夏本番!これだけは知っておきたいシミ対策!

シミが一度できてしまうと、シミを消すのはとても大変!
だからシミが出来る前に押さえておきたいポイントを紹介します!

view21

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 紫外線が悪いっていうけど、どう悪いの?

  •  

    美肌の大敵、怖い紫外線!浴びれば浴びるほどシミやそばかす、しわを作って、
    気が付けば乾燥してくすんだ老け顔に!
    でも、どうして紫外線はシミやしわの原因になるの?
    そのメカニズムを調べてみました。

  • 紫外線が主な原因で、シミやしわなどの肌老化を引き起こすことを「光老化」といいます。

    紫外線には、お肌の表皮に届く紫外線B波(UVB)と、さらに下の真皮層にまで届く紫外線A波(UVA)があります。
    光老化は、このUVAが主な原因であると言われています。お肌にとってUVAはとても怖い存在だといえます。

    波長が長いUVAは真皮層の深いところまで届いて、お肌の潤いや弾力を維持する成分であるコラーゲンやエラスチンを徐々に変性させていきます。
    それに伴い肌の機能はじわじわと低下し弾力や潤いが失われていきます。
    その結果お肌は乾燥して、ごわつき、シミやしわ、たるみなどの肌老化を引き起こします。

    また、UVBもお肌にとっては怖い存在です。
    エネルギーが強いので、肌が炎症を起こしたり肌細胞を傷つけ、皮膚ガンやシミの原因になるとされています。

    いずれにしても、白く美しい肌をキープするためにはUVA、UVBの両方をしっかり防ぐことが重要ですね。

  • 皮膚老化を誘導する環境因子として、紫外線、乾燥および酸化が知られており、現在までの研究から、特に紫外線は顕著なしわ発生の主要因子であることがわかっている。
    出典 :資生堂グループ企業サイト
  • じゃあ、シミを作りたくないときのスキンケアは?

  •  

    シミやしわ、たるみのない美肌作りには、徹底した紫外線対策が不可欠だということがわかりました。

    次に、シミの予防やできてしまったシミを薄くするために働きかけるスキンケアについてご紹介します。
    それは「シミケア(エイジングケア)を意識した洗顔」なんです。

  • 日本では昔から、多くの女性が美肌を作るために「ウグイスのフン」や「米のとぎ汁」などで洗顔してきたのはよく知られていますね。

    美白効果や、シミ・小じわにも効果があるとされ江戸時代から愛されてきた洗顔方法です。
    当時はもちろん、エイジングケアのような概念はなかったかと思われますが、
    シミやしわのない白い美肌を願う女性の心は昔も今も同じですね。

    今ご紹介した日本発の「ライス(米)」や「ウグイスのフン」を使った洗顔法は、
    現在では海外にも広まりホテルのエステで採用されたりセレブやモデルたちに愛用されています。

    時代を問わず、洋の東西を問わず、「洗顔」は美肌作りのための基本的スキンケアとされてきました。

    そして現在も、「シミのない若々しいお肌作りに効く成分で洗顔する」研究はさらに進んでいるようです。
    シミケアのための洗顔石鹸を次にご紹介します。

  • シミやそばかすを消す方法としては、美白成分配合の化粧品を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
    シミやそばかすを消したい方が選ぶべき洗顔石鹸は以下のふたつ。

    1.シミやそばかすを予防する洗顔料選び(シミ予防)
    2.出来たシミやそばかすを消していく洗顔料選び
    出典 :シミ・そばかすを消すのにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング - 洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
  • シミを作らない!習慣づけたい美白肌習慣!

  •  

    美白美人でいるためのスキンケアをご紹介してきましたが、次は生活スタイルを再点検!
    どんなにスキンケアを頑張っても、日々の生活習慣でお肌を傷めつけることをしていては効果は期待できませんよね。

  • 【肌を守り美肌に導く生活習慣】

    ◆紫外線対策をする(UVケア)

    日焼けは白肌の大敵!季節を問わず紫外線から肌を守る習慣をつけましょう。

    ・美白効果のある化粧品(化粧水、美容液、クリーム、下地など)を使う
    ・毎日、顔や手など紫外線にあたる部分に日焼け止めを塗る
    ・帽子、サングラス、日傘、アームカバー、UV手袋など日除けグッズを使う

    目から入る紫外線が、目にはもちろん、肌にとっても大きな脅威だということをご存知でしたか。
    目に紫外線が当たることが原因で、肌にシミやそばかすができることがあるのです。
    日差しの強い日は、サングラスで目も肌も守りましょう。

  • ◆お肌に良い成分を摂り、体の中からも紫外線ケア

    ・毎日、新鮮な野菜や果物を食べる

    ビタミン、ミネラルやファイトケミカルなど、野菜や果物の栄養を毎日摂りましょう。
    1度でたっぷりの野菜を摂るには、蒸し野菜やスープ、スムージーなどがおすすめです。
    注目すべき栄養素は、メラニン色素の生成を抑え、コラーゲン生成の働きもある「ビタミンC」、
    抗酸化作用のある「ビタミンA」や「ビタミンE」で、いちご、赤ピーマン、小松菜、ブロッコリーなどがおすすめです。

  • ◆暖かい食べ物・飲み物を摂る(体を冷やさない)

    季節に関係なくなるべく暖かい食べ物・飲み物を選びましょう。
    代謝がアップして血行が良くなり美肌に導きます。
    美白効果のあるリコピンを含む「トマトのスープ」や、同じく美白に効果的な「はと麦茶」、
    内臓を温め体内の老廃物を流す効果があるとされる「白湯(さゆ)」などがおすすめです。

  • ◆十分な睡眠をとる

    睡眠不足も美肌の大敵です!
    睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は肌のターンオーバーを促進して、美白美肌に導く”天然の美容液”です。
    ターンオーバーの乱れは肌トラブルを招く原因に。
    美肌を作るために、毎日質の良い睡眠を十分に取りましょう。

    ◆適度な運動で代謝を上げる

    運動不足は血行不良を招き肌代謝も下がってクマやシミの原因に。

  • ◆ストレスをため込まない

    ストレスも肌荒れの原因になることがあります。
    完全にストレスのない生活は無理ですが、趣味や運動、娯楽などで適度に息抜きや発散をしてストレスを溜め込まないようにしましょう。

    ところで、美容や健康に良いとして人気のスムージーですが、
    朝に飲む時はシミやしわの原因をつくらないための注意点があることをご存知でしたか?

  • フルーツや野菜には日焼けを起こしやすくなる成分が入っていると話されています。日焼けを起こしやすくなる成分が『ソラレン』という物質です。
    出典 :スムージーを朝に飲むとシミやシワの原因になる!どうしてなのか?
  • それでも紫外線100%カットは難しい!どうしたらいいの?

  •  

    紫外線対策が必要なことは十分わかっているのに、うっかり日焼け止めを塗るのを忘れて紫外線を浴びてしまった。
    あるいは、洗濯物を干す時間くらい大丈夫だろうと手を抜いていたら日焼けしてしまった。こんなときの対処法は?

  • 何といってもアフターケアが大切です。
    紫外線を浴びて日焼けした肌は乾燥してとてもデリケート。
    肌が赤くなってしまったらやけどと同じなのでまずは冷やします。
    水や氷で冷やしたタオルを患部に当てて身体の火照りをとりましょう。
    赤みが引いて落ち着いて来たら、沈静消炎剤の軟膏を塗って炎症を防ぎます。
    日焼けの部位にもよりますが、重症の場合は早めに医師の診断を受けましょう。

  • 顔の日焼けの場合は、市販されているサンケア化粧品や美白化粧品が効果的。
    やけどに効くとされるアロエ配合の化粧水やジェルを塗ったり、
    保湿効果がある美白化粧品で念入りにケアをすることが、
    シミやそばかすなどの肌ダメージを抑えることにつながります。

    紫外線を浴びて日焼けを起こした肌には、身体の内と外から十分に水分補給を行いましょう。
    また落ち着いた環境で睡眠をとり免疫力を回復させることも大切です。
    5年後、10年後の健やかな肌のためにも、紫外線を浴びてしまったら早めの対策を心掛けたいものですね。

  • ところで日焼けの予防や回復に効く食材とは?

    やはり新鮮な野菜やフルーツが効果的です。中でもビタミンACE(エース)と呼ばれる栄養素が含まれた食べ物で、
    ビタミンA(β-カロテン)を多く含むにんじんやトマト、ビタミンCを多く含むブロッコリーやピーマン、
    ビタミンEを多く含むアボカド、ゴマなどがおすすめです。

  • 日焼けした肌のダメージを回復させる食べ物は、新鮮な野菜と果物。ビタミンACE(エース)と呼ばれる、美肌にかかせない栄養素がたくさん含まれているのです。
    出典 :日焼け後のケアに効果的!お肌のダメージを回復させる食べ物 | あすけんダイエット