爪周囲炎の原因は?原因を知って、予防をしましょう!

爪周囲炎の原因として、どんなことが考えられるのでしょうか?
考えられる爪周囲炎の原因は、日常生活の中にいくつかあります。
そのため、原因を知ることで、爪周囲炎の予防ができるのではないでしょうか。
ぜひ日頃から爪周囲炎の予防を行いましょう。

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 爪の周囲は刺激を受けやすい

  • 爪の周囲はいつも外傷などの危険がある場所です。
    出典 :「爪周囲炎」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
     

    日常生活の中で、手先を使うことはよくありますよね。
    そのため、爪の周囲は刺激を受けやすい部位と言えるでしょう。
    ケガも多く、切り傷、ささくれなど手荒れにもなりやすいのです。
    そのため、手先は爪周囲炎になる危険性も高いのです。
    また、手の指と同様に足の指も爪周囲炎になることがあります。
    その理由としては、足には様々な菌が繁殖しているからです。
    不衛生な状態になりやすい足の指の爪周囲炎にも気を付けたいですね。

  •  

    爪周囲炎の原因としては、まず爪の切り過ぎによる深爪やささくれなどの手荒れ、爪周囲の傷が挙げられます。
    また、マニキュアの汚れや爪を噛む癖がる場合も爪が不衛生な状態になりやすく、爪周囲炎の原因となります。
    足の爪の場合は、巻き爪が原因となることもあります。
    爪が皮膚に刺さり傷が付くことで、爪周囲炎になってしまうのです。
    特に女性はマニキュアの汚れや手荒れになりやすいため、爪周囲炎に注意したいですね。
    主に爪周囲炎の原因となる菌は、ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌、化膿性連鎖球菌です。
    これらが爪周囲の傷から入り込み感染することで炎症を引き起こします。

  • また、子どもがなることも多く、砂、泥、水、洗剤などの刺激物によって非感染性の爪周囲炎を起こしてしまうことがあります。
    出典 :【爪周囲炎の症状が原因で指が痛い】患部に膿がたまると良くない理由 | 【手の指が痛い】考えられる原因と対処法を紹介しています
     

    子供のうちは色々なものに触れるため、どうしても手に菌が付きやすくなってしまいます。
    外で泥遊びなどをした後は、菌をしっかりと除去することが大切です。
    また、子供のうちはまだ肌がデリケートな状態です。
    そのため、刺激が強い洗剤で手が荒れてしまい、そこから菌が感染して爪周囲炎になることも考えられます。

  • このように、爪周囲炎の原因は日常生活の中にたくさんあるのです。
    これらの原因に当てはまる人も決して少なくないはずです。
    爪周囲炎の原因を見てみると、いかに爪周囲炎が身近な病気であるかが分かりますね。
    このようなことから、爪周囲炎にならないためには日常生活の中で予防を行う必要があるでしょう。
    また、これらの原因以外にも、病気が原因で爪周囲炎になることがあります。
    爪周囲炎の原因となる病気として、糖尿病や末梢血管障害が考えられます。
    このような病気にかかっている場合は、爪周囲炎にならないようにしっかりと予防を心がけましょう。

  • 爪周囲炎を予防するためには?

  •  

    まず、爪周囲炎の予防として最も重要なのが手を清潔にすることです。
    前述したように、爪周囲炎の原因は菌が感染することです。
    そのため、手洗いを習慣にして手の殺菌を心がけましょう。
    特に子供は外で遊ぶことが多いため、手洗いをしっかりしてください。
    手洗いをすることで爪周囲炎の予防だけでなく風邪などの感染症も予防することができます。
    ぜひ、こまめな手洗いを習慣づけましょう。
    ただし、子供が手洗いする際には刺激が少ない洗剤を使うことが大切です。

  • 爪周囲炎の予防をするためには、爪周囲炎の根本的な原因を解決する必要があります。
    爪を切る際には切り過ぎに気を付ける、巻き爪の人はしっかりと治療を行うなど常に健康な爪を保つことが大切です。
    また、爪を噛む癖がある人は、この癖を直す必要があります。
    しかし、爪を噛む癖は簡単には治らないようです。
    簡単に治すことはできないかも知れませんが、爪を噛まないように心がけてみませんか?
    これだけで爪周囲炎の予防に繋がるかと思います。
    手荒れが気になる場合には、しっかりと保湿をすると効果的です。
    特に、乾燥が気になる冬の季節はハンドクリームが大活躍します。
    このように手のトラブルを予防することで、爪周囲炎も予防することができます。