知っておこう☆飲酒がもたらす臓器への危険!!

お酒を飲むと気分がよくなりますよね☆
しかし飲み過ぎると、様々の臓器に影響があるのです!

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臓器障害

  • 臓器

     

    アルコールが引き起こす病気というと、まず肝臓病を思い出すでしょうが、大量飲酒は、じつは肝臓だけでなく、ほとんどすべての臓器に障害をもたらします。

    引用:http://www.suntory.co.jp/arp/main/dreadful/

  • 口腔・咽頭

  • 口腔・咽頭がん

  • 急性アルコール中毒
    アルコール依存症

  • 食道

  • 食道炎
    食道がん
    食道動脈瘤

  • 肝臓

  • 脂肪肝
    アルコール性肝炎
    肝線維症
    肝硬変

  • 胃炎
    胃潰瘍
    胃がん

  • 慢性

  • 慢性アルコール臓器障害
    血液中に入ったアルコールの90%は肝臓で代謝されるので、肝臓が障害を受ける頻度が高くなっています。そのほか、糖尿病、胃腸病、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)(狭心症(きょうしんしょう)・心筋梗塞(しんきんこうそく))、高血圧、造血器障害(貧血など)、大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)、末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)などを発症させる誘因となります。
    出典 :飲酒と健康障害 とは - コトバンク
  • 飲み過ぎ

  • 負担

     

    お酒が悪影響を及ぼす臓器は肝臓だけではありません。糖尿病やすい炎などのすい臓の障害のほか、消化管、循環器系、脳、末梢神経障害など、全身の臓器におよび障害が現れます。さらに、アルコール依存症をきたすこともあります。これらの臓器障害は自覚症状のないままに進行してしまうので、定期健診などで早期発見、早期治療を心がけましょう。
    引用:http://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/guidebook/health/bad/