三大栄養素の脂質は避けられているが必要なもの?

三大栄養素である脂質は避けられてはいますが
必要なものなのですよ

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、脂質がどのようなものか知ろう

  • 脂質は三大栄養素(たんぱく質・炭水化物・脂質)の中で、最もエネルギーの大きい栄養素であり、過剰に摂取すると生活習慣病・肥満などの原因となるため、ダイエット中は特に摂取を控えなければならない栄養素でもある。
    出典 :【脂質】 脂質の目標量とコレステロール・脂肪酸 | ダイエットSlism
  • 脂質は、非常に大きなエネルギーを持っており、1gあたり9kcalもあります。糖質の2倍以上です。主に全身に存在する脂肪細胞に蓄えられます。ちなみに中性脂肪は1kgあたり7200kcalものエネルギーの塊です。これは、ジョギングを24時間くらい走り続けてやっと消費できるほどの、膨大なエネルギーの塊です。
    出典 :三大栄養素の「脂質」とは? - 正しいダイエットへの道 - Yahoo!ブログ
     

    結構なエネルギー量ですよね

  • 脂質と言ったらなにを思い浮かべますか?

     

    私が思い浮かぶのは
    「肉の塊」

    「牛脂」
    あたりになりますね
    皆様はどんなイメージを浮かべるでしょうか

  • どれだけ摂ったらよいか

  • 詳しくは年齢によって異なりますが、成人で1日に必要なエネルギーの20~25%ほどを脂質からとるのがよいといわれています。これは1日2,000kcal必要な人では脂質はおよそ50gになります。
    出典 :脂質 | グリコ 栄養成分百科
     

    結構な量だとおもいますが・・・

  • 食生活の欧米化にともない脂質の摂取量や摂取エネルギーに占める脂質の割合は増加しており、そのことがエネルギー過剰、肥満、生活習慣病の原因になっていることが指摘されています。
    出典 :脂質 | グリコ 栄養成分百科
     

    この食の欧米化が問題なのです

  • 働きは

  • エネルギーを産生する
    食べ物に含まれる脂質は体内で分解され、細胞の中で1gあたり9kcalのエネルギーを産生します。
    出典 :脂質 | 栄養素を知ろう!
     

    エネルギー源は脂質で作られるのです

  • 燃料として貯蔵される
    使い切れなかった脂質は他のエネルギー源同様、中性脂肪に変えられ、体脂肪として蓄えられます
    出典 :脂質 | 栄養素を知ろう!
  • 身体を作る成分となる
    脂質は細胞膜の構成成分になります。脂質は水を弾くため、細胞の内外に必要以上に水が出入りしないよう作用します
    出典 :脂質 | 栄養素を知ろう!
     

    体を作る成分となるのですね

  • 脂溶性ビタミンの吸収をよくする
    ビタミンの中には、水には溶けず油脂に溶けるものがあります。脂質はこれらのビタミンを溶かし込んで、吸収しやすくします。
    出典 :脂質 | 栄養素を知ろう!
     

    ビタミンの吸収を良くしてくれるのは嬉しいですね

  • ダイエットとの関係は

  • 消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多い場合に脂質が脂肪として蓄積されるため、ダイエット中は脂質(特に動物性脂肪由来の飽和脂肪酸)を摂取し過ぎないように気をつけなければならない。
    出典 :【脂質】 脂質の目標量とコレステロール・脂肪酸 | ダイエットSlism
  • 脂質は

     

    ダイエット中には避けられますが
    エネルギーが足りなくならないよう
    必要分は摂ったほうが
    体には良いのできをつけてくださいね