妊娠中の腰痛対策、あなたは大丈夫?原因と対策を知りましょう

妊娠中の腰痛対策、あなたは大丈夫? 腰痛の原因と対策を知りましょう。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の腰痛、どうして?

  • 妊娠してお腹が大きくなると、その分腰に負担がかかるので腰痛になりやすいと考えられがちですが、実際はお腹が目立って大きくなくても、腰痛が起きるケースも多いのです。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 確かに、痩せていても腰痛の人はたくさんいますものね。

  • 妊娠中の腰痛を生み出す2つの理由!

  • 妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。一つは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。もう一つは、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復しにくくしたり、関節への負荷が強まることによるものです。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • ホルモンの影響を考えよう

  • 妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 重心の変化で腰痛に

  • お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 腰痛になるとこんな痛みが

  • ■恥骨結合機能不全(恥骨離開)
    ■腰椎と仙椎の痛み(腰痛)
    ■後部骨盤痛(仙腸関節痛)
    出典 :妊娠中の3タイプの痛み - 女性の腰痛&骨盤ケア
  • 恥骨部分は女性ホルモンの影響で、腰椎と仙骨、後部骨盤部分の痛みは重心がかかる位置が変わることによって生まれます。

  • 腰痛対策をやってみよう

  • 妊娠中の妊婦さんが腰痛を解消・予防していくためには、「腰にかかる負担を軽減し、血流を促進する工夫をすること」が大切になります。
    出典 :妊婦の方が妊娠中に腰痛に悩まされる2つの原因と対処方法 | iGotit
  • 重いものを持ったり、長時間同じ姿勢でいるなど、腰に負担のかかる運動を避ける
    定期的に腰がリラックスしている状態での休息をとる
    妊婦さん用の腰痛ベルトや帯を利用する
    良い姿勢を意識して生活する
    立ち上がる時など負荷がかかる時は足を閉じて動作する
    妊娠前に腹筋や背筋等体幹を鍛えておく
    出典 :妊婦の方が妊娠中に腰痛に悩まされる2つの原因と対処方法 | iGotit
  • 腰痛対策をざっと並べるとこんな感じです。妊娠中の腰痛対策は、無理をしない、事前に準備をしておくことで大部分を軽減することができます。腰痛になってしまうと大変ですから、腰痛になるまえに対策しておきましょう。