「大腸癌治療」を知ってきちんと受けましょう

大腸癌治療は一体どのような方法があるのでしょうか?あきらめない事が大切です!

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸癌治療は色々ある

  • 様々な治療があれば

     

    自分に合った治療を受ける事が出来ますね!根治するのが難しいとされていますが、早期治療につとめればまだ可能性があるとされています

  • 国内で大腸癌患者はどんどん急増している

  • 近年国内の大腸がん患者は急増し,この30年間で患者数は約6倍になっています。死亡者数は結腸と直腸を合わせると男性では肺がん,胃がん,ついで第3位で,女性では第1位です。
    出典 :大腸がん・がん治療
     

    女性に多いのですね

  • 大体の治療の流れは

  • 大腸がんの進行度は、ステージ0からステージⅣまでの5段階に分類されています。それぞれのステージの患者さんには、科学的根拠(エビデンス)に基づいて効果の高さが確かめられ広く行われている治療法である「標準治療」が推奨されます。
    出典 :大腸がんの標準治療とは - 大腸がん情報サイト
     

    それぞれの進行度に合わせて治療がすすむ事になります

  • 大腸がんの治療法は日々研究され、新たな治療法が開発され続けています。 新たな治療法がこれまでの標準治療よりよいことが確かめられれば、それが新たな標準治療となります。標準治療の決定は、多くの患者さんの治療法の選択に大きな影響を及ぼします。
    出典 :大腸がんの標準治療とは - 大腸がん情報サイト
     

    多くの患者さんの治療の選択に影響が出るようです

  • 手術が2種類ある

  • 内視鏡手術
    がんが粘膜下層まで浸潤しておらず,リンパ節への転移がないものは早期がんに分類されこの場合約60%が内視鏡手術で治療できます。
    出典 :大腸がん・がん治療
     

    早期のがんは適切な治療を施せば100%治癒すると言われているそうです

  • 患者の負担が少ない腹腔鏡手術

  • 腹腔鏡手術
    早期がんでも,内視鏡的治療が困難な大きながんには腹腔鏡手術が行われます。また最近では進行がんでも腹腔鏡手術が行われるようになりました。
    出典 :大腸がん・がん治療
     

    早期の癌でも内視鏡治療があるようなのです!

  • ガイドラインを参考にする

  • 一般の方は、必ずしもガイドラインを隅から隅まで読み、理解する必要はありません。現在受けている治療法と、ガイドラインに書かれている治療法との違いを確認するときや、治療法の選択が必要になったときなどに、参考になさってはどうでしょう。
    出典 :「大腸癌治療ガイドライン」を患者さんが知るメリット 大腸癌治療ガイドライン(2) - 大腸がん情報サイト
     

    治療法の選択が必要なのですね

  • しっかりと治療方法をしって

     

    出来る事をしっかりとしましょうね