよくないのです。