産まれた赤ちゃんに蒙古斑がない!どうして??赤ちゃんの蒙古斑 まとめ

出産をしたけれど赤ちゃんに蒙古斑がない!どうして?蒙古斑って赤ちゃんみんなあるものなのでは?と不安に思われているママさんへ赤ちゃんの蒙古斑についてまとめました。

  • green 更新日:2014/10/10

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蒙古斑ってどんなもの?

  • 蒙古斑とは、母親の胎内で、メラニンを生成するメラノサイトが表皮に出ていけずに真皮に留まってできる青あざです。出生時の9割の赤ちゃんに見られる程の確率で出現する、黄色人種によくある先天的なあざの症状です。
    出典 :蒙古斑(もうこはん)
  • 黄色人種にはほぼ必ずあり、ほとんどが5~6歳で消えます。時に四肢や体幹部などにできる場合があり(異所性蒙古斑)、このタイプは通常型より消えにくい傾向があります。
    出典 :蒙古斑| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 産まれた赤ちゃんに蒙古斑がないのって大丈夫なの?

  • モンゴロイドには出生時に90%以上蒙古斑が見られるそうです。
    100%ではないんですね。
    出典 :最近の赤ん坊には蒙古斑がない? - 妊娠 - 教えて!goo
  • 蒙古斑が1つの子もいれば数個できる子もいるそうです。
    出典 :最近の赤ん坊には蒙古斑がない? - 妊娠 - 教えて!goo
  • 蒙古斑は9割の赤ちゃんができるので、蒙古斑がないという場合もありえます。蒙古斑がなかったとしても何も心配することはないようです。

  • 異所性蒙古斑の治療法について知ろう

  • 異所性蒙古斑の治療法

     

    おしりにできる蒙古斑は5歳くらいまでに消えるのですが、腕や脚などにできる異所性蒙古斑は消えにくいようです。異所性蒙古斑の治療法についてみていきましょう。

  • 異所性蒙古斑の場合は保険適用のレーザー治療を受けることができます。
    出典 :蒙古斑(もうこはん)
  • 子供が成長する上で、異所性蒙古斑を外見的なコンプレックスにしないか。幼稚園や小学校で集団生活を送るにあたって、異所性蒙古斑が目立ってしまうか。いくつかの側面から考えて、専門医と対処を考えることをお勧めします。v
    出典 :蒙古斑(もうこはん)
  • 異所性蒙古斑の治療法

     

    異所性蒙古斑は、切除手術・レーザー療法・冷凍凝固療法の3つの治療方法があります。

  • 切除手術 患部の皮膚を切除し、皮膚を縫い縮める(縫縮)外科手術。患部の皮膚を切り取った後、縫合するため、患部周囲の皮膚に縮めるだけの余裕がなければ行えない(他の部位から皮膚を移植する植皮という方法もあるが…)こと、切除しても周囲に再発してしまうおそれがあるなどのデメリットが挙げられる。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識
  • レーザー療法 特定の色素に反応し吸収される性質があるレーザー光線(アザの治療には、主にQスイッチルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーを使用)の働きを利用してメラニン色素を破壊する治療法。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識
  • 冷凍凝固療法 液体窒素やドライアイスなどを使った治療法。超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、患部を急激に冷やす(超低温やけど)ことで皮膚表面の異常組織を壊死(メラニン色素を破壊)させる。ただし、効果が不十分であること、傷跡を残しやすく痛みが強いなどのデメリットがある。
    出典 :蒙古斑の原因と治療方法 コレだけは押える!青あざの基礎知識