目の充血がひどい!強膜炎の原因として考えられること

目の充血が主な症状である、強膜炎の原因は一体なんでしょうか?
また、強膜炎の症状についても説明します。

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 強膜炎の症状

  • 強膜炎の主な症状は眼球の強い痛み、及び充血が認められます。
    触れると痛みが走るのはもちろんですが、風が吹いた程度の刺激でも目が開けられないほどの痛みを伴う場合もあります。
    出典 :強膜炎(症状・治療等)
     

    人と接する仕事の場合はなるべく早く治したいですね。

  • 激しい疼痛(しばしば深部痛、穿刺痛として特徴づけられる)により、睡眠や食欲が妨げられる。
    羞明および流涙を生じることがある。
    出典 :強膜炎 - Wikipedia
     

    悪化すると日常生活に支障が出てしまいます。
    診察は早めに受けることをお勧めします。

  • 重症の場合には、強膜が薄くなって目の中のぶどう膜が透けて見えるようになったり(強膜(きょうまく)ぶどう腫(しゅ))、孔(あな)があいたりすることもあります。
    出典 :強膜炎/上強膜炎 とは - コトバンク
     

    病院に行かずに放置することは絶対にやめましょう。

  • 結膜炎との違いは?

  • 目が充血した際に、まず初めに結膜炎を疑う人が多いかと思います。
    結膜炎と強膜炎にはどんな違いがあるのでしょうか?

  • 結膜炎の場合は大きな痛みは伴わず、目の充血も表面上のものであり、鮮明な赤色をしていますが、強膜炎の場合は眼球の深い部分での炎症となり、目の充血度合いとしては結膜炎よりも濃い色をしている場合がほとんどです。
    出典 :強膜炎(症状・治療等)
     

    充血や痛みが酷い場合には強膜炎と考えて良いでしょう。

  • しかし、結膜炎と強膜炎が同時に発症してしまっている場合は判別がつきにくく、強膜炎でありながら、結膜炎と勘違いしてしまい、そのまま放置してしまうと言うケースも多くあるようです。
    出典 :強膜炎(症状・治療等)
     

    前述したように、放置すると症状が悪化してしまいます。
    例え強膜炎ではなく結膜炎かな?と思っても、自分で判断せずに診察を受けましょう。

  • 強膜炎の原因

  • 原因疾患として、多くは関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、結節性多発動脈炎、ウェゲナー肉芽腫症、再発性多発軟骨炎、強直性脊椎炎など結合組織疾患で、少数例は感染症に起因する。
    出典 :強膜炎 - Wikipedia
  • 強膜炎には、びまん性強膜炎や結節性強膜炎(けっせつせいきょうまくえん)などいくつかの型があり、関節リウマチやウェジナー肉芽腫症(にくげしゅしょう)などの全身疾患にともなって生じることもあります。
    出典 :強膜炎/上強膜炎 とは - コトバンク
     

    強膜炎の型によっても原因は異なるようです。

  • 主な原因としては重度のストレスや細菌の感染などが挙げられますが、直接の原因はまだ分かっていません。
    出典 :強膜炎(症状・治療等)
  • 強膜炎は、まだ原因が分かっていない目の病気です。
    しかし、疲れている時やストレスが溜まっている時に発症しやすくなるようです。
    そのため、日頃からストレスを溜めないように工夫することが予防につながるでしょう。

  •  

    ストレスや疲れは、目の病気だけでなく様々な病気の原因となります。