妊婦さん要注意!!「妊娠中の寒気」にひそむ危険性!!死に至る場合も!?

たくさんの妊婦さんに見られる「妊娠中の寒気」・・・この寒気には実はとても危険なものもあるのです!!
妊娠中には体を冷やすなと言われますよね。温めても温めても寒気がなくならないなど、異常な寒気を感じたら病院を受診しましょう。放置して大変なことになる前に、今回はその危険性についてご紹介したいと思います。

view36145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の寒気は、その寒気を感じる時期によって考えられる体の状態が異なります。
    体質や体調によっても全然寒気のない方もいますので不安に思うかもしれませんが、寒気を感じる妊婦さんは意外に多いようです。

  • 妊娠初期の場合

  • 寒気は非常に強く現れることが特徴となっています。

    個人差はあるものの、真夏にセーターを着ても寒気が
    止まらないというくらいの人もいるくらいだと言われています。

    体のホルモンのバランスが乱れてしまっている妊娠初期には、
    体の状態が出産に対応することができるまで寒気が続くことがあります。
    出典 :寒気と妊娠初期について
     

    真夏にセーターは異常事態ですね・・・・
    妊娠中の体は急激に変化しています。不調を感じたら医師に相談しましょう。

  • また月経前症候群(PMS)の症状のひとつとしても
    寒気が引き起こされてしまうということがあるため、
    自己判断で妊娠初期症状として寒気を判断してしまうことが
    危険であったり、不確かになってしまうということがあります。

    安心して出産するためにも生理予定日周辺にひどい寒気を感じ、
    生理がないようであれば病院で診察を受けるようにしましょう。
    出典 :寒気と妊娠初期について
     

    女性のホルモンバランスと寒気って強い関係があるのですね。

  • 妊娠初期は高温期が続いているので、外気温との差で寒気がするケースも考えられます。

  • 貧血による寒気

  • 妊娠中多くの妊婦さんが経験する「貧血」。その貧血によって寒気がひきおこされる場合があるのです。
    貧血状態が続くことは母体にも赤ちゃんにも良くないことですので注意が必要です。
    場合によっては貧血のお薬を処方してもらうこともできるので、医師に相談しましょう。

  • 妊娠時に感じる寒気には、貧血が原因とされている場合もあります。
    体内の血液が不足していることからおこる貧血ですが、
    これはとても危険な事で、血液が足りないと、赤ちゃんへ
    十分な栄養が送られず、赤ちゃんの発達障害を起こすリスクに
    繋がってしまいます。
    貧血で倒れて流産のリスクも・・・などと、貧血には
    恐ろしい危険性があるのです。
    出典 :妊娠中の“寒気”にひそむ危険性!! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    貧血で赤ちゃんに栄養が与えられないのですね・・・

  • 貧血とは、血液の成分のうち、赤血球に含まれている
    ヘモグロビンが足りない状態。妊婦の血液は、妊娠すると
    大幅に増加します。このとき、液体成分の方が赤血球の増加よりも
    大きいため、薄まった状態の血液になり、一見、貧血のような
    状態になります。これは妊婦の生理的現象。
    妊娠中期にはいると、胎児も大きくなり、その分血液も増加するため、
    多くの妊婦に貧血のような症状が出始めます。
    例えば、疲れやすい、だるい、寒気、動悸、息切れ、めまい、
    立ちくらみ、冷え、頭痛などの症状です。
    出典 :妊娠症状寒気 赤すぐ | 妊娠時の寒気ついての説明や妊婦さんの体験談
     

    たくさんの症状が出てきますね・・・

  • 貧血の時は血の巡りが良くないので、とにかく体をあったかくしましょう。
    つわりで食べられない時期と重なっているとつらいですよね・・・・
    食べられる場合はなるべく葉酸や鉄分の多いものを摂取しましょう。
    生姜もつわりにも効くと言われていますし、体を温めるのでおススメです。

  • 発熱による寒気

  • 妊娠中というのは病気ではありませんが、体の中で起こっている変化は大きいもの・・・・疲れやすかったり、体調も崩しやすいのです。飲める薬が限られている時期ですので、くれぐれも無理しないようにして、風邪かな?と思ったら休養を取るようにしましょう。

  • 貧血以外の理由では、胎児がおなかで発する熱で、
    母体が暑さを感じ、それに対して外気温が低いという場合や、
    大きくなったおなかのせいで、身体への負担が大きくなり、
    疲れやすくなって、ちょっとしたことで熱があがってしまう
    場合など、寒気を感じることも。
    出典 :妊娠症状寒気 赤すぐ | 妊娠時の寒気ついての説明や妊婦さんの体験談
     

    胎児の熱が寒気を引き起こすことがあるのですね~~驚きです。
    もし38度近い熱が続いていたら風邪の発熱による寒気かもしれません。

  • 低体温を引き起こす

  • 低体温のままだと、赤ちゃんの環境として良くありません。
    妊娠中は普段よりもあたたかい衣類を身に着けたり、特に下半身を冷やさないようにしましょう。
    夏の冷房には特に注意してください。
    はおりものを用意して、エアコンの風が直接当たらないようにするなど体温調整できるように工夫すると良いですね。

  • “寒気”はママの体温を下げてしまいます。
    妊娠すると体温は高くなることが一般的ですが、
    寒気が改善されないまま生活しているとママの体温は低くなり、
    低い体温だと血液の循環が悪い・子宮へ血液が送られにくい・
    頭痛や腰痛を招いてしまうなどの様々なリスクが起こってしまいます。
    出典 :妊娠中の“寒気”にひそむ危険性!! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    様々な症状が出てくるのですね・・・
    妊娠後期はお腹が重くて腰痛もつらくなってくる時期です。腰回りも冷えないようにマタニティ用の下着を身に付けましょう。

  • 胎児への影響

  • ママが寒気を感じているとお腹の赤ちゃんはどうなっているのでしょうか?

  • “寒気”が起こす胎児への影響としては挙げられるものに
    “冷え”があります。ママの体が冷えていると、実は
    子宮も冷えていて赤ちゃんには居心地の悪い環境に。
    すると、切迫早産や切迫流産のリスクも引き起こしてしまったり、
    赤ちゃんが体温の高いほうへ頭を向けることから逆子が
    治らないという状況になるケースもあります。
    出典 :妊娠中の“寒気”にひそむ危険性!! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    逆子になってしまう事もあるのですね・・・
    お腹の赤ちゃんが無事生まれてこられるように、とにかく体を温めましょう!

  • 「妊婦さんは冷やしてはいけない」とよく耳にするように、
    ママが「寒い!」と感じてしまうときには、それだけの危険や
    リスクが起きやすくなっているのだと頭に入れておく必要があります。
    症状が悪化する前に早めの対策をしてください!
    出典 :妊娠中の“寒気”にひそむ危険性!! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    昔から、冷やしちゃいけないと言われていますものね・・・・
    妊活中の方はもちろん、まだまだ出産する予定のない若い女性でもなるべく体を冷やさない生活を心がけましょう。

  • 病気につながる寒気・・・

  • 決して脅かすわけではありませんが、、、、妊娠中の寒気の中には病気につながるものもあります。
    症状など覚えておきましょう。

  • 腎盂炎は妊婦の0.5~2%に発生するとされ、妊娠中に生じやすい病気の1つです。大きくなった子宮が膀胱を圧迫したり、ホルモンの影響で腎臓と膀胱をつなぐ尿管の収縮が鈍くなるのがその原因とされています。また、便秘によって腸内が圧迫されることも原因といえるでしょう。・・・・
    激しい寒気&震えに伴い、腰や背中に鈍痛が走ります。38度以上の高熱が出て、尿が濁るのも特徴です。胎児への直接的な影響はないものの腎臓に入り込んだ細菌が子宮内に侵入、卵膜にまで感染が及んで破水することも・・・。こうなると、早産の危険性も出てくるでしょう。
    出典 :【妊娠中の腎盂炎について】 - 腎盂炎ガイド
     

    妊娠中の激しい寒気で考えられるのが腎盂炎です。
    放置すると慢性化して治療に時間がかかるので注意が必要です。

  • 現在12週の二人目を妊娠中です。
    妊娠してから軽いアナフィラキシーショックを6回も起こしました。妊娠前は蟹アレルギーだけでしたが、妊娠して蟹デはなくめんつゆやだしでアナフィラキシーショックを起こしています。
    出典 :妊娠中のアナフィラキシーショックについて - 妊娠 - 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ
  • 寒気そして妊娠中の女性の突然死

    1.アナフィラキシー
    症状: アナフィラキシー
    •呼吸困難
    •浮腫
    •口の症状
    •顔面腫脹
    •手の腫脹

    出典 :アナフィラキシー
  • 原因: アナフィラキシー
    •アレルギー
    •虫刺されアレルギー
    •非食物アレルギー‐ミツバチ
    •非食物アレルギー‐カリバチ(アシナガバチ、スズメバチなど)
    •ピーナッツアレルギー
    出典 :アナフィラキシー
     

    アレルギーで起こってしまうのですね・・・

  •  

    妊娠中は体も過敏になっているので

    アレルギーにも要注意です!

    赤ちゃんとお母さんの体に影響が

    出てしまいます・・・

  • カリフォルニア大学の研究チームは2002年から2005年の間に亡くなった732人の妊婦さんについて調査。209人は妊娠に関連した病気が原因であることが分かりました。さらにその約1/4が心臓発作など心血管系の病気で亡くなっていますが、事前に心臓に問題を抱えていると診断されていた人は、そのうちのわずか6%だったそうです。
    出典 :要注意!妊娠中の心臓発作―アメリカで増加傾向、1/3は避けられたはず - Ameba News [アメーバニュース]
  • 寒気そして妊娠中の女性の突然死
    2.心臓発作
    出典 :寒気, 妊娠中の女性の突然死 - 原因
  • 原因: 心臓発作
    •心臓病
    •狭心症
    •高コレステロール
    •糖尿病
    •高血圧
    出典 :心臓発作
  • 寒気

    激しい悪寒のある人は、過剰に寒さを感じ、非常にひどく寒気を
    感じる人は、毛布で体を包んでいる時でも寒さで震えていることが
    あります。 寒気は、しばしば熱(体温が実際に高い)に
    関係がありますが、体温が低い(低体温症)場合にも誘発されることが
    あります。 寒気は重篤な症状であるため、直ちに専門医師の診察が必要です。
    出典 :寒気 - 原因
  •  

    妊娠中に寒気に気付いたら早めに

    病院受診して下さいね!