肌は脳の鏡?!脳と肌の深〜い関係

脳と肌って全然関連性がないように感じませんか?でも実は脳とお肌も密接な関係があるんです。

  • osugi 更新日:2014/02/21

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレスを感じると肌に悪影響なのは気のせいじゃなかった!

  • 皮脳同根

     

    皮膚と脳とが、同じ根を持っているという意味です。これは、美容や健康、ストレスなどが影響する、肌や身体の状態についても非常に深く関わっている話です。

  • 受精卵は次第に分化して、外胚葉、内胚葉、中胚葉とグループ分けされて成長していきます。脳も皮膚も、外胚葉から作られます。つまり皮膚も脳も由来は同じと言うことです。
    出典 :脳とお肌の深い関係 メディカルハーブでリラックス(Life & Beauty Report) - エキサイトニュース
  • 皮膚は「第二の脳」といわれるくらいの感覚器官です
    出典 :皮膚と脳と感情の密接な関係|潜在意識と仲良くなるためのタロット&インナーチャイルドセラピー 東京
  • 脳疲労は肌にもトラブルが起きるんです。
    出典 :肌と脳の関係
     

    脳が疲れてしまうと、その脳を回復させようと血液を通じて酸素や栄養分を脳に運ばれます。そうした事で脳は回復するんですが、逆に肌を回復させようとする血液が不足してしまうんです。こうした事が肌へのトラブルに繋がってしまうんです。

  • 実際に、脳年齢が若い人ほど見た目が若く、肌を調べても肌のキメが細かく肌水分量も多い傾向があるといわれています。
    出典 :脳年齢と肌水分量の関係とは?
  • 脳を活性化してツルツル美肌を目指しましょう!

  • 日中は活動的に
    出典 :脳年齢と肌水分量の関係とは?
     

    朝起きたらまずカーテンを開けて朝日をたくさん浴びるようにし、日中も活動的に過ごすようにすると脳が活性化します。日中にショッピングをするということでも脳は十分に活性化します。

  • パソコンのし過ぎは脳内疲労がたまる
    出典 :脳内疲労と肌トラブル : スキンケアで美肌を目指そう
     

    活動モードを司る交感神経が常に優位になってしまうため、休をリラックスさせる休息モードの副交感神経への切り替えがうまくいかなくなります。そのため、寝つくのが難しい状態になってしまい、常に脳内疲労を感じる状態が続いてしまうのです。

  • 文字を書く
    出典 :脳年齢と肌水分量の関係とは?
     

    人類は手を使うことによって脳機能が発達したと言われており、手を使うと脳の血流量が何倍も増加します。ピアノやギターなどの楽器を弾くことは手も使うだけではなく、聴覚も刺激するため、脳を活性化する方法としては理想的です。ボケ防止のためにピアノを始めると良いといわれるのもこのためです。

  • 適度な運動
    出典 :脳年齢と肌水分量の関係とは?
     

    適度な運動は脳や全身の血流量を増やすだけでなく脳をリフレッシュさせる効果もあります。ストレスを感じるような激しい運動ではなく、無理なく楽しめる程度の運動(ウォーキングやジョギングなど)を定期的に行いましょう。

  • 新しいことをする
    出典 :脳年齢と肌水分量の関係とは?
     

    今まで経験したことのなり新しい事をすると、脳は劇的に活性化します。自分なりの趣味を探したり、恋愛をしたり、習い事を始めるなどが理想です。

  • 「絶対キレイになる!」と願いながらのケア

     

    いつの普通に使う化粧水も、キレイになれる肌の可能性を信じて、優しく肌を労わりながら使うことで、翌日の美肌度がupしますよ!

  • タッチセラピー

     

    人の肌に優しく触れたり、軽くマッサージしてあげることで、脳からオキシトシンと呼ばれるホルモンが分泌され、イライラや怒り、悲しみの感情を和らげることができます。人の肌に触れるということは、その人の感情に触れるということなのです。

  • フェイシャルマッサージ

     

    皮膚をトリートメントすることによりストレスケアができます。
    つまり皮膚のリラクゼーション=脳のリラクゼーションってことです。
    寝る前のほんの少し時間のマッサージが、顔の血行を良くし、肌荒れ、くすみ、シワなどの予防や、翌朝の顔のむくみ解消にもなります。