梅干し食べて病気予防できるかな?

梅干しは昔からある食べ物ですけど、病気予防になるのでしょうか?

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 梅には強い殺菌作用もあります。
    梅の成分が腸内に入ると、豊富な有機酸が、腸内を一時酸性化します。
    ここに、外部から入った細菌は繁殖が出来なくなり、死滅する事になります。
    出典 :梅はなぜ体にいいのか
     

    これは良く知られていますね。

  •  

    お弁当に梅干し入れるのは先人の知恵ですね。

  • 梅は、成分のクエン酸がエネルギー代謝を活発にして、食べたものが効率よくエネルギーに変える働きがあります。 つまり、食べたものが中性脂肪などとなって体に残らないようにしてくれるのです。
    出典 :梅干しの健康効果
     

    中性脂肪が体に残らないのは嬉しいですね。

  •  

    要はダイエットにも有益ということですね。

  • 活性酸素は癌や生活習慣病を引き起こす原因といわれていますが、梅干しに含まれるフラボノイドには酸化反応を抑制する作用があり、細胞や組織が酸化するのを防ぎます。
    出典 :抗酸化作用 | 梅(梅干し)の効能 | 紀州梅効能研究会
     

    活性酸素は体に悪いとよく聞きますが、その活性酸素の抑制まで梅干しはしてくれます。

  • 血糖値を下げる効果

    梅干しを食べるとインスリンの働きが高まり、血糖値を下げ、ひいては糖尿病や高脂血症の予防効果につながります。つまり梅を食べるとアディポネクチンが増加してインスリンが働きやすくなるというわけです。
    出典 :梅干しの健康効果
     

    糖尿病予備軍がたくさんいる昨今では嬉しい効能です。

  •  

    もちろん絶対に予防できるという訳ではありませんが、食べないよりはマシだと思います。

  • (梅干しの食べ合わせ)きのこや納豆などとの食べ合わせは、有機酸の効能が高まり、下痢予防、消化吸収促進、食欲回復などを助けます。いわし、さんま、きゅうり、しそ、などとの食べ合わせは、疲労回復や、コレステロール排除、高血圧の予防に効果的です。
     

    梅干しと他の食材との食べ合わせでさらに効果が上がるのですね。

  • 二日酔いになると体内は酸性に傾きますが、アルカリ性食品の梅干しを食べると、からだが弱アルカリ性に変わり、二日酔いの回復を早める効果があります。
    出典 :梅干の効能:一日一粒の梅干で健康回復: 梅干の効能(荒牧麻子先生)
     

    お酒好きの方には嬉しい情報ですね。

  • お酒を飲む前に梅干を食べておくと、胃の粘膜が保護されるため、アルコールの刺激を緩和できるのです。また、飲みすぎて、二日酔いになってしまったときに食べると、荒れた胃の粘膜の修復が早くなります。
    出典 :梅干の効能:一日一粒の梅干で健康回復: 梅干の効能(荒牧麻子先生)
     

    お酒前の梅干しは覚えておいた方が良いかもしれませんねぇ。

  •  

    梅干しはホント万能ですね。

  • 梅の中には、胃に障害を及ぼすヘリコバクターピロリ菌の運動能力を阻害または抑制する効果のある物質が含まれていることを見いだし、その物質の構造についても分析することに成功しました。
    出典 :胃がん(胃ガン・胃癌)予防・抑制効果 | 梅(梅干し)の効能 | 紀州梅効能研究会
     

    胃がんに対する予防効果もあるのですね。

  •  

    健康を考えるなら梅干しは食べた方が良いですね。

  • 肝臓は解毒(有害物質を無害にする)という重要な働きをする臓器です。
    梅を毎日食べるという事で、体内の有害物質(放射能をも)も体外に排出する
    という説もあります。
    出典 :梅はなぜ体にいいのか
     

    放射能うんぬんはまだ説の段階ですので、話半分で聞いてください。

  • 血液中に乳酸がたまると細胞の老化につながり、動脈硬貨、高血圧、肝臓病、腎臓病、神経痛などの遠因になるといわれています。焦性ブドウ酸は乳酸になりやすく、乳酸を作り出さないようにクレーブス・サイクルをスムーズに回転させる促進役がクエン酸つまり梅干です。クエン酸には、乳酸を水と炭酸ガスに分解して体の外に追い出す働きがあります。又新しい乳酸の生成も抑制します。梅干が、オールイテイのイメージをもって古くから愛されてきたことには、このような科学的根拠があるのです。
    出典 :梅干っていいそ!! 梅干しの効能  かおるの梅
     

    科学的根拠があるので信用できますね。