夏に気をつけたい「日焼けで湿疹」・・・。日焼け止めや日傘を有効活用して、紫外線対策をしよう★

夏といえば、気になるのは日焼けですよね・・・。
日焼けで湿疹の症状が出てしまって、悩んでいる人も多いのです・・・。
日焼け止めを正しく使って、楽しい夏を快適に乗り切ろう!!

view121

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼日焼けで湿疹の症状が出る!?

  • 夏に気になるのは、紫外線・・・。その紫外線気をつけないと怖いかも・・・。

  • 日光や日光の紫外線を浴びる事により、肌に湿疹が起こり、肌が真っ赤に腫れたり、かゆみを感じるようになることがあります。この症状を日光アレルギーを言います。
    出典 :日光アレルギーについて知ろう!
     

    日光アレルギーは、怖い・・・。

  • 「日光皮膚炎」には、日光を浴びて皮膚が赤くなったり褐色になったりする「日焼け」と、日光に当たることで皮膚炎を誘発する「光線過敏症」の2つがあります。いずれも太陽にさらされた皮膚が紫外線(UV)の刺激を受けることで起こります。
    出典 :日光皮膚炎には気をつけて!
  • 太陽光線に含まれる紫外線は、その波長によって紫外線A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分けられますが、その中で地上に届く紫外線A波とB波が主に「日光皮膚炎」の原因となります。
    出典 :日光皮膚炎には気をつけて!
     

    紫外線は、本当に肌に悪影響ですね・・・。

  • 夏は、外に出る機会も増える★

     

    紫外線は、女性の敵です!!

  • ▼具体的な症状は!?

  • 日光にあたった部分の肌が全体的に赤みを帯びる場合や、全体的には赤くならないが赤いポツポツとした湿疹が出る場合、また火傷をおったように肌がつっぱってガサガサになったり、水ぶくれが出るという症状があります。
    出典 :【日光湿疹(日光皮膚炎)】|紫外線による湿疹、炎症などの危険性|湿疹・皮膚炎の知識
     

    紫外線のダメージを受けて、様々な肌の異変が・・・。

  • ▼最悪の場合、命の危険も・・・!?

  • 湿疹などの症状の他にも、全身に症状が及ぶ場合もあります。日光を浴びた部分が熱を持ちむくんでしまい、寒気を伴う発熱症状や、頭痛、吐き気などがあります。全身に症状が及ぶ場合は、ショック症状によりとても危険な状態になる可能性も考えられます。
    出典 :【日光湿疹(日光皮膚炎)】|紫外線による湿疹、炎症などの危険性|湿疹・皮膚炎の知識
     

    これは怖い・・・。
    紫外線も馬鹿に出来ません・・・。

  • ▼気になる予防法は!?

  • とにかく紫外線を浴びない事が大事!!

  • 紫外線アレルギーであれば日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり、帽子を被ったり、日傘をさしたりと、とにかく直接、紫外線を浴びないようにすることが、アレルギー症状を出さないようにする最も基本的な予防法なのです。
    出典 :紫外線アレルギー(湿疹)
     

    長袖は必須ですね★
    なるべく肌の露出を控えましょう!!

  • 日傘も有効活用★

     

    日傘をさすと、涼しくて快適です!!

  • 日焼け止めはUVをカットする能力ももちろん大切ですが、紫外線ダメージから守るために保湿力などの美容成分が合わせて入っているものがおすすめです。それが今流行の「スキンケアUV」です。各メーカーによって入っている美容成分は違いますので、あなたに合ったものを選んでください。
    出典 :日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方-ドクターシーラボ公式通販
     

    日焼け止めの効果はもちろん、同時に保湿効果が期待出来る商品を選ぼう★

  • 日焼け止めを有効活用★

  • 最近はメイクの上からシューッと吹き付けるタイプの日焼け止めも多く販売されているので、こちらもオススメ。
    出典 :勘違いしてない!?日焼け止めSPFとPA+++の本当の意味! - LAURIER (ローリエ)(1/2)
     

    スプレータイプの日焼け止めもおすすめ★

  • 紫外線を浴びてしまったら・・・・。

  • それでも紫外線を浴びてしまって湿疹が出たり痒みが酷い場合は速やかに皮膚科を受診しましょう。皮膚科での治療は症状によって異なり、症状が軽ければ非ステロイド剤の塗り薬を処方されるかもしれませんし、症状によってはステロイド剤の塗り薬、痒み止めの飲み薬(抗アレルギー薬)が処方されるかもしれません。
    出典 :紫外線アレルギー(湿疹)
     

    病院でしっかり治療しましょう★

  • 肌に異変を感じたら速やかに病院へ★

     

    症状が悪化する前に病院に行きましょう!!

  • 紫外線対策をしっかりして、夏を乗り切ろう♥