クサ女子急増中!ノンシリコンシャンプー加齢臭の恐怖

突然ですが、みなさんはどのようなシャンプーはお使いでしょうか?
髪の毛や頭皮のために、是非良いシャンプーを選びたいですよね。
ノンシリコンシャンプーが頭皮に良いということはよく聞きます。
しかし、最近「ノンシリコンシャンプー加齢臭」という恐ろしい現象が起きているようなのです。

view234

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シャンプーの意味を改めて考えよう

  • みなさんは、シャンプーは何を基準に選びますか?
    私は成分と言うよりも、香りや使い心地で選んでしまうことが多いです。

    ふわっと香るシャンプーが素敵な匂いだったら、それだけで気分が上がります。

    ここではまず、シャンプーとは何なのかを改めて確認することにしましょう。
    みなさんのシャンプーに対する考え方は正しかったのでしょうか?

  • ★シャンプーの意味を再確認しましょう★

     

    シャンプーの語源はヒンドゥー語で「マッサージをして頭皮・毛髪を清潔に保つ」という意味を持つ言葉なのだそうです。

    正しいシャンプーの仕方は、頭髪を洗浄すること。
    これに尽きます。
    私のように、素敵な香りをさせるということがシャンプーの目的ではないのです。

    意外にも若い女性には私と同じ考えの方も多いようですが、みなさんきちんと頭皮を洗浄した上で
    素敵な香りをさせるように気をつけましょう。

    《正しいシャンプーの仕方》
    ①お湯の温度は38度位が適温です。
    熱すぎるとキューティクルが立ちあがって髪の毛が痛む原因の一つです。

    ②髪の毛を十分に濡らしてからシャンプー液を使います。
    この時、頭皮まで十分に濡らすことが重要です。

    ③髪の毛の痛みが気になる方は、シャンプーの前にトリートメントを使うと良いそうです。
    あくまでも毛先に軽く使用しましょう。

    ④シャンプー液を使って、頭皮を指の腹で優しくマッサージしながら汚れを揉み出すようなイメージで洗いましょう。

    ⑤すすぎも頭皮を中心に十分に洗い流しましょう。

    ⑥この後に軽くリンスやトリートメントを行います。
    べったりと付けるのは間違いです。

  • ノンシリコンとシリコンシャンプー

  • 最近急にTVなどで話題になっているノンシリコンシャンプー…。
    髪の毛に良いというけれど、本当のところはどうなのでしょうか。

    従来のシリコンシャンプーとの違いなどについても調べてみることにしました。

  • ★ノンシリコンとシリコンの常識★

     

    《シリコン》
    ケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂のこと。
    正式には「シリコーン」と呼ぶ。
    人体に影響が無いため、医薬品・化粧品・食品加工にも使われている身近な物質です。

    シャンプーに配合することによって指通りを滑らかにし、シャンプー時の摩擦軽減や痛みを軽減する効果があります。

    《ノンシリコン》
    ノンシリコンはシリコンを使用しないシャンプーのことです。
    出来る限り天然素材の原料を使うなど、自然派の方に愛されています。

    製品にもよりますが、より自然に近い製品だと香りが少なく、泡立ちも少なく、指通りもキシキシする場合があります。

    ★★重要★★
    テレビなどのイメージから、ノンシリコンシャンプーが良くて従来のシリコンシャンプーが悪いように思いがちですが、実はそんなことはありません。

    シリコンが毛穴に詰まる…と言うのは実は正確な情報ではないのです。
    毛穴に詰まってもすぐに流れてしまうので何ら問題はありません。

    それよりも頭皮をきちんと洗わないことの方が問題なのです。

  • ノンシリコンシャンプー加齢臭とは?

  • あたかもシリコンシャンプーが良くないと思い込んでしまった私達。
    今まで使っていたシャンプーから、ノンシリコンに変えた方も多いのではないでしょうか。

    しかし、シリコンシャンプーを使う人が増えたことにより「ノンシリコンシャンプー加齢臭」という奇妙な現象が起こり始めたのです。

  • ★ノンシリコンシャンプー加齢臭の正体★

     

    髪の毛や頭皮に健康であるはずのノンシリコンシャンプー。
    使ってみたら頭から加齢臭がするようになった…そんなのイヤですよね。

    実際、筆者もノンシリコンシャンプーは合いませんでした。
    洗った感がいまいち実感出来ないのと、良い香りがしてこないんです。

    《加齢臭の正体》
    ・ノンシリコンシャンプーはシリコンの代わりに油を使うことが多いそうです。
    この油分が酸化すると、頭皮の匂いと相まって加齢臭の様な臭いに繋がると考えられます。
    ドライヤーの熱でも、酸化は起こりやすいようです。

    ・ノンシリコンシャンプーは強い香りがありません。
    自然派の物ですと、本当にかすかに香りがする程度です。
    そうすると、自分の頭皮のニオイを感じやすくなります。

    ・泡立ちが少ないので、頭皮をきちんと洗えていない可能性があります。
    頭皮の汚れが取れていないところに香りが少ないのですから、これは臭いますね。

  • 以上のような結果をまとめると、使い心地や好みによってどちらのシャンプーを使っても良いことが分かります。

    特に「ノンシリコンシャンプー加齢臭現象」に悩まされている方は、安心して従来のシャンプーに戻してみて下さい。
    気になっていたニオイが嘘のように解消されたという方が多いです。

    正しいシャンプーの仕方で、清潔な頭皮を保ちましょう。