歯性感染症についての知識

歯性感染症ってしていますか?口腔内の細菌とても多いです、よく口腔を清潔に保つべきです。

view39

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホワイトニングで、歯に自慢の輝きを

  • 健康的な生活を維持するためには、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことが推奨されています。しかし、現状では80歳の平均歯数は13.9本、20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%(平成23年歯科疾患実態調査)と、目標を達成している人は半数を下回っています。日本人の平均寿命が延びる一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。

    口腔内の細菌により、強い腫れや痛み、膿が溜まる、発熱などの症状がおこる場合があります。これは虫歯や歯周病などの歯が原因とされています。ここには、エアータービンをおすすめします。

    必要な歯科器具はいろいろありますが、適切な治療を実施しないと更に悪化してしまいますので、局所の洗浄、内服による抗菌薬治療、切開(膿を出す)などで消炎処置を行ったのちに、原因歯の治療を行います。
    口腔内の細菌とても多いですから、毎日少なくとも二回歯を磨くべきです。歯の健康のために、一緒に頑張りましょう。

  • 歯の美観と美白について、多い歯を美白する歯科器材が造れられました。実は、ホワイトニングは歯を美白するツールです。
    健康的な生活を維持するためには、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことが推奨されています。しかし、現状では80歳の平均歯数は13.9本、20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%(平成23年歯科疾患実態調査)と、目標を達成している人は半数を下回っています。日本人の平均寿命が延びる一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。
    タバコやワイン、コーヒー、お茶など日々の嗜好品には歯を着色させるものが多くあります。私たちの食卓には、着色料が含まれた食物や嗜好品がかつてよりも多く乗るようになりました。この着色汚れはこまめに取らないと歯に固着します。もちろん、ほかの歯科器材を使用するかもしれません。例えば、モーターハンドピースを利用します。
    ホームホワイトニングは、患者様専用のトレーに薬剤のジェルを注入し、1日2〜3時間使用することで無理なく安全に歯を白くすることができる歯科技術です。

  • 歯周病は、病原菌が歯と歯茎の隙間の歯周ポケットから侵入し、歯周組織を破壊し、放っておくと歯を支えている歯槽骨を溶かす病気です。歯槽骨が溶かされた場合、抜歯をする必要があります。

    歯周病の進行は痛みが伴わず、気付いた頃には既にある程度進行していることがあります。成人の抜歯の原因でもっとも多い割合を占めているのが歯周病で、早期発見が進行を食い止める鍵となります。抜歯といえば、歯科機器を使用しなければなりません。例えば、増速コントラを使用かもしれません。
    歯の健康は良い生活習慣に関わっています。いっしょにいい生活習慣を養いましょう。頑張って!
    私たちの歯の健康のために、早く口腔内の細菌を発現しましょう。歯の健康を維持しましょう。今、自分で歯科用品を利用して、早く口腔内の細菌を発現するチャンスが多くなりました。

  • 歯周病治療についての知識