女性ホルモンと生理って一体どんな関係なの???自分の体とココロについて知りましょう!!!

女性ホルモンと生理の関係って一体どんな感じなの???
気になる情報についてまとめてみました!!!
自分の体とココロについて知りましょう!!!

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも女性ホルモンのはたらきと効果とは???

  • 女性ホルモンは女性にとっては欠かせないホルモンです!!!

     

    心身ともに深く結びついているのが女性ホルモンなのです!!!

  • 女性の最も重要な機能である「排卵」と「生理」を調整する女性ホルモン。他にも様々なはたらきをしています。
    例えば、骨を丈夫にしたり、肌や髪に艶を与えるといった美容効果が挙げられます。その他にも記憶力や食欲の抑制、自律神経を安定させる役割を持ち、体とともに心の状態にも影響を与えます。
    そのため、ホルモンバランスが崩れやすい生理前は、とりわけイライラしたり、精神的に不安定になる人が多く見られるのです。
    出典 :女性ホルモンの基礎知識
  • 女性ホルモンと生理の関係とは???

  • 生理に関わる女性ホルモンは2つあります!!!

     

    女性の生理には2つのホルモンが関係しています!!!

  • 月経は、女性特有の生殖機能の現象で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンの分泌によって起こります。
    出典 :生理と女性ホルモンの関係
  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)で女性らしさアップ

     

    卵胞ホルモンが作用しているのは、月経開始から数えて主に前半の期間です。
    このホルモンが出ているときは女性らしさをアップさせる最大のチャンスです!!!

  • 1週目(生理中):低温期

    月経が始まると、体温を上げる作用のある黄体ホルモンの分泌がなくなるため、体温が下がって体が冷えます。月経の出血によって貧血になったり、人によっては頭痛や下腹部の痛みなどを感じたりして、心身ともにすぐれない時期です。
    一方、卵巣の中では新しい卵胞(卵子のもと)が育ち始め、ある程度成長したところで卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されるようになります。
    出典 :生理と女性ホルモンの関係
  • 2週目(生理後~排卵):低温期

    月経後の一週間は髪や肌のツヤが良くなったり、精神的にも活発でいられるという体験は、多くの人が感じたことがあるのではないでしょうか。
    卵胞ホルモンは、排卵を前に、肌をなめらかするなどの女性らしさを引き出す作用があり、この時期の女性は心や体のバランスが整っていきいきと過ごすことができるようです。
    出典 :生理と女性ホルモンの関係
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)が悩みの原因かも!!

     

    黄体ホルモンが出てくると体にも色々なトラブルが出てくると言われています!!!

  • 3週目(排卵~):高温期

    月経から約14日後、卵胞が十分に育つと、今度は排卵を促す黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、それによって排卵が起こります。卵子は卵管を通って子宮まで移動し、受精のチャンスを待ちます。

    ただし、卵子の寿命は排卵後24時間程度のため、その間に受精が行われなければ、体外に排出されてしまいます。女性の体にはとくに不調が起こることはないものの、子宮内膜が厚くなっていく過程で、下腹部に何らかの違和感を覚える人もいるようです。
    出典 :生理と女性ホルモンの関係
  • 4週目(生理前):高温期

    排卵後、7日~10日経過しても受精卵の着床がないと、黄体ホルモンの働きによって子宮内膜が柔らかくなり、月経への準備が始まります。

    下腹部痛、便秘、むくみなど、いわゆる「PMS」に悩まされるのがこの時期。イライラして仕事や育児などに支障が出ることもあります。月経が始まって4~5日すれば自然に改善されていくのですが、毎月起こることなので、症状が強い場合は専門的な治療をオススメします
    出典 :生理と女性ホルモンの関係
  • 女性ホルモンが乱れると生理にはどんな影響が出てくるの???

  • 様々な症状が出てきます!!!

     

    生理不順など様々な症状が出てくるようになります!!!

  • 女性ホルモンが乱れると起りやすいのが、月経不順や無月経です。反対に、月経不順や無月経が続くときは、ホルモン分泌の調子が悪くなっている可能性が高いというわけです。
    また、ホルモンがスムーズに分泌されないと、自律神経のバランスが乱れて、カラダ中に影響が出ることがあります。たとえば、卵巣の働きが落ちてきて女性ホルモンの分泌量が減ると、視床下部は昼も夜もフル回転してホルモンを分泌させようとします。そうなるとカラダはパニック状態になり、自律神経まで乱れてきて、頭痛やめまい、のぼせや冷え、イライラなどのトラブルも。
    出典 :女性ホルモン | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
     

    女性の体には良くないことばかりですよね・・・