喉が痛くなる【溶連菌感染症】

喉が痛いという時には時すでに遅し
ウイルスにやられているかもしれません
その中でも危ない溶連菌をご紹介

view358

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 溶連菌とは?

  • のどが痛くなるこどもの病

     

    お子さんが「のどが痛い」という時、その大部分はウイルスや細菌に感染して“のど”に炎症を起こしている状態です。その多くはウイルスによりますが、細菌では怖い続発症(合併症)を引き起こす溶連菌が重要で、この細菌による感染症(溶連菌感染症)はこどもに多い疾患です。

  • 溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。
    出典 :こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなし | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
     

    扁桃炎はのどがかなり痛いですよ

  • 溶連菌のポイント

  • ●症状の始まりは38~39度の熱とのどの痛み、嘔吐から。風邪と症状が似ています。●溶連菌は別の大きな病気(合併症)の原因になりやすい細菌です。溶連菌を完全に退治するまで、10日間~2週間ほど抗生物質を飲み続ける必要があります。
    出典 :【溶連菌感染症】油断大敵!完治までは2~3週間かかります!|病児保育の資格「認定病児保育スペシャリスト」の(財)日本病児保育協会
     

    自己診断が一番あぶないのです

  • 発熱(38~39℃)と、のどの痛み、嘔吐などから症状が始まります。その後、かゆみを伴う赤く細かい発しんが体や手足に現れたり、舌に苺のようなブツブツが発生して(イチゴ舌)、熱が下がると手足の皮膚がむけることもあります。
    出典 :【溶連菌感染症】油断大敵!完治までは2~3週間かかります!|病児保育の資格「認定病児保育スペシャリスト」の(財)日本病児保育協会
  •  

    医師の診察を受け、処方される抗生物質をきちんと飲むことで、大半の場合、熱は3〜5日以内に下がりますが、解熱後約1週間経ってから手足の皮膚がふやけたようにむけてくることがあります。また、アトピー性皮膚炎のお子さんは病変部に溶連菌が入り込むことで重症化することがありますので、注意が必要です。

  • 昔は恐れられていた病気だった

  • 特殊な毒素を出すタイプに感染すると、高熱とともに全身の皮膚に赤い発疹が強く出ます。これがいわゆる「ショウコウ熱」。昔はたいへん恐れられたこの病気は、死亡率の高さから法定伝染病に指定され、かかると隔離されなくてはならなかったのですが、現在では抗生物質で治療すれば自宅でも十分にケアできるようになりました。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
  • 治療方法はあるの?

  • 治療は菌に有効な抗生物質の服用です。これで熱は1~2日で下がり、発疹も軽快、のどの痛みも1週間以内でおさまります。その後、指先の皮膚が新じゃがいもの皮のようにべロベロとむけてきますが、これもほとんどは3週間程度でおさまります。しかし、これらは幼児から学童期の子どもに典型的な経過です。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
  • ただ、ウイルス性のかぜと違って細菌性の病気なので、自然に治ることはありません。2日以上のどがはれて痛むときや高熱や発疹が出たときは、必ず小児科を受診するようにしてください。咽頭から溶連菌が検出されたり、血液検査で溶連菌感染症と判明したら、きちんと治療を受ける必要があります。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
  • 薬を飲めば症状は2~3日でよくなっていきますが、溶連菌感染症の場合、処方された抗生物質の量や回数を守って服用することが大切です。発熱や発疹がおさまっても、それで細菌が完全に体から消えたわけではありません。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
  • また、細菌がいなくなっても、急性腎炎や、高熱と関節の痛みといった症状が出るリウマチ熱、アレルギー性紫斑病などの合併症を起こしてくることもあり、そうなると治療が大変長引きます。それを防ぐためにも、医師の許可が出るまで抗生物質を10日~2週間ほど飲み続ける必要があります。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
  • ホームケアの基本は、水分補給とのどごしのよい離乳食です。脱水症状を防ぐために、こまめに水分を与えます。のどの痛みが強い時期は、離乳食のメニューに工夫が必要。食事はのどに刺激を与えない、消化のいいものを用意してあげましょう。体力を消耗しないようにすれば、おふろに入れてもかまいません。
    出典 :溶連菌感染症 - gooベビー
     

    体力の消耗だけは避けたいですね