妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の症状、治療法そして予防法を勉強しましょう。

妊娠中に注意しなければならない病気はいろいろありますが、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)もその一つ。今回はその妊娠中毒症の症状と治療法、そして予防法をまとめてみました。

view2363

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)とは?

  •  

    まずは定義から。

  • 妊婦の合併症で、浮腫(ふしゅ)(むくみ)、たんぱく尿、高血圧をおもな症状とする症候群で、妊娠末期(8~10か月)におこりやすいものです。従来、妊娠中毒症と呼ばれましたが、2005年に妊娠高血圧症候群に改称されました。
     妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にかかると、子宮や胎盤(たいばん)を流れる血液の量が減少し、胎盤のはたらきが悪くなるため、胎児(たいじ)の発育に影響をおよぼし、早産、子宮内胎児死亡、未熟児、死産などの原因となることがあります。また、ときによっては子癇(しかん)(「子癇」)、肺水腫(はいすいしゅ)(「肺うっ血/肺水腫」)、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)(「常位胎盤早期剥離(早剥)」)、脳出血などの母体の生命にもかかわる症状をひきおこすこともあります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) とは - コトバンク
     

    現在は妊娠高血圧症候群という名前になっています。

  • 症状は?

  •  

    妊娠高血圧症候群は、少し前まで「 妊娠中毒 症」と呼ばれていた病気。妊娠中に起こりうるトラブルの代表的なものです。「血圧の上昇」「むくみ」「尿蛋白」が3大 症状 で、これらの 症状 を見逃さないようにするために、妊婦健診では毎回血圧測定と尿検査を行っているんですね。

  • むくみ(浮腫)
     
    ※現在は定義から外されています。

    むくみは生理的(一時的)なものと病気が原因なものにわけられます。妊娠中毒症の場合1晩休んでも、むくみが取れないのが特徴です。むくみの原因はからだの組織に水分がたまってしまうからです。妊娠後期には血液循環が増え(水血症)、むくみが起きやすくなります。朝起きたときにむくみが取れないようなら注意が必要です。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
     

    むくみは普通に出るので、中毒症かどうかわかりにくいですね。

  • むくみのチェックポイント
    朝から顔がはれぼったい
    いつもの靴がちょっときつい
    ピッタリの手袋がきつく感じたり、指輪が抜けなくなったりする
    むこうずねや足の甲を親指を押してできたくぼみが、なかなか消えない
    出典 :妊娠中毒症の症状と予防
     

    妊娠中に当てはまる場合は、ご注意を。

  •  

    おかしいと思ったら病院に行きましょう。

  • 尿タンパク

    尿は、腎臓が血液から必要な成分をこしとって、体にとって不要となった分を排泄したもの。ふつうはタンパク質がもれて出ることはありません。タンパクを含んだ尿が出るのは、腎臓の働きが弱っているためです。
    尿検査で、タンパクが+になることは少なくありませんが、さらに++になった場合は注意が必要です。高血圧やむくみなど、ほかの症状がなくても「妊娠中毒症の疑いあり」とされ、場合によっては安静のための入院が必要になってしまいます。
    出典 :妊娠中毒症(1) - gooベビー
     

    これが出た場合は一番注意です。

  •  

    検査できる機会があったら必ず検査しましょう。

  • 高血圧

    妊娠中は赤ちゃんに栄養を送っているため血圧が少し高めになります。妊娠中の高血圧とは最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上のことをいいます。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
     

    これはわかりやすいですね。普通はここまで高くなりませんから。

  •  

    血圧は家でも計れますから、計れる時は計りましょう。

  • 妊娠中毒症になりやすい人は?

  • 妊娠高血圧症候群の原因ははっきりとわかっていません。もともと高血圧の人や家族に高血圧の方がいる人、体重が多い人、年齢が高い人は妊娠高血圧症候群のリスクが高いと言えます。また、妊娠中に体重を増やしすぎてもリスクが高くなります。

    妊娠高血圧症候群になりやすい人は次のような人です。

    高血圧・糖尿病・腎臓の病気がある人
    高齢(35歳以上)初産の人
    多胎(双子や三つ子)の人
    肥満の人や妊娠中に体重を増やしすぎた人 
    ハードワークやストレスが多い人
    過去に妊娠高血圧症候群になったことがある人
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状・原因・予防法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    普通の人でも当てはまりやすいものが並んでいますね。

  • 治療法は?

  • 安静療法

    安静は症状の改善に大きな効果があります。安静にすることで血流の安定します。腎臓にも血液が十分わたることでタンパク尿が改善され、子宮への血液量が増加すれば胎児の成長・胎盤機能不全の改善につながります。
    出典 :妊娠中毒症/切迫流産・切迫早産でも快適安静生活
     

    この療法だけで良くなれば一番良いのですけど。

  • 食事療法

    妊婦さんそれぞれの1日のタンパク質や塩分量、水分摂取などを考え、カロリー制限をして食事療法をします。1日の消費カロリーが摂取カロリーより少なくなれば体重は今よりも減少していきます。肥満度によって治療メニューは違いますが、基本的には食事の回数は減らしません。

    食事療法の意識としては「食べれないのではなく、必要以上に食べてはいけない」ということです。間食はやめて1回の食事をしっかりと取ります。そうすることでカラダが毎日の食事に慣れてくるはずです。

    妊娠中毒症「さっき間食しちゃったから」などと自分でカロリー量をコントロールすようとすると、食事療法は大抵失敗に終わります。朝昼晩に食べる食事のカロリー量は、毎日同じが
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の対策と治療
     

    赤ちゃんのためには食べなきゃいけないのに、辛いですね。

  • 薬物療法
     安静、食事療法が無効な場合には、薬での治療が行われます。主に血圧を下げる効果のある薬(降圧剤)が使われますが、その主目的は母体の安全性の確保であり、胎児にとっては必ずしも環境がよくなるとは限りませんので、必ず医師の指示通りに治療を受けることが必要です。決して勝手に自分で判断して薬を服用しないで下さい。治療に使われる主な降圧剤を表7:妊娠高血圧症候群に用いられる主な降圧剤に示します。
     交感神経作動薬(α-メチルドーパ)が欧米での第1選択薬剤であり、安全性が確認されています。日本では血管拡張薬(アプレゾリン)が以前からよく使用されています。その他β遮断薬、αβ遮断薬、さらに最近ではカルシウム拮抗薬も使用されることがあります。アンギオテンシンI変換酵素阻害剤(ACE阻害剤)およびアンギオテンシンII受容体拮抗剤は、胎児に有害な副作用があり使用してはいけないことになっています。以前よく治療に用いられていた利尿剤は、かえって血液濃縮を促進させることから、肺水腫や心不全などの重篤(じゅうとく)な合併症以外は最近では使用しません。
    出典 :妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    あくまで他の方法が効かない場合です、この療法は。

  • 妊娠の中止

    最も効果があるのは妊娠を終了させることです。妊娠中毒症は妊娠していること自体に原因があり、重症になると緊急帝王切開で赤ちゃんの成長と関係なく妊娠の中止する場合もあります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の対策と治療
     

    もっとも辛いですね。これだけはやりたくないですね。

  • 予防法は?

  • 塩分を控える。
     妊娠中は、塩分の摂取量を1日7~8g程度に抑えましょう。
     妊娠中毒症の人は、軽症で7g以下。重症の人は5~3g以下に抑えるようにしましょう。

     塩分を控えることは、難しいように思われますが、ちょっとした工夫でかなり抑えることが出来ます。
     ・減塩醤油や減塩味噌を使う。また、醤油はかけるよりも、つけるようにする。
     ・天然のだしを使うようにする。
     ・酢やレモンを使用する。
     ・麺類の汁は飲まない。
     他にも、妊娠についての本には、色々なメニューやテクニックが載ってますので、参考にしてください。

    ・良質のたんぱく質をとる

    妊娠中毒症になると、尿中にたんぱく質がもれてしまうため、赤ちゃんの発育も悪くなります。

    ・カルシウムを多めにとる

    カルシウムには血圧を下げる効果があります。
    また、赤ちゃんの骨や歯を形成するのに大切な栄養素でもあります。

    ・低カロリーの食事を心がける

    間食としてのおやつや糖分の摂取を控え、おかず中心で主食を控えましょう。
    脂肪は植物性のものを使いましょう。

    ・安静にする。

    とにかく、疲れたら休みましょう。
    「むくみが出てきたな」と思ったら、足を高くして、横になって休みましょう。
    旦那さんの協力も、大切です。
    出典 :妊娠中毒症
     

    無理無くできそうなことが多いですね。