何が問題!?「ぎっくり腰の原因」は何がある!?

ぎっくり腰の原因について集めてみました!若い人にも多いと言われているぎっくり腰の原因は何!?

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぎっくり腰は

  • ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。ぎっくり腰はどうしたら起きるということがありません。原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えた方がいいでしょう
    出典 :【ぎっくり腰】 - 急性の腰痛、痛みの原因について
  • 突然腰に激痛が走り、その場から動けなくなる……あぁ……やってしまった……こんなことが今までに2度ありました。ぎっくり腰と呼ばれるものは、検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が認められませんし、神経痛も発症しません。
    出典 :【ぎっくり腰】 - 急性の腰痛、痛みの原因について
     

    目立ったものがないにも関わらず腰痛の症状がある場合にはぎっくり腰や急性腰痛、追完捻挫などの症状名が付けられる事になるそうです。

  • ぎっくり腰になりやすい人っている!?

  • このぎっくり腰ですが

     

    20歳未満はほとんどいないそうです。30歳以上の椎間板、椎間関節に加齢減少が始まった人、過去に起こした事がある人、不良姿勢での仕事や長時間の同じ姿勢。そして、骨粗鬆症で脊椎が脆くなっている高齢の人がなりやすいそうなのです!

  • ぎっくり腰の原因とは

  • ◎過度に腰に負担のかかる作業の繰り返しによる原因
    仕事や運動などで重たいものを繰り返し抱える、無理な姿勢での作業等、といった腰に負担をかける動作が原因となるもの。
    出典 :ぎっくり腰の原因と予防・治療法 | すみ整骨院
  • ◎同じ動作、同じ姿勢の繰り返しによる原因
    デスクワークや立ち仕事、長時間の車の運転等の毎日、同じ姿勢の繰り返しによる身体を動かさないことが原因となるもの。
    出典 :ぎっくり腰の原因と予防・治療法 | すみ整骨院
  • ◎度重なる心的なストレスによる原因
    家庭や仕事でのストレス。忙しすぎて睡眠がろくに取れていない、過度の責任から胃が痛くなる、食事もろくに喉を通らない。などのストレスで自律神経が乱れ筋肉が正常に働かなくなることが原因となるもの。
    出典 :ぎっくり腰の原因と予防・治療法 | すみ整骨院
  • どんなケースが多い!?

  • 朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけが、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
  • 多くのケースでは、ふとした動作に伴う時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。この時、腰を支える機能が低下しています。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
  • 慢性の筋肉疲労も原因に

  • 症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。
    出典 :【ぎっくり腰】 - 急性の腰痛、痛みの原因について
  • 日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。
    出典 :【ぎっくり腰】 - 急性の腰痛、痛みの原因について
  • 原因のひとつとして

     

    ぎっくり腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いとおもうので気をつけましょう!