痛風の前兆を感じたら?!

痛風は突然激しい痛みが起こる!と言われていますが、実は痛風には前兆があると知っていますか?では、前兆とはどんなものなのでしょうか?前兆を感じたらどうすればよいのでしょう。解説していきます。

view451

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痛風の前兆症状

  • つま先がピリピリする、足の裏にしびれを感じる、あるいは足の指をどこかにぶつけたような違和感を感じるといったような具合です。このなんだか、ふにおちない違和感が、徐々に、足の親指の痛み-腫れとなって自覚されてくるといよいよ痛風の疑いが濃厚になってきます。
    出典 :痛風の初期症状・前兆(前触れ)について|痛風予防・改善ガイド
  •  

    前兆は足の親指の付け根など、下半身に起こることが多いようです。

  • 痛風発作の前兆が起こりやすいときって?

  • 痛風発作は忙しい仕事が続いている時、精神的なストレスを強く感じている時、激しい運動をした後、暴飲暴食をしたり、きつい靴をはいて長時間歩いた後、エアコンなどで体を冷やしてしまった後などに起こりやすいそうです。これらにあてはまることをした時に痛風の前兆があれば、痛風発作が出やすいといえるため注意するようにしましょう。
    出典 :痛風発作の前兆かどうかを判断するポイント?
  • 痛風の前兆症状がでたらどうする?

  • 前兆症状を自覚したときは、コルヒチンというお薬を1錠だけ服用すると、発作を予防または軽減することができます。前兆が発作へと変わり激痛が始まってしまうと、このお薬はほとんど効果がありません。
    出典 :痛風発作の前兆だと思ったら|痛風ナビ|日本ケミファ高尿酸血症・痛風の総合情報サイト
     

    発作が起きてから飲んでも仕方がありません。注意です!

  •  

    薬の使い方を間違えるとかえって痛みを招く恐れがあるので、注意が必要です。病院で処方されたものを用法容量を守っての飲むのが一番安心ですよ。

  • 痛風の前兆期の薬として痛風発作を予防または軽減する目的で使う薬がありますが、使うケースは限られてしまいますので、日頃から生活習慣の見直しや暴飲・暴食・ストレスといったものを避けて、できる限り血液サラサラ状態を心がけるようにしましょう。
    出典 :痛風の前触れについて | 血液サラサラで痛風を治す
     

    日常的に水分を多くとることもいいようです。

  • コルヒチンを飲むのは、白血球が関節の中に集まってくるのを抑える働きがあるからです。痛風の発作が起きると激痛が始まるのは関節にたまった尿酸結晶を、白血球が異物と認識して攻撃し始めるからです。ですから、それがはじまる前にコルヒチンで痛風発作を抑え込んでしまうというわけです。コルヒチンには、直接痛みを抑えたり尿酸値をさげる働きはありません。
    出典 :痛風予防薬「コルヒチン」を飲む際の注意点?
  • 前兆症状が出たということは尿酸の結晶がかなり体にたまっているということです。つまり何かのきっかけで痛風発作が起こるギリギリのところにいます。そのため、痛風発作発症の引き金をひかない様にすることが大切です。
    出典 :痛風発作の前兆症状 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 暴飲暴食&生活のリズムが乱れていた頃、似たような症状が出たことがあります。また激痛とまではいかないものの関節が痛むということが何度もありました。 その後、暴飲暴食をやめて生活のリズムを戻したところ、これらの症状がなくなったということを体験しています。
    出典 :痛風の初期症状の予兆
  •  

    痛風発作は生活習慣に大いに関係しますので、自分の生活週間を見直してみてください。そして、一時的にではなく、生活習慣を改善できるようにしたいものですね。

  • 病院受診をしよう!

  • 尿酸値が高く、足にも違和感がある場合、痛風発作が迫っている可能性があります。痛風発作は歩けなくなるくらいの激痛が特徴ですので、早めに医師に相談し、発作が起きたらすぐ飲める薬を処方してもらうと安心です。
    出典 :痛風はいきなりもたらされるのではない~痛風の前兆~ | 痛風!尿酸値が高くなったー|痛風改善と食事
     

    健康診断で尿酸値の高置を指摘されていたり、前兆を感じた方で病院受診をしていない方、痛風症状がないので治療を中断してしまっている方は、病院受診をお奨めします。痛風の前兆を感じて、対処をして、痛風発作を逃れたからといって、病気が治ったわけではありません。しっかり治療をしましょう!