残業続きのOL必見!【くすみ肌】を美肌にする方法ってあるの!?

仕事が毎日忙しくて、残業続きのOLは必見です! 仕事疲れのくすみ肌を美肌にする方法、教えちゃいます。

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 残業続きでくすみ肌・・・なんとかならない?

  • なんとかする方法をお教えします。

  • くすみ肌になる原因

  • そもそも、どうしてくすみ肌になっちゃうんでしょうね?

  • くすみを引き起こす原因のひとつとして、「うっ滞」が考えられます。疲労やストレスによって顔の血液やリンパの循環が悪くなるのです。そのため顔色が冴えなくなってしまいます。

    また、血液やリンパ液の流れが滞ることによって別のくすみの原因も引き起こされます。それは、肌の新陳代謝の遅れです。
    出典 :肌のくすみ、目の下のくま対策|エイジングケアのビューティバンク
     

    お肌がくすんでしまう原因の一つが、血行が悪くなってしまうこと。残業の疲れや睡眠不足はダイレクトに響きます。

  • 血液に含まれるヘモグロビンの量も関係しています。ヘモグロビンは鮮やかな赤色をしていて私たちの肌の色に大きく影響しているのです。ところが、加齢による皮膚表面の毛細血管の萎縮や疲労・ストレスによる血流の減少によりヘモグロビンの血中濃度が減少することによって、肌の健康的な赤みがなくなり青黒く見えてしまいます。
    出典 :肌のくすみ、目の下のくま対策|エイジングケアのビューティバンク
     

    こんな原因も。

  • 顔の血行不良や乾燥・肌荒れ、加齢によってこの新陳代謝は遅れがちになってしまいます。28 日で剥がれ落ちていくはずの死んだ角質細胞が肌に居座り続け、溜まっていってしまうのです(角質肥厚)。この居座り続ける古い角質細胞が肌をくすんでみせる大きな原因。死んだ角質細胞は普通の肌細胞に比べると黒いため肌のトーンが暗くなってしまうのです。
    出典 :肌のくすみ、目の下のくま対策|エイジングケアのビューティバンク
     

    お肌はつねに新しく生まれ変わっています。けれど、疲れやストレスはお肌の再生、ターンオーバーを邪魔してしまう。その結果、古い疲れきった皮膚が残ってしまうため、どんどんくすみ肌に。

  • 知っておいて!くすみ肌の解消法

  • 「でも、忙しいし…時間ないし…」そんな方のために、いつものメイクに加えるだけで簡単に美肌がつくれちゃう方法をお伝えします。それは、「コントロールカラーを使う」!
    出典 :くすみ肌の方へ朗報! たったひと手間で血色ピンクの美肌になる方法| Life & Beauty Report(LBR)
     

    コントロールカラーを使いこなせば、さっと顔色を調整することができます。

  • ●グリーン系
    ●イエロー系
    ●ブルー系
    ●ピンク系
    <使用する順番>
    化粧下地→コントロールカラー→最後のファンデーション
    出典 :くすみ肌の方へ朗報! たったひと手間で血色ピンクの美肌になる方法| Life & Beauty Report(LBR)
     

    ほんのちょっとのコントロールカラーを、お肌の状態に合わせて使えばあら不思議。そこにはピンクの血色美肌があります。メイクのテクニックですが、無いよりはマシ。

  • くすみ解消マッサージ

  • 1.準備として、洗顔を済ませ、マッサージクリームをたっぷりと顔全体に伸ばしておきます。

    2.両手の人差し指・中指・薬指をこめかみの下あたりにあて、そこから適度に圧力をかけながら耳の前、首筋と下方へ進み、鎖骨まで下ろします。

    3.おでこの真ん中に両手の3本指をあて、そこから適度に圧力をかけながら真横へ進み、こめかかみから直角に、2.同様に下方へ進みます。

    4.目尻に両手の中指をあて、目の周りの骨をなぞる感じで目の下を通って目頭まで、続いて目の上を通って目尻へ、適度に指圧しながら進みます。目尻から目の下を通って目頭へ、また目の下を通って目尻に戻ったらこめかみへ進み、そこから2.同様に下方へ進みます。3~5回繰り返します。目の周りの皮膚は薄くデリケートなため、強くこすりすぎないよう注意して行ってください。

    5.両肘を張って、中指・薬指の腹を目の下、鼻の両脇に押しあて、圧力をかけながら真横へ進み、こめかみから直角に、2.同様に下方へ進みます。
    出典 :クマ・くすみによる「疲れ顔」解消テクニック | スキンケア大学
     

    痛くなる程力はこめないようにしましょう。

  • やっぱり、睡眠時間を確保してしっかり休まないとくすみを完全に取ることはできません。ふかーいクマが目の下に刻まれてしまう前に、なんとか仕事を片付けられるよう努力する、というのも美容法。