顕微授精のリスク(傷・品質・卵子への影響)

人の手に加わる作業。精子の品質。体外受精同様のリスク。卵子に及ぼす悪影響。

  • S 更新日:2014/10/08

view69

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人の手が加わる作業が多いから、万が一という事があります!(傷等)

  • 一般的に体外と顕微を半分ずつやることが多いというものでした。それは顕微のリスクを軽減させるためとありました。体外(ふりかけ)に比べたら受精する確率は高いので不思議に思ったのですが。顕微のほうが、人間の手が多く加わるためのリスクがあるということでした。
    出典 :顕微授精のリスクについて。顕微授精を勧められています。しかし、色々... - Yahoo!知恵袋
     

    以下に続きます。

  • 体外(ふりかけ)は受精方法そのものは自然妊娠と同じで、精子そのものの生命力が優先される。けれど顕微は人間が一つの精子を選ぶという作業がはいるため、「本当に受精するにふさわしい精子」なのかはわからない。また、慎重に作業しても傷をつけてしまう可能性がないとはいえない
    というようなことでした。
    出典 :顕微授精のリスクについて。顕微授精を勧められています。しかし、色々... - Yahoo!知恵袋
     

    上記の続きです。

  • 顕微授精

     

    顕微授精の作業詳細。
    (機械・道具・作業図)

  • 精子の品質によっては高リスクに!逆に高品質な精子と選別されているのであれば問題無し!

  • 顕微授精には高品質精子分離法とともに無菌的精子分離法が不可欠です
    精液中の細菌・ウイルス・炎症細胞などの不要細胞を除去して無菌的に高品質の精子(運動代謝機能、且つ先体反応を誘起できるDNA非損傷精子)を選別できない場合には、顕微授精への展開は危険です。
    出典 :顕微授精のリスク | 黒田IMR | 不妊症 不妊治療 体外受精 顕微授精| 東京
  • 逆に言えば、科学的に高品質無菌精子であることが保証された場合には 安全な顕微授精に展開できるということです。要するに、顕微授精は精子(機能)の悪い男性向きの治療ではありません。良い精子(精子機能が正常である高品質の精子)を形成できるが、その数が少ないという男性向きの治療なのです。この点は、安全な顕微授精を提供するにあたり、大変重要なところです。是非ご理解いただきたい点です。
    出典 :顕微授精のリスク | 黒田IMR | 不妊症 不妊治療 体外受精 顕微授精| 東京
  • 体外受精と同様(内容)のリスク。

  • 顕微授精は自然な受精現象と異なり、人為的に極細ピペットで卵子内に精子を注入します。そのため赤ちゃんへの影響が懸念されますが、現在、日本で顕微授精により年間数千人以上生まれており、通常の体外受精胚移植法と比較して特に危険な治療法ではないと考えられています。通常の体外受精・胚移植による妊娠でも、自然妊娠と比較して流産率が高い(約20%)と言われています。
    出典 :恵愛病院|生殖医療センター 埼玉県・不妊治療・体外受精
     

    以下に続きます。

  • また早産率・低出生体重児・先天異常(染色体異常)・NICU・帝王切開率、それぞれの発生率は、自然妊娠と比較して若干増加すると報告されています。近年の報告では体外受精・胚移植の手技によって赤ちゃんに異常がでるというよりは、体外受精にいたった不妊症カップルのなかにそのような要因があるのではないかと考えられております。
    出典 :恵愛病院|生殖医療センター 埼玉県・不妊治療・体外受精
  • しかし、現時点では明確な結論は出ていませんので、今後さらなる検証が必要と思われます。それに加えて顕微授精の場合、重度の乏精子症や無精子症の方の中には染色体や造精機能関連遺伝子の異常を持っている方が含まれていると言われています。
    出典 :恵愛病院|生殖医療センター 埼玉県・不妊治療・体外受精
  • 体外受精

     

    使用道具・やり方等の詳細図。
    顕微授精とは、少し似ていると言えば似ています。

  • このような方の精子を用いて顕微授精を行った場合には、これらの染色体や遺伝子の異常が男の子の赤ちゃんに受け継がれ、結果的にその赤ちゃんも将来男性不妊となる可能性があると言われています。重症造精機能障害のある方で、希望する方は染色体検査を受けることが可能です。
    出典 :恵愛病院|生殖医療センター 埼玉県・不妊治療・体外受精
  • なお、卵巣刺激、卵子の採取(採卵)、胚移植などは通常の体外受精・胚移植と同じように行いますので、そのリスクは通常の体外受精・胚移植と同様です。
    出典 :恵愛病院|生殖医療センター 埼玉県・不妊治療・体外受精
     

    結局のところは、体外受精や胚移植と、リスク内容は変わらないようです。

  • 卵子の細胞に多大な悪影響が!?

  • 顕微授精の際、穿刺することにより卵子の細胞骨格は破壊される可能性があります。このことが生まれてくる子供に どの様に悪影響を及ぼすかは、未だ科学的に解明されていません。
    《顕微授精により卵子細胞骨格が破壊される可能性があります》
    出典 :顕微授精のリスク | 黒田IMR | 不妊症 不妊治療 体外受精 顕微授精| 東京
     

    未だに原因等はハッキリされていないという点が、気になるところです。