妊婦の腰痛マッサージ

妊娠期間中を通じて腰痛に悩む人にとってマッサージは心地よいものです。そのポイントや注意点などについてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/04/01

view505

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の腰痛の原因

  •  

    姿勢をよくして腰痛を軽減させましょう。

  • 妊婦さんの腰痛は、赤ちゃんの重みで脊柱起立筋が張るタイプとリラキシンの影響で骨盤周辺が緩んで起こる場合の2種類があります。
    出典 :3/3 妊娠中の腰痛ケア [妊娠の基礎知識] All About
     

    自分で背中を伸ばしたりストレッチをしたりあらゆる手段を使って楽になりたいですよね。

  •  

    やがてお腹が大きくなって出産まじかになると腰の痛みが出てしまいます。

  • 妊娠3ヶ月ごろになると、卵巣ホルモンの一種である、リラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは出産に備えて関節や靭帯を緩めたりする作用があり。緩んだ骨盤を大臀筋や中臀筋などのお尻の筋肉や腰の筋肉で支えようとして腰痛が起きます。
    出典 :第82回 妊娠中の腰痛対策 | マガジン | 生活の木
     

    腰痛対策を早めに行って軽減に努めたいですね。

  • 妊婦さんの血流をよくして心も体もリラックスすることはとても良いことです。
    無理のない程度の腰痛マッサージはかなり有効的だと思います。

  •  

    妊娠したら腰痛とも付き合わないといけないのですが自分なりに改善できる方法を探していきましょう。

  • 妊婦の腰痛対策とマッサージのポイント

  •  

    心地よく過ごせるように妊娠期間中も妊婦の身体に精通しているセラピストさんに委ねてマッサージを受けるのも一つですね。
    その前に必ず医師に確認をしましょう。

  • ■正しい姿勢を身に付ける・・壁によりかかり、背中をピッタリつける。かかとを徐々に壁際へ。■腰を落として荷物を持ち上げる・・荷物にできるだけ体を近づけて、ゆっくりと立ち上がる・立ったままで、腰を曲げて荷物を持ち上げたりしない。■荷物は両手にバランスよく持つ・・ときどき休むことも大切。
    出典 :妊婦の腰痛対策
     

    腰痛を起こさせないための工夫です。

  • お家ケアでは、痛み・辛さの解消ではなく、体調全般を落ち着かせる目的で行うのがいいでしょう。★大切なのは心地よさ。ママのリラックスです。★自分で行っても良いのですが、パートナーに協力してもらうのがベターです。★それぞれ、ママの楽な姿勢をとって行うようにします
    出典 :妊娠中のマッサージについて  まごのて
     

    痛みを取るという目的よりもあくまでも妊婦さんのリラックスを優先することが大事なのですね。

  • 妊婦の腰痛マッサージの注意点

  • × 下腿静脈溜などの既往歴がある場合で、ふくらはぎの強いマッサージ× かかとの強いマッサージ、これらはしてはいけません。× 妊娠中に押さえちゃいけない指圧点・合谷  親指と人差し指間のツボ ・ 妊娠中は刺激しないこと。・三陰交 足の内側、内くるぶしから指4本分以上の脛骨後方にあります・妊娠後期には刺激しないこと。
    出典 :骨-KOTSU:妊娠中にしてはいけないマッサージと注意点
     

    色々と注意しなくてはいけない部位があるのですね。

  •  

    好きな香り・・効果のある香りを探してみてください。

  • 肌スピコントロール パパにも出来る!妊娠中の腰痛マッサージNEW - YouTube

     

    心地よくなって赤ちゃんにもママのその気持ちよさが伝わりますように。