パニック障害を完治させる方法は?

パニック障害は完治するのでしょうか・・・?答えは「完治します」
ここでは、パニック障害を完治する為の方法をご紹介します。

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パニック障害は完治するの?

  • パニック障害の発作が起きて、時間や期間が経過していたとしても、専門医を受診するようにしましょう。パニック障害は必ず完治する病気なのです。
    出典 :パニック障害の完治|心の病を治す
  • 専門医による治療が大切です

     

    パニック障害の専門は「精神科」「心療内科」です。症状によって内科を訪れる方もいますが、内科などの検査では異常が認められず、適切な治療が行われないケースもあります。症状が悪化すれば、予期不安・広場恐怖という重い症状を引き起こす可能性もあります。

  • パニック障害について

  • ◆パニック障害とは、

     

    動悸・息切れ・呼吸困難・冷や汗・体の震えや痺れ・強い不安感が起こり、10分以内で症状のピークを迎え、30分以内に治まります。

  • パニック障害の症状は放っておけば悪化する一方です。そしてパニック発作などの症状を恐れるあまり、鬱病などを併発することもあります(中略)おかしいと気付いたら早いうちに専門医を受診し、適切な治療を受けるようにすることが大切です。
    出典 :パニック障害の症状|心の病を治す
     

    早めに治療しましょう。

  • パニック障害の発症率

     

    パニック障害は65歳以上の人はほとんど発症しませんが、10代で発症するケースもあります。
    また100人に2人が発症すると言われており、珍しくない病気です。
    特に、30代前後で、男性より女性の方が多く、ストレスを強く感じている方がなりやすい傾向にあります。

  • パニック障害になりやすい性格

     

    ・生真面目・完璧主義・勝気な方
    ・神経質・心配症・ネガティブ思考の方
    ストレスや肉体的疲労もパニック障害の原因です。

  • パニック障害を完治させる為には・・・

  • ◆薬物療法

     

    パニック障害で投与される薬は、抗うつ剤・抗不安剤です。
    薬で症状を抑えますが、発症して間もなければ、薬だけで治る方もいます。

  • 現在、うつ病治療で主に使用されているのは、パロキセチン(商品名:パキシル)をはじめとする「選択的セロトニン取り込み阻害薬」(SSRI)と、「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」(SNRI)のミルナシプラン(商品名:トレドミン)である。
    出典 :SSRI、SNRIに続く新規抗うつ薬「NaSSA」登場:日経メディカル
  • ◆認知行動療法

     

    パニック障害の症状によって、薬と並行して認知行動療法を行うケースもあります。
    認知行動療法は、パニック障害の症状の影響で、日常生活に支障をきたしている方(外出できない・電車に乗れないなど)の治療です。

  • 発作が起きると怖がりすぎてしまうことで、できないことが増えてしまうこと、
    怖がっているうちに発作自体をさらに悪化させてしまうことが問題になります。
    このメカニズムを理解することは認知行動療法をやるうえでも大事になってきます。
    出典 :パニック発作がパニック障害になる原因 | 認知行動療法でうつ病も不安も解決 | 認知行動療法でうつ病も不安も解決
  • ◆丹田呼吸法

     

    パニック障害には呼吸法も効果があります。呼吸法によってリラックスができ、不安感をコントロールすることも可能です。
    丹田呼吸法はセロトニンを増やして症状が緩和されます。

  • 丹田とはお臍の下10cm位の所にある気が集まる部位(ツボ)です。この丹田のツボに意識をし、腹筋を使って深くゆっくりと腹式呼吸を行うことで、心身が穏やかになります。昔から健康増進と心身鍛練に欠かせない方法として現代にも伝わっています。
    出典 :パニック障害は呼吸法で|心の病を治す
     

    鼻で息を吸い込み、口から吐き出します。息を吐く方を長めにするのがポイントです。

  • ◆規則正しい生活

     

    規則正しい生活は健康の基本です。
    早寝早起き・バランスの良い食事・適度な運動を心掛けましょう。
    また、自分に合ったストレス解消方法も見付けましょう。