辛いかゆみ「乾燥肌でかゆみ」が出る場合はどうする?

乾燥肌でかゆみが出る事がありますよね。そんな時の対策をしっかりしっておきましょう

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乾燥肌とかゆみ

  • 年齢と共に新陳代謝も働きが衰え、皮脂腺から出る脂分も減ってきます。 また、冬は気温が低下するので発汗量も減少し、皮膚が乾燥してかゆみ,湿疹が出易くなります
    出典 :乾燥肌(かゆみ)対策
  • * (生来の)肌質・体質により乾燥肌になりやすい場合もある。* 女性は更年期の頃エストロゲン(若さ保持にも必要な女性ホルモン)の量が減ってしまう。* 温度変化が激しい季節の変わり目は、自律神経の働きが悪く肌が乾燥しやすい状態になってしまう。
    出典 :乾燥肌(かゆみ)対策
     

    女性ホルモンも乾燥肌に関わっているのです

  • エアコン等による乾燥も

     

    エアコンは室内も乾燥するので、長時間の使用は乾燥肌を促進してしまう事もあるのです。こたつも刺激になってかゆみを生じる事もあるそうですよ

  • 皮膚の乾燥にともない表皮基底層の細胞から神経成長因子物質の放出により、角質層のすぐ下(皮膚表面付近)まで「(真皮から表皮へ伸びている)かゆみを感じる神経線維」が伸びて来る為に、かゆみを感じやすくなる。
    出典 :乾燥肌(かゆみ)対策
     

    そして皮膚のかゆみの原因はこちらですね

  • 病変を伴わない場合は

  • 腕やすねの内側などをつい長い時間かきむしってしまい、肌が真っ赤になったり皮がむけたり…といった経験は、誰にもあるところではないでしょうか。このように何の病変も伴わず、単純に皮膚がかゆくなる状態は「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」と呼ばれ、一般的に中高年・高齢者、しかも男性により多い症状とされています。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    加齢によって皮脂の分泌が少なくなるからだそうです

  • 中高年の男性は、一般に女性に比べて肌に無頓着な傾向がありますから、もともと肌荒れもしやすい状態になっているために、皮膚の乾きに拍車がかかるという面もあるでしょう。しかしながら、基本的に皮膚のかゆみは、部屋の空気が乾燥して皮膚の表面から水分が蒸発し、肌のうるおいが失われ、同時に血液の循環も悪くなることに起因します。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    性別や年齢を問わず起きる事も多いのですよ

  • 乾燥肌でかゆみがでたら対策を

  • 熱いお湯も皮膚の温度が高まり刺激となり、かゆみが増すので避けた方が良いです。角質層があまり剥がれ落ちないように,皮膚の脂分を落し過ぎないように、摩擦力のあるナイロンタオル等でゴシゴシ洗い過ぎないようにし,石鹸も多く使い過ぎないようにして、弱酸性の物を使用すると良いです。
    出典 :乾燥肌(かゆみ)対策
     

    お風呂ではこのあたりを意識したいですね

  • 空気が乾燥する冬の時季に皮膚の角質層の水分量・皮脂量は少なくなります。保湿の為に(角質層内に水分のある)入浴後直ぐに水分をふき取り保湿剤等を塗ってスキンケアをすると有効です。 乾燥し易いのは手や腕・脚・目や口の周り等です。乾燥した肌を放っておくと、くすみやシミが残ったり皮膚の老化を招いたりすることにもなります。
    出典 :乾燥肌(かゆみ)対策
     

    スキンケアをしっかりしておきたいですね

  • ポイントは保湿

  • 「皮膚の乾燥と血流の悪化」が主な原因となっているわけですから、肌にうるおいを与え皮膚の湿度を保つようにするのが効果的です。まず室内環境は、暖房などで部屋が乾きすぎている場合、加湿器の使用あるいは室内に水の入った置物を置くなどして、50~60%以下にならない程度に室内の湿度を保つようにします。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    静電気の発生も予防してくれます

  • 乾燥肌を予防しよう

     

    自分で出来る予防があります。暖房をつけたら加湿器を一緒に使うなどのある程度の保湿を心がけるだけで全然ちがうのです。その他もありますよ

  • 肌の代謝を低下させないように、適度な運動と休養、そして十分な睡眠をとって規則正しい生活をすることが基本です。寝不足を避けて、疲労をためないように注意してください。肌に活力がなくなり、乾燥や肌あれが発生しやすくなります。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
  • 電気毛布は、肌を乾燥させてしまうことがあります。使用するときは、温度を低めに設定しましょう。
    寝ている時も修復力を高めるために、手袋や靴下で患部を覆うのも効果的です。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
  • 肌に直接触れる衣類は、ナイロン製などの化学繊維やチクチクするウール素材は避けて、吸収性の高い木綿やシルク素材がよいでしょう。また、肌を締めつけない、ゆったりしたサイズがおすすめです
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。