【何故眼がかゆくなるの?】花粉症の仕組みと予防法

花粉が飛び交うこの季節。掻いてはいけないとわかっていても、ついつい痒さに負けて眼を掻いてしまいますよね。真っ赤に充血した眼を見て『あぁ、また掻いちゃった…』という後悔。
何故花粉症になると眼が痒くなってしまうのでしょうか?今回は『眼が痒くなる仕組みとその予防法』について詳しく調べてみました。

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『花粉症』で眼が痒くなるのは何故?

  • 私たちの身体には、体内に入ってくる細菌やウイルスといった異物を排除しようとする働きがあり、これを免疫といいます。免疫反応が起こると、組織に炎症が引き起こされます。かゆみとは、組織が炎症を起こした結果、あらわれる症状の一つです。
    出典 :かゆみのしくみ|目のかゆみ|目の症状セルフチェック|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 本来私たちの身体は、花粉などを異物とは感じないため、この免疫反応が働かないしくみになっています。しかし、アレルギー体質の人は、花粉やハウスダストでも異物だと感じて免疫反応が起こるため、かゆみなどの不快な症状があらわれます。
    出典 :かゆみのしくみ|目のかゆみ|目の症状セルフチェック|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    身体が花粉を『異物』と認識して強い免疫反応(拒絶反応)が起こるため、激しい炎症や痒みを引き起こしてしまうのですね。

  • アレルゲンが目に侵入すると、免疫に関わる細胞(肥満細胞など)が刺激を受けて、ヒスタミンという物質を放出します。このヒスタミンは目の知覚神経などを刺激して、目に強いかゆみを引き起こしたり、血管を広げて充血を引き起こしたりします。つまり、ヒスタミンの働きを抑えることで、かゆみの症状を和らげることができます。
    出典 :かゆみのしくみ|目のかゆみ|目の症状セルフチェック|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    痒みの原因物質である『ヒスタミン』をおさえる=痒みがおさまる、という仕組みですね。

  •  

    免疫細胞は『身体を守ろうとして』激しい免疫反応を起こすわけですが、結果的にその免疫反応により発生するヒスタミンに苦しめられているわけですから、私達にとってはありがた迷惑のような反応ですね。

  • かゆいからと目をこすり過ぎると結膜や角膜(黒目の部分)を傷つけてしまうことがあります。さらには「角膜炎」や「角膜びらん(ただれ)」を引き起こし、視覚障害が残るケースもあるので、注意してください。
    出典 :花粉症 | 目のかゆみはどうして起こるの? : 対策・薬 - セルフドクターネット
     

    『痒さ』が耐えがたいものであることはよくわかりますが、思うまま眼を掻いてしまうと眼が傷ついてしまいますし、そこから眼病に発展してしまう可能性もあります。むりやり掻くのではなく、眼薬等を使って痒みをおさえるようにしましょう。

  • 目の表面にアレルゲン(アレルギー反応を起こす物質)が付着することで、結膜に炎症が起こり「目のかゆみ」や「充血」などが出る症状をアレルギー性結膜炎と言います。 結膜とは、まぶたの裏側と白目を覆っている粘膜のことです。花粉症もそのひとつで、花粉がアレルゲンとなって発症する季節性アレルギー性結膜炎と呼ばれています。
    出典 :目の症状|花粉症ナビ
  • 【皆はどうしてる?】眼の痒み対策

  • 目についた花粉やほこりなどの異物を取り除くのに、目を洗うのは効果的。ですが、目の表面は涙で覆われており、その涙が目を守っています。涙と成分の異なる水道水などで目を洗うことは、目の細胞を傷つけ、また涙も洗い流してしまいます。目を洗うときは、市販の人工涙液などを使ってください。
    出典 :目と鼻のセルフケア|花粉症ナビ
     

    花粉の飛来する時期は、帰宅後すぐにでも洗面所で眼を洗いたい感覚に陥りますが、『水道水』で眼を洗うのは避けた方が良いのですね。眼を洗う場合はしかるべき人工涙液を使用しましょう。

  • 花粉が目に直接侵入しないためには、コンタクトレンズよりも眼鏡が有効です。普段コンタクトレンズを使用している場合は、花粉症の症状が出やすい時期だけ眼鏡を併用すると症状も和らぎます。
    出典 :ログイン|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
  • コンタクトレンズを装着して外出する際は、だて眼鏡やサングラスを併用すると更に予防できます。仕事等コンタクトレンズの方が都合のよい場合は、その上にだて眼鏡をかけるだけでも症状が和らぎます。
    出典 :花粉症、目のかゆみと充血対策
  • コンタクトを使う方は、2週間使い捨てタイプであれば1日使い捨てタイプに替えるように指導します。レンズに花粉が吸着しやすく、擦り洗いしても完全に除去しきれない場合も多いからです
    出典 :【気になるこの症状】コンタクトレンズ使用者の花粉症対策 使い捨てワンデータイプが最適 - 健康・医療 - ZAKZAK
     

    なるほど!一度使用した際にレンズに付着してしまった花粉を取り除くことが難しく、そのまま花粉を持ち歩くことになってしまうのですね。花粉飛散の時期だけでも、1日使い捨てタイプを検討したほうがよさそうです。

  • だて眼鏡やサングラスは正面からの風邪や花粉は防ぐことができますが、空気中を浮遊している花粉は横からも侵入してきます。その際は顔のラインに沿って保護できる花粉症専用の眼鏡が効果的です。自転車をこぐ時や風邪を受けやすい状況では、眼鏡よりもはるかに効果が期待できます。
    出典 :花粉症、目のかゆみと充血対策
  •  

    左図のような『花粉対策メガネ』は、隙間から花粉が侵入しないよう、全体的に眼を覆うようなつくりになっています。

  • 目の症状だけなら、目薬で十分です。抗アレルギーの点眼薬を本格飛散の2週間前に使い始めれば、炎症予防になります。じっさいに花粉が飛び始めてひどい症状が出た場合は、ステロイドの点眼薬を加えてかゆみを抑え、症状が治まってからふたたび抗アレルギー薬のみに戻すこともあります。
    出典 :今年は泣かない!目の症状をスッキリ解決|花粉症対策 healthクリック
  • 目薬も冷やしたものを使うと、かゆみを感じにくくなるといわれています。最近では、目薬を冷たいまま持ち歩くためのケースも出ているみたいですよ。
    出典 :今年は泣かない!目の症状をスッキリ解決|花粉症対策 healthクリック
     

    『目薬を冷やす』というのは意外ですが、確かにひんやりとして効果がありそうですね!身体が痒い時も、『冷やす』と心なしか痒みがおさまる気がしますよね。

  • いかがでしたか?
    強い眼の痒みは耐えがたい苦痛ですし、どうしても集中力が途切れて勉強や仕事にも支障がでてきてしまいますよね。できるだけ多くの予防法・対策を実践し、少しでも眼の負担が減るように頑張りましょう!