【冷えは天敵!】妊婦の冷え症対策

女性は元々冷え性の方が多いと思いますが、特に妊娠中は冷えやすくなるのをご存知でしたか?
「普段から冷えに慣れているから大丈夫」なんて思っていたらそれは大きな間違いです。冷えはお母さんだけでなくお腹の赤ちゃんにまで影響するんです。しっかりと冷え対策を行いましょう!

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦は特に冷えやすい。

  • 妊婦はなぜ冷えやすいのでしょうか。まずは原因を探ってみましょう。

  • 実は妊娠中や出産時に起こりうる「ママの困りごと」は冷えが関係していることがたくさんあります。
    まずは妊娠中にママの体が冷えやすくなる理由について解説したいと思います。

    妊娠中の体の冷えの原因は大きく分けると次の2つです。

    ・姿勢の変化で血行が悪くなり、体が冷える
    ・ホルモンバランスの崩れで体温調節が上手くできなくなる
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • 妊娠中はホルモンの関係で体温が上がる傾向があり、実際に多くの妊婦さんたちから「体がポカポカと暖かい」「ほてりを感じる」「以前より暑がりになった」という声をよく耳にします。しかし上半身はポカポカの妊婦さんでも、実は下半身には冷えていることが多いもの。またホルモンのバランスの崩れで自律神経が乱れ体温調節がうまくいかずに、体の冷えがひどくなってしまうという妊婦さんも少なくありません。
    出典 :冷えはおなかの張り、むくみ、腰痛の悪化などの原因に!ウェアや食事などを工夫して体を「冷やさない」生活を - gooベビー
  • ■妊娠中の姿勢の変化が体の冷えにつながる

    冷え性もそうですが、基本的に体の冷えは血行が悪くなるのが原因です。
    つまり血液の流れが悪くなると、しっかりと全身に温かい血液が巡らなくなるのです。

    一番、実感しやすいのが手足の先だと思います。
    これは血液の流れの仕組みに原因があります。
    全身に流れる血液を運んでいるのは心臓のポンプのような役割なんです。

    だから血液の循環、つまり血行が悪くなると、心臓から遠い手足の先の血液が戻りにくくなるのです。
    これによって手足の先が冷えてしまう。ひどいときには腰や下腹部も冷えやすくなります。

    では、なぜ妊娠中に冷えやすくなるかというと、大きくなるお腹に合わせた姿勢の変化が原因です。
    妊娠中は骨盤に負担がかかり、姿勢が変わります。ちょっとお腹を突き出すような体勢ですね。
    これにより骨盤周辺の筋肉が緊張して硬くなるので、血行が悪くなり体が冷えてしますのです。

    そして、もう一つの原因がホルモンバランスの変化です。


    ■妊娠中のホルモンバランスの変化も冷えやすくさせる

    妊娠中はホルモンの関係で、体温が普段より上がる傾向にあります。
    ほてったり、何だかポカポカする感じを経験されたことはないでしょうか。

    でも、実は上半身がポカポカしても、下半身が冷えていることが多いのです。
    気付かないママも多いかもしれませんが、体の冷えは触ってみると分かります。
    足先だけでなく、ふくらはぎ、色々な場所で少しずつ温度が違います。
    一番分かりやすいのがパパと比べてみる方法です。ちょっとパパを触ってみましょう。

    これらの下半身の冷えは先ほどの血液の流れ以外にも妊娠中のホルモンバランスが深く関係しているのです。

    特にホルモンバランスが崩れがちな妊娠中は、自律神経が乱れ体温調節が上手く出来ず、冷えがひどくなってしまうのです。
    手足ではなく、肩や首の冷えはホルモンバランスの崩れが原因で起こることもあります。

    では、そんな妊娠中の冷えを甘くみるとどうなるか?
    実は意外なところでも関係しているんです。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • このように妊娠中は特に冷えてしまうんです。では、冷えは妊婦や赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか。

  • 妊娠中の冷えによる影響は?

  • 【妊娠中の冷えが与えるママへの影響】
    ・初期にはつわりがひどくなる
    ・お腹が張りやすくなる
    ・腰痛や便秘になりやすくなる
    ・足がむくむ、足がつりやすくなる
    ・産後の母乳の出が悪くなる
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • 体の冷えは以下のようなリスク・問題を引き起こすのです。

    ・血流が悪くなるため酸素や栄養が十分に届けられない
    ・無意識に起こす緊張から子宮収縮の誘発や子宮環境が悪くなる
    ・切迫早産、切迫流産のリスクに繋がる
    ・体が冷えると子宮も冷えるので居心地の悪い子宮になる
    出典 :赤ちゃんを守れ!妊娠中の冷えが起こす胎児への影響・・・ -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • ママの体が冷えていると、赤ちゃんの部屋である子宮が冷たくなってしまいます。
    そして、冷えの原因である「血液の流れが悪い状態」は赤ちゃんへ栄養が届きにくくさせてしまうのです。
    それが胎児の成長に影響を与え、あまりにもひどいと切迫流産、切迫早産につながる恐れがあるのです。
    また子宮が冷えていると赤ちゃんは温かい場所を探して動き回り、逆子の原因にもなります。

    さらに出産後も湿疹の出やすい体質、神経質で泣くことが多い子になる傾向があると、昔から助産師さんも言っています。

    これだけ多くの影響を与えるママと赤ちゃんに与えるので、しっかりと対策を行う「冷えとり」をぜひ行って頂きたいと思います。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • ナゼ妊婦さんに冷えがよくないのか

  • うわぁ、冷えがこんなにもママと赤ちゃんにとって悪影響になってしまうんですね。ちゃんと冷えを取る必要があります!

  • 具体的な冷え症対策とは?

  • ここからは具体的な冷え症対策をご紹介していきます。どれも実践し易いものばかりなので、早速試してみてください。

  • ■「冷えとり」には体の内側から温めるのが大切

    「冷えとり」には色々な方法があります。
    ・足湯や入浴、お風呂でのマッサージで血行促進
    ・ストレッチや運動で血流を良くする
    ・腹巻きなど、体を冷やさない格好をする
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • 妊娠中にオススメなショウガの働き

    生のショウガには体の抵抗力を高めてくれるジンゲロールという成分があります。
    これはショウガの辛味成分なんです。
    このジンゲロールが発酵することで、ショウガオールという成分に変化します。何だかそのまんまな名前ですね。

    でもこのショウガオールが妊娠中のママにとっては強い味方になるのです。
    ショウガオールは体内の血液の巡りを良くする血行促進の働きがとても強いのです。
    この働きにより「体の内側から温まる効果」を発揮してくれるのです。

    しかも、ママにとっては嬉しい働きがもう一つ。
    ショウガオールの力で体内の血行が促進されると、基礎代謝が高まります。
    基礎代謝とは「ずっと寝ていても消費するエネルギー」のことですね。

    そんな基礎代謝はママにとって、どんな嬉しい働きがあるか。
    何もしなくても消費するエネルギーですから、基礎代謝が高い状態は妊娠中の体重管理の助けになります。
    Twitterでも妊娠中の体重増加についてたくさんご質問頂きます。
    ママたちも色々と努力していると思いますが、この基礎代謝が高い状態のほうが脂肪燃焼効率も高く、体重増加をし過ぎないようにしてくれるのです。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • 体をあっためるには背中を
    人間の体はおなかをあっためるものをよりも、背中をあっためた方が体温を上げやすいことを知っていますか?体をあたためるときは、腹帯(ハラオビ)でおなかをあたためるのではなく、背中側を覆ってくれる衣類を選びましょう。
    出典 :出産と冷え性の関係 冷えない妊婦になる ガラガラガラ.com
  • 足湯、手湯

    足先が冷えてると感じたときには、足湯をしてみましょう。とくに寝る前は冷えやすくなっています。大きめのたらいか、バケツにお湯に入れて、両足をつけます。44度のお湯が、一番効果があります。ふだんのお風呂より、熱めのお湯です。両足をくるぶしより上、ふくらはぎくらいまでをお湯につけ、4分間そのままにして、両足を上げます。足の赤さを比べてみて、赤くないほうをもう一度、こんどは46度にしたお湯の中に入れます。これは、両足の左右差を均等にする方法です。終わったら、素早くふいて、靴下をはきましょう。

    妊娠後期にこの方法で毎日足湯をやると、全身の血行がよくなって、お産が楽になります。赤くないほうの足を、温度を上げたお湯で追加してあたためることによって、開きが悪いほうの鼠頚部の通りがよくなっていきます。骨盤の左右のバランスが整ってくると、脚が赤くなる度合いも少なくなってくるかもしれません。
    足湯をするとき、アロマのエッセンシャルオイルを1~2滴入れると、気分がゆったりしますが、妊婦に安心して使えるアロマオイルは限られています。オイルを選ぶときは、妊娠中、使うことのできる種類の中から自分の好きな香りのものを選ぶようにします(アロマの項参照)。からだを芯からあたためるオイルとして、ジンジャーが知られていますが、これはキッチンにあるしょうがをすりおろしても、同じ効果があります。絞りカスは肌に刺激があるので、汁だけを絞って入れるようにします。
    手首から先を同じようにあたためても、手先からあたたかみが全身に広がっていきます。朝起きたときや、外から戻ったときなど、洗面器にお湯をはって、その中に手を入れてあたためます。
    出典 :妊娠中の冷え:マタニティのセルフ・ケア - babycom birth
  • 毎日必ず湯船につかる
    お風呂は長い時間入れなくても、短い時間でも湯船につかると血流が良くなってきます。お風呂に入れないときは、足湯で暖めるようにして血液の循環をよくしましょう。
    出典 :出産と冷え性の関係 冷えない妊婦になる ガラガラガラ.com
  • 素足、ミニスカートはNG!
    基本的に素足で行動することは、よくありません。ストッキングや靴下を常にはき、冷やさないようにしましょう。夏は暑いため、足元のケアを怠りがちですが、ここは我慢のしどころです。冷え性対策は、夏でも冬でも季節に関係なく、下半身を重点的に暖めることを意識しましょう。
    出典 :出産と冷え性の関係 冷えない妊婦になる ガラガラガラ.com
  • 冷たいもには気をつけて
    キムチ、生姜、ミソなど体に熱を与える食べ物を取り入れ、冷たい飲みものを飲む回数を極力少なくしましょう。中国茶など冷え性に効用のあるもの取り入れるといいかもしれません。バランスの良い食事は、冷え性の改善の近道です。自分が不足しがちな栄養分は、積極的に取りましょう。
    例えば、カルシウムはししゃも、鉄分はヒジキ、葉酸はほうれん草、出産を機会に料理の知識と腕をUPさせてもいいかもしれません。これからは家族が増えるので、家族のために手料理をいっぱい作らなくちゃいけませんからね。
    出典 :出産と冷え性の関係 冷えない妊婦になる ガラガラガラ.com
  • 妊娠中は横になる
    妊娠中は、横になるだけで、子宮に流れる血液は約4割増えます。仕事をしているときや忙しいときでも、ちょっとの時間を積極的に作り、横になれる時間と場所をつくりましょう。立ち仕事の人は時々腰掛けて、足の血液を循環させる意識を高めましょう。
    出典 :出産と冷え性の関係 冷えない妊婦になる ガラガラガラ.com
  • 体を冷やしてしまう食べ物は食べ過ぎに注意しなくてはいけません。
    冷たい飲み物や甘いもの、糖分は体を冷やしてしまいます。
    またトマト、きゅうり、レタス、セロリなどの生野菜や糖分の多い果物(特に南国で取れるもの)も同じように体を冷やすので、程々にしましょう。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響|まさみの解説ノート
  • 冷え対策 ジンジャーティー

     

    妊婦の方だけでなく、どなたにも効果がありそうです!

  • 簡単マタニティーヨガ

     

    赤ちゃんのためにもヨガを始めてみませんか?

  • 妊娠中は、体を温めるに尽きます! お風呂や適度な運動も必要ですし、ファッションにも気を使いましょう。食材も「しょうが」は適しているようです。