化膿性爪周囲炎(症状・原因・診断・治療)

化膿性爪周囲炎について。症状内容の詳細。原因。検査~診断。治療方法。

  • S 更新日:2014/09/07

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「化膿性爪囲炎」という病気について。

  • 手指あるいは足趾(そくし)(足の指)の小さな傷や、手あれのひどい人の手指に、黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)や化膿(かのう)レンサ球菌が感染しておこる病気です。手指、足趾は感覚が鋭いため痛みが生じ、しだいに強まってズキンズキンとした激しい痛みになります。
    出典 :疽/化膿性爪囲炎 とは - コトバンク
     

    以下に続きます。

  • 腕、下腿(かたい)のリンパ腺(せん)にそって炎症が広がり、触れると痛くて赤い線状のリンパ節(管)炎となります。腋窩(えきか)(わきの下)のリンパ節、股(また)のリンパ節が腫(は)れて痛むこともあります。
    出典 :疽/化膿性爪囲炎 とは - コトバンク
     

    上記の続きです。

  • 化膿性爪周囲炎の図

     

    このような状態になっていれば、化膿性爪周囲炎の可能性があります。
    ほっといて治るものでもないので、気づいたらすぐに病院へ行きましょう。

  • 症状内容の詳細。

  • 化膿性爪囲炎の症状は、かぶれのある手指の爪の生え際が化膿すると、爪の周囲が赤くなり。腫れて痛みます。爪の内側の傷が悪化すると、膿がたまりますが、排膿されないため痛みが強まります。荒れていたりかぶれのある手指の爪の生え際が化膿すると、爪の周囲が赤くなり、腫れて痛みます。進行すると壊疽となることもあり、爪囲炎を繰り返していると爪が変形し、ガタガタになってしまします。
    出典 :化膿性爪囲炎 | 病名から医師・病院・クリニックを検索【病院検索ホスピタ】
     

    ガタが来る前に(手遅れになる前に)、早めの受診を!

  • 爪廓部の荒れた皮膚や、わずかな傷から生じます。爪周囲の発赤、腫脹および疼痛が著しく、圧迫すると爪廓の下のわずかな部位からうみが排出されます。時にかなり大きな血うみ(膿疱(のうほう))ができることもあります。また、爪母の障害により、横溝あるいは爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)などの二次的な爪甲の変化を来すこともあります。
    出典 :爪囲炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    傷口がちょっとあるだけでも、可能性があるようです。

  • 「化膿性爪周囲炎」へ発展してしまう原因について。

  • 黄色ブドウ球菌を原因菌にすることが多いようですが、その他のばい菌(化膿性連鎖球菌(かのうせいれんさきゅうきん)、大腸菌、緑膿菌(りょくのうきん)など)によることもあります。
    出典 :爪囲炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 黄色ブドウ球菌

     

    その名の通り、本当に黄色のようです。。。

  • 化膿性爪囲炎は、ひょうそうとも呼ばれています。手、足の爪の周りから菌が入り込んで膿や血の嚢胞が混じったものを発症します。ほんの少しのささくれや小さな傷、爪切りなどで深く切ってしまった部分から菌が感染します。炎症を起こす原因となる菌には、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などが挙げられます。化膿性爪甲周囲炎とも呼ばれます。
    出典 :化膿性爪囲炎 | 病名から医師・病院・クリニックを検索【病院検索ホスピタ】
     

    ささくれにも要注意!

  • 検査~診断

  • ばい菌の種類を同定するため、細菌培養を行います。また、黄色のうみは黄色ブドウ球菌、緑色のうみは緑膿菌など、うみの性状は原因菌を推測するうえで参考になります。
    出典 :爪囲炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 治療方法は?

  • 爪の周囲を消毒し、抗生物質の軟膏(なんこう)を塗ります。痛みの強いときには冷湿布(れいしっぷ)をして安静にします。痛み、腫れが強いとき、リンパ節(管)炎、リンパ節の痛みと腫れがあるときには抗生物質を内服し、痛みがとくに強い場合は痛み止めを併用します。
    出典 :疽/化膿性爪囲炎 とは - コトバンク
     

    以下に続きます。

  • 皮膚を切開して、たまっている膿を排出すると、痛みはすぐに弱まり、早く治ります。爪が浮かび上がるような場合は、爪を取り除き、内側にたまった膿や壊死組織(えしそしき)を取り除きます。とくに、爪囲炎をくり返す人は、その原因となる手あれ、かぶれの治療も必要です。
    出典 :疽/化膿性爪囲炎 とは - コトバンク
     

    上記の続きです。