妊娠中やっておいた方が良いこと3つ 妊婦は暇じゃないのだ~

元気な赤ちゃんを産む為に妊娠中やっておいた方が良いことは3つです。「妊婦は暇」なんて誰が言ったんでしょう。妊婦さんはやることがあるんです!

view566

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 元気な赤ちゃんを産むためにやっておいた方が良いこと

  • 赤ちゃんに元気な状態で生まれてもらうためにも、栄養の豊富な食事や場合によってはサプリメントを積極的に摂る必要があるといえるでしょう
    出典 :元気な赤ちゃんの出産には葉酸が重要! [栄養管理] All About
     

    栄養たっぷりの食事と食事だけで足りない場合は、サプリメントで補給すると良いようです。

  • 具体的にお腹の赤ちゃんに必要な栄養素ってなんでしょう?

  • おなかの赤ちゃんが必要としているのは、主にブドウ糖なので、そのための主食(ごはんなど)は適量をしっかりとりましょう。
    出典 :赤ちゃんの健康のために、妊娠中のママが食事で気を付けたいこと。|パルシステムの子育て応援!
     

    胎児はブドウ糖を栄養にして成長していますので、ご飯やパン、バナナなどを食べると良いそうです。

  • 牛乳・乳製品だけでなく、小魚、大豆製品、野菜などいろいろな食品でカルシウムをとるように心がけましょう。妊娠中はとくに、赤ちゃんの骨格形成のため欠かせない栄養素のひとつです。
    出典 :赤ちゃんの健康のために、妊娠中のママが食事で気を付けたいこと。|パルシステムの子育て応援!
     

    骨格を作るのはカルシウムなので、カルシウムが多く含まれる魚や大豆を食べるようにしましょう。簡単なのは、焼き魚や豆腐、納豆なので、和食を心がけると良いのではないでしょうか?

  • 胎児の神経管の形成は、胎生3~4週に始まりおよそ28週目まで行われます。この過程で障害があった場合、胎児神経管形成障害が発生します。赤ちゃんが二分脊椎など先天性の異常を持って生まれてきてしまうのです。
    この原因となるのが、栄養の不足、特に葉酸の不足が原因とされています。
    出典 :2/4 元気な赤ちゃんの出産には葉酸が重要! [栄養管理] All About
     

    葉酸が不足すると、タンパク質の合成や細胞の分化が正常に行われず、造血機能が正しくキープされません。
    葉酸は、胎児にとって欠かせない栄養素と言われていますので、妊婦さんは積極的に摂るようにしましょう。

  • 葉酸はどんな食べ物に多く含まれているのでしょう?

  •  

    葉酸が多く含まれる食べ物の例です。
    これらを積極的に食べるようにしましょう。

  • 野菜が苦手だったり、つわりであまり食べられない妊婦さんは、サプリメントで不足している葉酸を補いましょう。

  • ベルタ葉酸サプリ

     

    無添加で、安心のサプリメントです。一日に必要な量の葉酸や美容成分も含まれているので、ママにとっても嬉しいでしょう。

  • 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

     

    変わったネーミングですが、妊婦さんのために研究されて作られたサプリで、こちらもおすすめです。

  • 妊娠中の体重管理は母子ともに元気な出産を迎えるために大切です
    出典 :妊娠中の体重記録は元気な赤ちゃんを産むのに大切です![カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など17000件以上
     

    体重は、増えすぎても減り過ぎてもいけないと言われています。

  • お医者さんと最終目標体重・妊娠22週までの目標体重をはっきりさせ、1週間に何gまで増加して良いかを決めます。そして、体重を起床時と就寝前の1日2回測り、起床時と就寝前の体重の変化をグラフにします。体重が増加した際にはそれがどうしてなのかを自分で思い当たることがあれば簡単にメモするようにします。
    出典 :妊娠中の体重記録は元気な赤ちゃんを産むのに大切です![カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など17000件以上
     

    メモを参考にすれば、食事の内容や食事の時間を調節することができますので、体重管理はしやすくなります。

  • 出産のときは予定日を過ぎるのが嫌でというか気になって、予定日数日前から、産むための運動に入りました。もう安定期ですから、いつ出産してもいいわけですから、動いたほうがいいと思います。私は、ベテラン助産師さんにアドバイスを受けて、とにかく歩きました。これが一番早いのよ。と言われ。
    出典 :[Q&A] 予定日をなるべく超過しない為には 【OKWave】
     

    出産予定日を超過しないために、ウォーキングなど軽い運動をしておいた方が良いようですね。
    予定日を超えても陣痛が来ない場合、胎児はお腹の中でどんどん成長していき、分娩が大変になります。
    もちろん、お母さんの体重も増えていくでしょうから、どちらにしても良くありません。
    赤ちゃんが下に降りてきて、お産準備に入れるよう、散歩などをしておきましょう。

  • いかがでしたか?元気な赤ちゃんを産むためにやっておいた方が良いことは、栄養を摂ることと、体重管理と、軽い運動の3つです。もう妊婦は暇なんて言ってられませんね。
    10か月間、この3つに気を付けて、ぜひ元気な赤ちゃんを産んでください!