頬の赤みを消すベースメイクのコツ!体質的に顔が赤くなりやすい人必見です!

頬の赤みを消すベースメイクのコツをまとめました。
肌が白い人は寒い場所に行くとすぐに顔が赤く見えてしまったり、元々皮膚が薄く頬がピンク色に見えやすい人もいますね。体質的に顔が赤くなりやすいなら、ベースメイクで上手くカバーしちゃいましょう!コントロールカラーを使うと肌の色を自由に変えることができます。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頬の赤みを消す

  • 頬の赤みを消す方法は、ベースメイクをちょっと工夫するのがおすすめ。素肌だとどうしても気温の変化などによって、顔が赤くなりやすい人がいます。そんな肌はメイクでカバーしちゃいましょう!

  • 皮膚が薄い人は顔が赤くなりやすい

  • 生まれつきの体質で肌は赤くなりやすい

     

    元々皮膚が薄い人、肌が白い人などは皮膚の下にある毛細血管の色が見えるため、気温の変化などに伴い頬が赤くなるのです。生まれつきの体質だと変えることはできませんから、メイクでカバーするのが一番。
    また、後天的に寒さと暑さの寒暖差に触れると、次第に顔が赤くなりやすい人もいます。一度毛細血管が目立つように変わると、なかなか改善することはできません。

  • コントロールカラーで違う効果

  • 顔が赤くなりやすい人はグリーン

     

    ニキビ跡、小鼻の炎症、頬の赤みなどに便利なのがコントロールカラーのグリーンです。色を押さえる働きがあり、肌の色をより白ぽく見せてくれる便利な色なのです。
    ピンク系などのカラーは余計赤みが目立ってしまいます。イエローベースでグリーンよりの色なら、多少赤みを消す効果が期待できます。

  • 部分使いに便利なグリーン

     

    コントロールカラーのグリーンは、肌が白っぽくなります。そのため塗りすぎには注意が必要です。頬、小鼻、ニキビ跡など部分的な使用がおすすめです。
    顔全体の色をカバーしたい場合では、場所によってイエローなど違うカラーを使い分けてみてください。

  • 肌のクスミを予防するならラベンダー

     

    肌の赤みを消す場合は部分的なグリーン、そして顔全体のクスミを改善したい場合はラベンダーがおすすめです。2色使いすることで顔が青白くなりにくく、顔全体のトーンが上がり透明感が出てきます。ブルーに近い色よりもよりラベンダーカラーを選んだほうが顔全体に塗ることができます。

  • 赤ら顔の人が選ぶファンデーションの色

  • イエローベースがおすすめ

     

    頬が赤くなってしまう方は、イエローベースのファンデーションを選ぶと良いでしょう。ピンク系や白っぽいカラーだと赤みをあまり消すことができません。
    イエローベースのカラーだと、多少の赤みなら1つでカバーすることもできます。近所にちょっとだけ外出する際には、このファンデで済ましたほうが手軽ですね。

  • メイク用品は肌に負担のないものを選びましょう。
    肌が元々過敏で、メイク用品やスキンケアなどにより肌が炎症を起こしていることも考えられます。元々肌が敏感だと感じるなら、休日はノーメイクで過ごし肌を落ち着かせると良いでしょう。

  • 赤ら顔のメイクのやり方

  • 厚塗りにならないよう手順とおり塗る

     

    化粧下地→コントロールカラーの部分使い→ファンデーションの順で塗ります。
    どのアイテムも塗りすぎに注意しましょう。1つのみでカバーしようとすると厚くなるため、少しずつ重ねるごとに赤みが消えるようにすることです。

  • 部分的な赤みならコンシーラーが便利

     

    頬全体に赤みがあるのではなく、ニキビ跡のみとか部分的なものなら、コンシーラーが便利です。
    コンシーラーはスティックタイプの液状のもの、ペンシルタイプなどを使い分けると良いでしょう。少し範囲が広いなら液状、ポイントで使うならペンシルタイプのほうが便利です。

  • 赤みを消すカラーが分からない

  • 専門家に頼るのもひとつの方法

     

    メイクをセラピーに利用している人、プロのメイクアップアーティストなどに依頼してみるのもひとつの方法です。特に医療としてメイクを活用している方なら、肌の赤みを消す方法も良く理解しています。
    その人の肌の色の状態を見ながら、適切なコントロールカラーを選んでもらうと便利です。

  • 色が分からなかったらまとめて買ってみる

     

    好きなメイク用品のメーカーから出ている、コントロールカラーをまとめて買ってみましょう。
    ピンク系は発色を良くし、ブルーやグリーンは赤みを消すのによく、イエロー系は色々な悩みにも使いやすいカラーです。とにかくこの3色セットを購入しておけば、肌のトラブルにも対応しやすくなります。