産後、パパがパタニティブルーに!そんな時どうする?

産後にうつ状態になるのはパパも同じで、最近では「パタニティブルー」と呼ばれています。
我が子が産まれて嬉しいはずなのに、なぜパタニティブルーになってしまうのでしょうか?
また、旦那さんがパタニティブルーになった際の対処法は?

view53

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パタニティブルーになる3つの原因

  •  

    ママだけでなく、パパにとっても我が子の誕生は嬉しいに違いありません。
    最近では育児に協力的なイクメンパパも増えています。
    しかし、その一方でパタニティブルーに陥るパパもいるのが現状です。
    パタニティブルーの割合は、全体の約10%と言われています。
    このパタニティブルーは最近使われるようになった言葉なので、まだまだ世間には浸透していないかも知れませんね。
    簡単に言うと、ママに起こるマタニティブルーのようにうつ状態になることを指します。
    しかし、なぜパパがうつ状態になるの?と疑問に思う人も多いかも知れません。
    パタニティブルーの原因として、どんなことが考えられるのでしょうか?

  • 旦那さんがパタニティブルーになったら?

  • ・睡眠不足  ・わけもなく落ち込む ・食欲不振
    ・興味喪失  ・疲労感  ・追い詰められていると感じる
    出典 :父親の産後うつに気をつけて! 「パタニティブルー」の原因と対処法 - Ameba News [アメーバニュース]
     

    パタニティブルーになると、このような症状が表れます。
    また、子供に対して冷たい、頭痛、肩こり、口の渇きを感じる人も居ます。
    酷い場合にはパタニティブルーからうつになってしまうこともあります。
    万が一旦那さんがパタニティブルーになってしまったら、助けてあげられるのは妻であるあなただけです。
    子育てで大変な時期ではありますが、しっかりと旦那さんをサポートしてあげましょう。
    奥さんの支えがあれば、パタニティブルーの症状は改善されます。

  •  

    パタニティブルーの解決策はただ1つ、夫婦のコミュニケーションを増やすことです。
    子供ができるとどうしても夫婦2人だけの時間は減ってしまいます。
    しかし、たまには夫婦2人で仲良く過ごしませんか?
    おじいちゃんやおばちゃんに子どもを預けて食事へ行ったり、子供が寝てからゆっくりと会話を楽しんでみましょう。
    パパに対して、日頃の感謝の気持ちを伝えてみましょう。
    夫婦の時間を大切にすることで、旦那さんのパタニティブルーは解消されていくはずです。
    子供を産むのはママですが、子育てで大変なのはママだけではありません。
    パパだってママだって初めての経験なのですから、2人で協力して仲良く子育てを楽しみたいですね。