スマホいじりは難産の元!臨月妊婦の注意事項とは

陣痛で病院に入り、痛みからじっと動かずスマホで各方面へ連絡・・・実はこれ、難産一直線の最悪なパターンなのです。お産を乗り切る秘訣をまとめました。

view405

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 入院したとたん「痛い!」と言いながらじっとして、食事をとらない、寝ない、かと思うとスマホをいじって陣痛の実況中継……じつはお産の進行を妨げる最悪の過ごし方なのだそうです。
    出典 :スマホいじりは難産の元!助産師が教える「お産の過ごし方」とは
  •  

    助産師歴30年のスーパー助産師・上野順子さんが提唱中。お産を乗り切る過ごし方について、持論を展開されています。

  • テレビや携帯、スマホなどの強い光を発する画面は、産道を固くする”交感神経“を優位にするいっぽうで、自然な陣痛を促進する”副交感神経“の働きを抑え込んでしまいます。
    出典 :スマホいじりは難産の元!助産師が教える「お産の過ごし方」とは
     

    つまり、せっかく陣痛が来ても、骨盤や子宮の出口がスムーズに開きにくくなり、「痛いのに進まないお産」になりやすいそうです。

  • 気分が悪い、息苦しさを訴える人、めまいを訴える人、立ちくらみのような症状を訴える人など、スマホを使い過ぎる人に目立つ
    出典 :スマホが原因で眼精疲労だけじゃなく自律神経系に影響が・・
     

    身体の「巡り」も悪くなり、お産どころかその後の健康にも悪影響を及ぼします。

  • スマホ見るときの姿勢は血行を悪くする要因の一つです。
    出典 :スマホのやりすぎで血行は悪くなっています! | 人気の血液サラサラサプリメントを実際に飲んだ体験レビュー
     

    肩が固まることで、血行悪化へ一直線というわけです。

  • “女王様のように座って動かない人のお産は進まない”というのは、助産師仲間の共通認識だそうです。
    出典 :スマホいじりは難産の元!助産師が教える「お産の過ごし方」とは
  • お産直前、安産への対策

  • 2時間に1回は自分の脚で歩いてトイレに行きましょう。排尿をする動作が産道を広げやすくするそうです。
    出典 :スマホいじりは難産の元!助産師が教える「お産の過ごし方」とは
     

    トイレに行く以外にも、骨盤を揺すったり安産体操を行ったりしてみましょう。

  • 陣痛中、ベッドでできる安産体操

  • (1)仰向けになり、両手でひざを持つ

    (2)両ひざを開いて、手で誘導しながら10回ほど、くるくる回す
    出典 :スマホいじりは難産の元!助産師が教える「お産の過ごし方」とは
     

    産道をやわらかくし、お産をスムーズにする効果が。

  • キホンの安産体操

  • 妊娠後期から行うことで、股関節をやわらかくし、安産を目指しましょう!

  •  

    背筋を伸ばし膝を曲げ足の裏を合わせて図のように座ります。
    両手の膝に置き足を開き床につけるように5秒ほどかけゆっくり下に押します。この時少し痛い程度にし、無理に押さないようにしましょう。
    押している時も背筋は曲げずまっすぐのままキープします。
    5秒ほど押し、また5秒ほどかけて戻します。

    最初は5回程度にし慣れてきたら回数や押している時間を長くしていきます。

  •  

    両足を開いて座り手は前に置き背筋をまっすぐ伸ばします。
    背筋を伸ばしたまま上半身を5秒くらいかけてゆっくり床につくように前に倒していきます。この時膝は曲げないようにしつま先も同時に伸ばしましょう。
    少し痛いくらいのところで止め5秒ほど倒した姿勢をキープし、5秒くらいかけてゆっくりと元の姿勢に戻します。
    床に上半身がつかなくても大丈夫です。

    最初は3回程度にし慣れてきたら回数や時間を長くしていきましょう。

  •  

    体操が終わったら背筋を伸ばしてあぐらをかき体の力を抜いて深呼吸をしてリラックスします。
    この時は楽しい事やうれしい事をイメージしたり、お腹の赤ちゃんに集中するのもいいでしょう。
    十分リラックスでしたら終了です。
    お疲れ様でした。

    あぐらをかくと股関節が柔らかくなるので、テレビを見ている時や本を読んでいる時など、リラックスタイムに行うのがおすすめ。