子宮筋腫の貧血の治療について

女性なら誰でも関係のある子宮筋腫の事や、子宮筋腫の貧血の治療について調べました。

  • ssay 更新日:2014/03/25

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮筋腫とは

  • 子宮筋腫とは子宮の筋肉から発生した腫瘍で、カプセルに包まれたような形をしています。子宮筋腫は良性疾患なので命に別状はありません。しかし、子宮筋腫にかかる女性は、とても多いことがわかっています。
    出典 :子宮筋腫|四谷メディカルキューブ
  • 40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれています。

  • どのような症状か?

  • 代表的な症状は月経量が多くなることと月経痛です。その他の症状としては月経以外の出血、腰痛、頻尿等があります。症状は、できた場所によってまちまちですが、子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強く、月経量が多くなります。
    出典 :子宮筋腫:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 子宮筋腫と貧血

  • 主な子宮筋腫の症状でもっとも多い症状は月経の変化ですが、生理時の出血が多くなることから、貧血の症状を起こしてしまいます。 子宮筋腫にかかった多くの女性が、この貧血に悩まされています。
    出典 :子宮筋腫と貧血 - 子宮筋腫の正しい知識
  • 子宮筋腫にかかると月経時の出血が多くなるため、自分でも気がつかないうちに、ひどい貧血の状態になってしまうことが多くあります。

  • どうして子宮筋腫が貧血につながるのか

  • 子宮内の腫瘍により、月経時に剥がれ落ちる子宮内膜の面積が増え、月経血過多が起こります。すると、月経時に多量の血液を使ってしまい貧血となるわけです。
    出典 :子宮筋腫にご注意を
  • ただし、子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、通常、特に症状が出ていなければ経過観察だけで済むようです。
    出典 :子宮筋腫にご注意を
  • とはいえ、貧血の原因が鉄欠乏なのか子宮筋腫なのかは自分の判断だけではわかりません。婦人科健診を受ける必要があります。

  • 子宮筋腫の貧血の治療

  • 貧血の症状がでている場合には、子宮筋腫の治療法も多様なものになります。子宮筋腫を取り除くことが一番の解決策になりますが、年齢などによっては手術が難しい場合もあります。
    出典 :子宮筋腫と貧血 - 子宮筋腫の正しい知識
  • 手術を考える時とは

  • 子宮筋腫によって月経の出血が多くなったり、貧血がおきたりすると、治療が必要になります。貧血にたいしては鉄剤などを使用するとかなり改善しますが、子宮筋腫の症状で多くみられる月経時の出血量そのものを減らす事はできません。
    出典 :子宮筋腫の治療法 - 子宮筋腫の正しい知識
     

    筋腫が粘膜下にできている場合、出血量を減らす事が難しくなります。
    手術による摘出治療を考えなくてはなりません。

  • 薬治療が可能か?

  • 子宮筋腫が卵巣ホルモンのひとつであるエストロゲンの働きで大きくなるといわれている事から、卵巣ホルモンの分泌を一時的に抑えて筋腫を小さくしようとする治療法「GnRHアナログ」(性腺刺激ホルモン放出ホルモンの有導体)の投与があります。
    出典 :子宮筋腫の治療法 - 子宮筋腫の正しい知識
  • 投薬治療は、月経が止まり、一時的に更年期の閉経に近い状態になるため、これによって多くの筋腫は小さくなります。しかし、しばらくするとまた月経が始まります。
    今のところ、投薬治療では子宮筋腫そのものを消失させてしまうことは出来ないと言われています。