妊娠中の仕事で無理は禁物!仕事中に気を付けたいこと

妊娠中の仕事は、今まで通りという訳にはいきません。
赤ちゃんを第一に考えて、仕事の調整を行いましょう。

view87

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠したらまず報告!

  • 妊娠初期はつわりなどで体調が悪くなることや、健診で仕事を休まなければならない時もあります。早めに報告して休みを取りやすくしておきましょう。
    出典 :妊娠中の仕事について-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    妊娠したら、それまでと同じように働くことができなくなります。
    仕事中も周りの人の協力が必要不可欠なのです。

  • 実際には出産前まで働く気がなかったり、あるいは「もし流産してしまったら」と考えてしまい職場に黙っている人も多いようです。しかし伝えることによって、危険な仕事や力仕事、つわりがひどいときなどには配慮してもらうことができます。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    たとえ退職する場合でも、赤ちゃんを守るために報告は必ずしましょう。

  • 妊娠中の仕事【デスクワーク】

  • パソコンの画面から出る放射線(電磁波)の量はごくわずかなもので、まず赤ちゃんに影響する事はないとされています。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    デスクワークは、妊娠中の仕事に適しているようです。

  • 事務仕事の場合はずっと座ったままの人が多いでしょう。ずっと同じ態勢でいると腰痛を引き起こしたり血行が悪くなりがちなので、用事を作っては小まめに席を立つようにしましょう。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    座りっぱなしのデスクワークの場合は、このようなことに注意しましょう。

  •  

    目や肩の疲れも溜め過ぎてはいけません。
    無理のない程度で仕事を行いましょう。

  • 妊娠中の仕事【立ち仕事】

  • 労働基準法には「妊産婦を妊娠、出産、保育等に有害な業務につかせてはならない」とあります。仕事をしていく上で危険物や有毒ガスなどの心配がないように、安全面の確認をもう1度上司としてみましょう。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    製造業の場合はこのような注意点があります。

  • 立ち仕事
    おなかが大きくなる妊娠中期以降は向いていません。妊娠初期には問題がありませんが、おなかが張ったり立ちくらみが起こったりする場合は上司に相談してみましょう。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    妊娠中の仕事で立ちっぱなしはおすすめできません。
    早めに対処してもらうことが大切です。

  • 妊娠中の仕事【力仕事】

  • 力仕事や肉体労働、長時間勤務などは妊娠中は向いていません。早産の可能性もあるので、負担の少ない職場に変えてもらったほうが安心です。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    妊娠中の仕事が影響して流産するケースもあります。

  • 夜勤のある仕事
    妊娠中には望ましくありません。もし時間変更や配置転換を申し出ても、受け入れられない場合は早めの産休を取ることを勧めます。
    出典 :妊娠中の仕事/よくある質問
     

    妊娠中は特に規則正しい生活を心がける必要があるため、夜勤は避けましょう。

  • 妊娠発覚から産休まで

  • 妊娠4~5ヶ月ごろ
    産休や育休出産一時金などのの申請、情報収集はこの時期に行います。関係部署に問い合わせるなどして準備しましょう。
    出典 :妊娠初期の仕事
     

    上司への報告をしてから行いましょう。

  • 妊娠6~8ヶ月ごろ
    この頃から、後任への仕事の引き継ぎや仕事のマニュアルを作るなど職場の仕事をスムーズに引き継ぐための準備をします。
    出典 :妊娠初期の仕事
  •  

    お腹が大きくなってきたら、家族や上司と相談して産休に入りましょう。